よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?

この記事の所要時間: 233




豊臣秀吉

 

日本の歴史上で有名な電光石火の行軍といえば、

豊臣秀吉の「中国大返し」でしょう。

悪天候のなかで一日に70㎞を踏破したと伝わっています。

これによって、時間さえあれば万全の準備ができたであろう

明智光秀は思惑が外れて敗戦することになります。

このように戦では「時間」が勝敗を決めることもあるのです。

ただしこのときの豊臣秀吉はただやみくもに駆けたわけではありません。

備中高松城から姫路城まではひたすら駆けに駆けていますが、

姫路から山崎までは斥候を放って慎重に行軍しています。

速さだけの進軍であれば、それだけ隙も大きくなり、

敵の伏兵の迎撃をまともに受けて甚大な被害をこうむる可能性が出てきます。

仮に速さを追及せずとも油断をした行軍をすると

「桶狭間の戦い」の今川義元のように壊滅的なダメージを負うこともありえるのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる!




司馬懿の電光石火

司馬懿と公孫淵

 

三国志の戦いのなかで「時間」がものをいったのが司馬懿の西暦228年の新城郡攻めです。

当時、魏領であった新城郡の太守は孟達が務めていました。

孟達(もうたつ)は蜀を裏切り魏に取り入った外様でしたが、

曹丕(文帝)に気に入られて出世した男です。

 

孟達 曹丕

 

曹丕が死んでからは肩身が狭くなり再度裏切りを謀ります。

それが蜀の諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)への内応でした。

内応を決めたのが西暦227年の12月。司馬懿孟達を斬ったのが西暦228年の1月のことです。

孟達は敵軍が到着するのに一ヶ月はかかると踏んでいましたが、

司馬懿はそれを八日の強行軍で急襲し、孟達は守りを固めきれませんでした。

甥の鄧賢と配下の李輔に裏切られて十六日で城を落とされてしまうのです。

孟達はそのまま斬首されました。

 

孔明と司馬懿

 

司馬懿の行軍がもう少し遅かったら、孟達への蜀からの援軍も間に合っていたかもしれず、

蜀の北伐は成功していたかもしれません。

 

関連記事:野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇

関連記事:どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】




時間の感覚に鋭い司馬懿

司馬懿

 

軍師連盟の主役である司馬懿は日ごろ慎重な男ですが、

ときに凄まじいまでに迅速な行動を起こします。

孟達を攻めたときもそうですし、西暦249年1月のクーデターの際も同様です。

政敵である曹爽が参拝のために城を出たとみるやすぐに兵をあげ、

皇太后の命令と称して城門を閉じて曹爽を罷免する上奏文を発表したのです。

曹爽はあっさりと投降し、曹爽一派は根絶やしにされました。

敵の油断を突き、電光石火の如く攻め込むのは司馬懿の十八番なのかもしれません。

もちろん、それだけの緻密な計算と確固たる覚悟がなければ成功に導けない芸当です。

このように「時間」というものを有効的に活用できるのも司馬懿の強みといえます。

 

関連記事:【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?

関連記事:【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?

 

緩急をつけることのできる司馬懿

司馬懿

 

司馬懿はやみくもに強行するわけではありません。

諸葛亮孔明と対峙した西暦234年の第六次北伐の際には約百日間守勢に回って沈黙を貫いています。

この「五丈原の戦い」では婦人物の衣服を送って

挑発してくる諸葛亮孔明に対し、陣を固めじっと耐えているのです。

また西暦238年の東征の際には時間をかけています。

 

司馬懿

 

反乱を起こした公孫淵を攻めて約七カ月の期間の末に公孫氏を滅亡させています。

このときの司馬懿は焦ることなく行軍し、じっくりと敵を包囲して襄平城に追い込みました。

状況に応じて臨機応変な兵の動かしが司馬懿にはできるのです。

これこそが軍師連盟の主役・司馬懿の真骨頂でしょう。

 

関連記事:【軍師連盟】司馬懿は遼東遠征の時なんで大虐殺をしたの?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

司馬懿は「勝つためには何が一番の得策なのか」の判断が的確です。

これは、相手を出し抜き打ち破るためにはとても大切な能力といえます。

そこには忠も義もなく、冷徹なまでの計算があるだけです。

司馬懿が人間としてあまり後世のひとに好かれていないのはそのためかもしれません。

そんな司馬懿を軍師連盟ではどんな魅力的な人物として描かれるのか楽しみですね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  2. 三国志って何?はじめての人向け
  3. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?
  4. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?
  5. 張遼はどんな最後を迎えた?張遼の死因と年齢を解説
  6. 世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか
  7. 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相…
  8. コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家
  2. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.3【完】
  3. 賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋の謀臣列伝】
  4. 常林(じょうりん)とはどんな人?あの司馬仲達が頭を下げて接した政治家
  5. 【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊
  6. 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

坂本龍馬の愛刀陸奥守吉行はどんな刀? 【告知】伝説の企画「袁術祭り」電子書籍を発売するよ 2分で分かる合肥の戦い その5 孫権には甘寧がいる 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆するつもりだったの? 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察 武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【悲劇編】 沙摩柯(しゃまか)とはどんな人?武蛮族の王が甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる

おすすめ記事

  1. 臥龍は起つ気まんまんだった!?三顧の礼のやらせ劇を詩から読み解くよ
  2. 【キングダム】王翦・王賁の血筋は楚漢戦争時代にも登場していた!?
  3. はじめての三国志 4コマ劇場 「難攻不落の門」
  4. こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】
  5. 島津斉興の家系図はどこに繋がる?鎌倉から幕末までを網羅
  6. 後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)
  7. 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)
  8. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP