キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

赤眉軍(せきびぐん)とは何者なの?後漢演義最強のDQN軍団

この記事の所要時間: 544




王莽

 

王莽(おうもう)の建国した新は、赤眉(せきび)と呼ばれる農民反乱軍によって

正規軍が撃破されたのを契機に衰退していき、天下は騒乱に包まれていきます。

では、後世に赤眉の乱と呼ばれる苛烈な反乱を組織し、正規軍を何度も撃破して

恐れられたDQN軍団、赤眉は、どうやって生まれ、どうして滅んだのでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




切っ掛けは、息子を奪われた老婆の復讐だった。

劉氏

 

西暦14年頃、山東の琅邪(ろうや)郡海曲(かいきょく)県に造り酒屋で

財産を築いた呂母(りょぼ)という老婆がいました。

呂母には呂育(りょいく)という息子がいましたが、つまらない事で罪に問われ、

県宰(県令)に処刑されてしまいます。

 

呂母は、一人息子を奪われた事を深く恨み、県宰に復讐しようと決意します。

当時、市場には、どこでも仕事もせずにブラブラ遊び歩く、不良少年がいて、

呂母は、この少年達に目をつけ、酒を無料で飲ませ、衣服などを与えるようになります。

こうして、呂母は財産を使い果たしてしまいました。

 

「すまんな婆さん、これまでのツケを支払おう幾らだい?」

 

少年達がお金を集めて持ってくると、呂母は言いました。

 

「金などはいらんから、わしの頼みを聞いてくだされ・・

わしの息子の育は、つまらない罪で県宰に殺されてしもうた。

たった一人の息子なのに、わしは年寄りで仇も討てなんだ、、

お前さん方、この老婆を哀れに思うなら、どうかわしに代わり、

あの県宰を殺してくださらんか!」

 

元々、盗んだバイクで走りだす世代の不良少年です。

世の理不尽に対する憤りは人一倍、少年達は今こそタダ酒の恩に

報いようと、数千名の仲間を集めて県の役所に押しこみ、

県宰のクビを刎ねて、呂母の恨みを晴らしました。




呂母の死後も数千名は解散せず山賊となる・・

梁興

 

呂母に仇を討った報告をすると、安心した呂母は間も無く病死します。

本来なら、仲間はここで解散する筈ですが、そうはなりませんでした。

 

「皆んな!今の役人は過酷に税を取り、百姓が苦しんでいるのを

何とも思わない腐った連中ばかりだ、こんな連中を野放しには出来ねえ

県宰のクビを刎ねたように、腐れ役人共を残らず殺してやろうじゃねえか!」

 

少年の一人が言ったので、全員は意気投合、全員で移動し、

海曲県の西、莒(きょ)県で蜂起した樊崇(はんすう)という男が率いている

山賊に合流します。

これが、赤眉軍の始まりで、彼等は泰山の山岳部に籠りゲリラ戦をしながら、

王莽の政府軍と小競り合いを繰り広げます。

 

新の政治に不満を持つ人々が合流し赤眉は数万に膨れ上がる

怒る村人 三国志

 

リーダーの樊崇の下、赤眉軍は、度々、政府軍を撃破していきます。

当時、徐州と青州は、大飢饉で餓死者が出る有様となっていましたが、

もちろん、王莽に打つ手はなく、過酷な年貢の搾取が続きました。

 

飢えた人々は田畑を捨てて、続々と流民になり、赤眉に合流していき

赤眉は数万人という規模に膨れ上がります。

すると、大所帯を食わす為に、赤眉は山を下りて、

青州、徐州で食う為の略奪を開始するようになりました。

 

この頃には、樊崇の下に、逄安(ほうあん)、徐宣(じょせん)、

謝禄(しゃろく)、楊音(ようおん)のような赤眉の幹部達が揃い、

寄せ集めの山賊だった赤眉は組織化され、最高幹部に三老、そ

の下に従時、卒吏という郷の制度を真似たポストを配置するようになります。

 

しかし、この赤眉軍、構成員の大半が農民出身で文字を読めず、

幹部連中でも、読み書きが出来るのは、徐宣だけでした。

こうして戦は無敵だが、行政能力ゼロの恐るべきDQN軍団が誕生するのです。

 

王莽の10万の大軍を破り、天下に名が轟く

赤眉軍

 

西暦22年、巨大になる赤眉を放置できなくなった王莽は、

更始将軍・平均公廉丹(れんたん)、太師王匡(おうきょ)の軍10万を派遣します。

ここで敗れれば後がない樊崇は、同士討ちを防ぐ為に、ある指示を出します。

 

「野郎ども、敵味方の区別がつくように味方は眉を赤く塗って戦え!」

 

こうして樊崇の軍勢は、赤眉と呼ばれるようになりました。

戦いは劣勢の赤眉が王莽の軍を撃破し、新の統治能力の低下を印象づけました。

 

逆に新の正規軍10万を破り、さらに無塩まで追撃して平均公廉丹の首を斬った

赤眉は意気上がり一部は河北へ分散して進軍し、樊崇の軍は、各地を攻略しながら

陳留郡に入り、魯城を攻め落とし、濮陽に進入しました。

 

この頃には赤眉に触発され、各地に農民反乱軍が決起、様子を見ていた、

豪族も平林、新市、緑林、というような軍を組織して王莽を包囲していきます。

 

更始帝の軍勢が長安に入城し王莽は死に、赤眉は更始帝の軍門に降る

王莽

 

豪族の連合軍は、やがて一本化され、劉玄(りゅうげん)という男がリーダーとなり、

やがて更始帝(こうしてい)と名乗って王莽と敵対します。

王莽は、100万と号する大軍を派遣して、勢力の回復を狙いますが、

これをたった、3千で昆陽城を守っていた劉玄の配下の劉秀(りゅうしゅう)が

散々に打ち破り、敗走させるという大手柄を立てます。

 

これで完全に形勢は逆転、各地で新の役人が殺され、反乱軍は全て、

更始帝の軍に味方し、王莽は味方に殺され、新王朝は15年の短い寿命を閉じます。

西暦23年、10月、洛陽に遷都した更始帝は、濮陽の赤眉に使者を出し降伏を勧めます。

 

降伏すれば、しかるべき地位に取りたてるという約束を聴いた樊崇は、

幹部連中、20数名だけを連れて洛陽に行き、多くが列侯になりました。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想!
  2. 【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・…
  3. これは意外!?三国志時代では戦争の必需品だった短刀
  4. これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!
  5. 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材
  6. 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散…
  7. そうか!曹叡が豹変したのは、孔明が死んだからではなかった!
  8. 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孫策が生きていたら三国志はどうなったの?
  2. 【兄者を尋ねて一千里】五つの関所を破るウォンテッド関羽
  3. 楊奉が袁術から離反しなければ官渡の戦いは袁術vs袁紹になっていた!?
  4. 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.2
  5. 新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武霊王
  6. 荀彧がもらった空箱には一体どんな意味があったのか!?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった 袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた 【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント? 【キングダム552話】「身を切る作戦」ネタバレ&レビュー キングダム最新565話「前線にて」ネタバレ&レビュー 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍 これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【5/1〜5/8】

おすすめ記事

  1. 徐晃の戦い方が素晴らしすぎる!前漢の周亜夫の武勇に匹敵するほどの名将
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/12〜12/18】
  3. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第4回 目指せ主力の英雄化!呉の名将も仲間入りです!
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【9/25〜10/1】
  5. 呂布が董卓を裏切らなかったら後漢王朝はどうなった!?
  6. 関羽が打った囲碁は、今の囲碁と同じものだったの?
  7. 【シミルボン】自分を褒めまくり、曹丕の自叙伝が意識高い系でウザい
  8. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP