チート皇帝・光武帝がいまひとつマイナーだと感じる理由




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

漢王朝と光武帝

 

光武帝(こうぶてい)こと劉秀(りゅうしゅう)、中国史で名君の名を挙げようと言えば出てくる名前です。その経歴を見ていくとどれだけ凄いか目を見張る存在、それが光武帝。

 

光武帝

 

しかしそんな光武帝ですが、いまひとつどこか騒がれないというか……マイナーに感じてしまう今日この頃。そこで今回は光武帝がどうして騒がれないのか、について考察してみたいと思います。




光武帝は劉発の末裔の一人

光武帝(劉秀)陰麗華

 

光武帝は景帝(けいてい)の七男で長沙王(ちょうさおう)となった劉発(りゅうはつ)の末裔です。これをパッと見ると皇族の一員、と思ってしまうかもしれませんが、光武帝はそこまで恵まれた家系ではありません。

 

劉秀(光武帝)

 

末裔と呼ばれる人間はまだ他にもいるため、あくまで地方の一貴族の一人、家族もそれほど裕福ではなく、また光武帝自体が三男ということもあり、若い頃は周囲から見ても目立たない存在でした。皇族のあくまで一人、それほど注目されていない存在……それが光武帝こと、劉秀でした。

 

関連記事:後漢の初代皇帝・光武帝ってどんな人?牛に乗って挙兵した皇帝

関連記事:【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯




目覚めた猛将

王莽

 

この頃、(かん)王朝は王莽(おうもう)によってその皇位を簒奪(さんだつ)され、各地で反乱が起きていました。劉秀は兄と共に反乱の狼煙(のろし)を挙げます。

 

牛に乗って登場する光武帝(劉秀)

 

これらの反乱軍を鎮圧させるべく、王莽も数十万の軍を向かわせます。絶体絶命かと思いきや、この王莽軍に劉秀は数千で突撃、完全勝利。ここから光武帝の栄光の道が開いていく……かと思いきや……。

 

関連記事:易姓革命!?禅譲か?簒奪か?王莽のはかない夢

関連記事:王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物

 

兄の死〜劉秀が皇帝になるまで

劉秀(光武帝)

 

皇帝となったのは兄でも劉秀でもなく、同じ劉氏(りゅうし)劉玄(りゅうげん)更始帝(こうしてい)となった劉玄は兄を謀殺、劉秀もピンチに。この窮地を逃れた劉秀は僅かな手勢を率いて河北の地へと派遣させられました。ここで劉秀は勢力を拡大、一年ほどで華北(かほく)の大部分を手に入れて独立。

 

光武帝(劉秀)陰麗華

 

それから間もなく、光武帝として即位しました。数々の苦難を乗り越えたとはいえ、スピード出世で皇帝に即位。正に光に導かれたかの如く、皇帝になった人物です。

 

光武帝の知名度

 

そんな光武帝ですが、いまひとつマイナーというか、注目されていない存在な気がしました。三国志ファンでもそこまで光武帝については(時代の違いもあるかもですが)語らない。下手をすると「良く知らないけど金印をくれた人」……くらいしか知られていない、三国志に比べると些か注目されていない光武帝。その理由について、稚拙ながら考察してみました。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 簒奪する王莽
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 王郎
  4. 光武帝(劉秀)
  5. スピリチュアルにハマる光武帝
  6. 光武帝

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典




PAGE TOP