編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?

この記事の所要時間: 432




㈱三国志

 

三国志には、劉備(りゅうび)と孔明(こうめい)、
曹操(そうそう)と荀彧(じゅんいく)のように、

肝胆相照らす名コンビの君臣が存在します。

 

その中には、劉備と孔明のように、殆ど対立する事もないような

仲睦まじい君臣もいれば、曹操と荀彧のように、最期には決定的な対立に至る君臣もいます。

 

しかし、そんな中でも子供染みた喧嘩をする君臣と言えば、

孫権(そんけん)と張昭(ちょうしょう)の右に出るものはないでしょう。




張昭(ちょうしょう)ってどんな人?

張昭 VS 孫権

 

張昭は字を子布(しふ)といい、西暦156年生まれ、年齢としては、

曹操より一歳下なので、孫権とは、25歳違う事になります。

 

張昭(ちょうしょう)は、当初は陶謙(とうけん)に誘われましたが、それを拒否、

逆恨みした陶謙(とうけん)は、これを投獄しますが、趙昱(ちょういく)という

同僚が必死で弁護したので出獄できたそうです。




張昭(ちょうしょう)、孫呉に仕う

孫策

 

その後、張昭(ちょうしょう)は、小覇王、孫策(そんさく)に仕え、

孫策の死後は弟の孫権(そんけん)に仕えます。

孫策に病床で孫権の事を宜しく頼むと遺言された張昭は以後、

駄目なものは絶対に駄目と言い切る頑固者ぶりを発揮します。

 

 

張昭(ちょうしょう)を謹慎処分させた孫権(そんけん)

孫権

 

張昭(ちょうしょう)は、あまりにも諫言がヒドイので、孫権はこれを疎んじて、

ある時に、張昭を謹慎処分にした事があります。

 

 

謹慎は中々解けませんでしたが、蜀から使者が来た時の事、

彼は蜀がいかに素晴らしい国であるか自慢しました。

 

 

ところが、呉の臣は、これに対して呉の素晴らしさを挙げる事が出来ず

孫権は、面目を潰してしまいます。

 

 

「ううむ、、張昭がいてくれれば、あんな蜀臣の好き放題には

させてはいなかったものを、、」

 

孫権は直々に使者を遣わして張昭の謹慎を解きます。

 

 

張昭(ちょうしょう)と孫権(そんけん)は和解をする

孫権と張昭

 

孫権と張昭は、お互いに謝罪して和解しましたが、その時も、

張昭は、今後も諫言は止めないと断言しました。

 

序盤は、痛み分けという所でしょうか、、

 

 

第2ラウンド勃発

孫権と張昭

 

第二ラウンドは、西暦232年に起きました。

北方の公孫淵(こうそんえん)という人物が、

呉に帰順すると言ってきたのです。

 

孫権は喜び、彼を燕王に封ずると言うと、張昭が猛反対します。

 

 

「公孫淵は、二枚舌の大嘘つきです、口先では呉に帰順すると

言っても魏に懐柔されればあっさり裏切るに違いありません

今、燕王の位を与えると必ず後悔しましょう」

 

 

孫権は、気分を害して張昭をなじりますが、

張昭は、孫策と呉婦人(孫権の亡母)に孫権を託されたのだから

何を置いても諫言すると聞きません。

 

怒りの孫権、張昭を斬ろうする

孫権

 

怒り心頭に達した孫権は自ら剣を抜いて、張昭を斬ろうとします。

しかし、張昭は逃げるどころかその前に立ち塞がりました。

 

 

「この老いぼれを斬って、呉君が迷いから醒めるなら

張昭、生命は要りませぬ、さあ、お斬りなされ!!」

 

 

張昭が、泣きながら言うと、孫権も涙をボロボロ流して剣を納めました。

 

 

結局、公孫淵を燕王にしてしまった孫権

孫権

 

 

しかし、孫権は張昭の諫言を聞き入れず、公孫淵を燕王に封じて

張弥(ちょうや)と許晏(きょあん)を派遣しました。

 

 

孫権と張昭

 

それを知った張昭は怒り、病気と称して屋敷に引きこもります。

 

孫権

 

孫権は、それを聞いて怒り、

「ならば、二度と屋敷から出るな」

と言わんばかりに、張昭の屋敷の玄関を土で塗り固めました。

 

 

 

それを知った張昭は、

「おお、言われた通り、二度と屋敷から出んわい!!」

と、屋敷の内側から玄関を土で塗り固めたと言われます。

 

 

何でしょう、この二人の年齢差を感じさせない

同レベルの喧嘩の凄まじさは、、(笑)

 

 

しかし、張昭が言った通り、公孫淵は二枚舌の風見鶏でした

孫権に燕王に任じられた後、魏帝の曹叡(そうえん)が

公孫淵を大司馬に任命すると、あっさり魏に帰順してしまい、

 

張弥と許晏の首を斬り、孫権に送りつけました。

 

張昭に謝罪の使者を送る

孫権

 

孫権は騙されたと分かると素直に反省して、張昭に、

謝罪の使者を何度も立てて帰ってくるように促します。

 

ところが、何度使者を送っても、張昭は返事をしないので、

いよいよ孫権が自ら張昭の屋敷を訪ねると、

頑固にもほどがある事に、玄関は土で塗り固められたままです。

 

 

孫権は仕方なく裏口から張昭に戻るように声を掛けますが、

張昭は重病を理由に会おうともしません。

 

 

「こっ、、このおいぼれぇ、、人が下手に出てりゃあ調子コキやがって

だったら意地でも屋敷から追い出したるわ」

 

孫権は部下に命じて屋敷に火をかけさせます。

 

 

孫権、張昭の屋敷に火をつける

三国志 ろうそく 写真

 

メラメラと燃えあがる炎で、屋敷からは、どんどん人が出てきます。

 

(ふっふ、、これで、あの頑固爺ぃも外に出るだろう)

孫権は余裕の笑みですが、幾ら待っても張昭は出てきません。

 

 

どうやら、張昭は死んでも屋敷から出ないという意地を貫いて

そのまま焼死するつもりだという事が分かり

孫権は、顔面蒼白になります。

 

 

孫権、テンパる(笑)

孫権

 

 

 

「うわーーーっ!張昭、死ぬな!! 

お前達何をしている火を消さんかぁ!!」

 

 

今しがた、火をつけた部下は、大急ぎで張昭の屋敷を破壊して、

延焼を防がせます。

 

 

その間に張昭の息子達が、嫌がる張昭を抱きかかえて、

無事に屋敷の外へ脱出させました。

 

 

ここで、孫権は張昭に謝罪して、

ようやく張昭は出仕を再開したという事だそうです。

 

 

張昭は、このバトルの3年後、80歳で大往生しますが、

柩は質素で、張昭も遺言で普段着で埋葬されました。

 

 

張昭に敬意を表した孫権

張昭

 

 

孫権もこの偉大な頑固者に敬意を表して、

自身も平服で葬儀に参加したと言われます。

 

 

孫権と言えば、大酒を飲んで家臣を斬ろうとしたり、

苛烈な性格の持ち主ですが、張昭とのバトルは度が過ぎています。

 

 

思うにこれは、9歳で父と死に別れた孫権が、

父に反抗できなかった鬱憤を25歳年上の張昭にぶつけていた

そのように思うのですがいかがでしょうか?

 

関連記事:本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権

関連記事:何でこんなに孫権は地味なの?

関連記事:不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

関連記事:権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権




よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】
  2. 96話:孔明の計略炸裂!馬超は劉備の軍門に下る
  3. 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?
  4. 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前…
  5. 【中国の杯】三国時代ではどこで酒宴していたの?杯について徹底解説…
  6. 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る
  7. 衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?
  8. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 田豫(でんよ)とはどんな人?魏の国境付近の平和を勝ち取っていた異民族政策のプロ
  2. ケチで有名だった曹洪の子孫はどうなったの?ケチが災いし処刑されかけた曹洪
  3. 【はじさん書評倶楽部】人生の勝算(NewsPicks Book)前田裕二
  4. 鮑勛(ほうくん)とはどんな人?自分の意見をまっすぐに答え曹丕に恨まれてしまった政治家
  5. 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情
  6. 游楚(ゆうそ)とはどんな人?諸葛亮の攻撃を耐え抜いた魏の太守

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

晏嬰(あんえい)とはどんな人?孔明の好きな梁父吟を作った春秋戦国時代の名宰 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方 三国志の時代に活躍した兵士の逸話 魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに? 第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの? 衝撃の真実!なんと韓遂は、劉備に降ろうとしていた 何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか? 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生

おすすめ記事

  1. 【キングダム】楊端和(ようたんわ)は実在した女将軍?史実を元に徹底解剖
  2. 24話:呉・三国志 孫堅のあっけない最期
  3. 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは!
  4. 【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛利勝永との共通点を探れ!
  5. 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散
  6. 三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ
  7. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  8. 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒狼

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP