呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣




㈱三国志 劉備 孔明

 

三国時代でも君主の片腕として活躍した人物は多くおりました。

諸葛孔明などはその代表格と言っても過言ではないでしょう。

古代中国にも諸葛孔明のような君主を補佐したNo.2が多く出現します。

代表的な人物といえば斉の管仲(かんちゅう)や衛の子産(しさん)が有名ではないでしょうか。

しかし今回は周王朝の初期を支えた人物である武王の弟である周公旦(しゅうこうたん)

ご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く




孔子も尊敬したNo.2

周公旦 wiki

 

周公旦は文王である姫昌(きしょう)の息子として誕生します。

彼は成人すると父と兄を助けて各地の諸侯の争いの仲介役や

異民族討伐戦でも大いに活躍します。

儒教の大家として知られる孔子(こうし)は「彼は私心を一切持たないで、

補佐役に徹しているのはすごいことだ。」と高評価を与えるとともに、

彼を尊敬しておりました。




殷討伐線で活躍

紂王 wiki

 

殷王朝の王である紂王(ちゅうおう)の暴虐な政治に我慢できなくなっていた民衆や諸侯は、

周公旦の父である姫昌を頼ってきます。

彼は諸侯から頼られるほどの実力を持っておりましたが、生きている間に殷王朝討伐を

行いませんでした。

そして姫昌が亡くなると息子である発が跡を継ぎます。

彼は殷王朝を打倒する兵を挙げて殷王朝の首都である朝歌(ちょうか)へ向けて進軍を開始。

紂王も周軍を向かえ打つために牧野と言われる地に駐屯し、防備を固めます。

こうして両軍は牧野の地で決戦を開始。

殷軍は70万も兵を集めており、圧倒的兵数でもって周軍に攻撃を仕掛けていきます。

周公旦がいる周軍は40万ほどの兵数しかいませんでした。

しかし発は周軍に突撃を命じて決戦が始まります。

周公旦は殷軍に攻撃を仕掛け、自ら剣を奮って懸命に闘っていきます。

その結果、殷軍は崩壊し紂王は逃亡。

こうして周軍が勝利を収め、殷王朝の首都である朝歌の占領に成功します。

周公旦はこの時の活躍により魯公になるのですが、

周王朝が成立したばかりで任地へ赴くことをせずに

中央にとどまって政策を行っていきます。

 

武王が病に倒れる

三国志 ろうそく 写真

 

殷王朝を滅亡させた周王朝ですが、いきなり大変な事件が発生。

その事件は武王が病に倒れて危篤状態に陥ってしまいます。

この事態に天才軍師として名高い太公望・呂尚(りょしょう)や召公奭(しょうこうせき)は、

狼狽えてしまいます。

彼らは占い師に「武王様の病気が治るのかどうか占ってくれ」と要請します。

しかし周公旦は「ご先祖様達に迷惑をかけてはならない」と言い占いをやめさせます。

そして彼は自ら祭壇へ登って祭文を先祖の霊に捧げます。

さらに彼はこの祭文を箱に入れて厳重に保管してから箱の番人に

「祭文の内容は一切誰にも言うな」と厳命します。

周公旦の祈りが武王に通じたのか次の日武王の病は全快になり、

何事もなかったように仕事を行っていきます。

しかしその後再び病にかかってしまい、武王は病に勝てずに亡くなってしまいます。

 

幼い君主を二人で支える

photo credit: High grain performance via photopin (license)

 

武王が亡くなるとかれの息子である成を王に立てます。

周公旦は王があまりにも幼いため、このままでは国が混乱してしまうと考えて、

自らともうひとり周建国の功臣である召公奭と共に政治を支えていきます。

このふたりの活躍によって建国間もない周王朝は大きな混乱を招かずに安定した状態を

迎えることができたのです。

こうした周公旦の活躍に嫉妬していた武王の弟達はある計画を立てます。

 

周公旦の悪口を言いふらす

三国志 月

 

武王の弟達は周公旦と召公奭が政治の実権を握っていることが許せませんでした。

そこで彼らはまず周公旦の悪口を成王に言った後、

各地の諸侯に周公旦の悪口を言いまくります。

こうして周公旦に不満を抱いた諸侯と武王の弟達は、

連合して周公旦に対して反乱を決行。

しかし周公旦は彼らの反乱軍を見事に討伐して、戦乱が広まる前に鎮圧に成功。

その後成王が幼少であったこともあり、召公奭と二人で政権を運営していくことになります。

 

周公旦の治世とは

photo credit: a devilish cornflower via photopin (license)

 

成王が幼いため周公旦(しゅうこうたん)と召公奭(しょうこうせき)は二人で、

色々と政権運営が安定して行くには周王朝に何が必要であるか検討。

その結果秩序が必要であることがわかります。

彼はまず礼制(れいせい)と言われる制度を確立します。

この制度は日常的な礼儀を民衆や諸侯に行わせることで、国の秩序を形成していきます。

また周は諸侯の力を借りて殷王朝(いんおうちょう)を倒した為、

秦王朝や漢王朝など中央集権制ではなく、

地方分権制度によって天下を収めていくことになります。

周公旦は殷を打倒した際、諸侯へ領土を与えると共にその領土に対して自治権を付与。

こうすることによって諸侯は周王朝に忠誠を尽くしておれば権力を維持することができ、

周王朝も諸侯に対して領土を上げる事によって

政権を維持していくギブアンドテイクの関係性に

よって王朝を安定させる計画を実施していきます。

これらの政策を実施していくことで、

周王朝は初代の武王亡き後も大きな混乱もなく政権を安定させることに成功します。

 

悪口の嵐

photo credit: via photopin (license)

 

周公旦は政権を安定させるため召公奭(しょうこうせき)と共に幼い成王の

後見人として周の政治を行っておりました。

しかし周公旦が政権を運営していることに苛立った武王の弟達が、

諸侯に周公旦の悪口を言いまくって反乱。

周公旦はこの反乱を2年間の月日をかけて鎮圧します。

その後召公奭が亡くなると周公旦が成王の後見人として、

政権を運営していくことになります。

すると今度は諸侯から「周公旦は王の座を奪おうと考えているのではないか」と

悪口が出てきます。

この悪口を聞いた成王も周公旦に悪感情を持ち始めます。

成王にも疑われるようになった周公旦は周の国から楚の国へ亡命することになります。

 

楚へ亡命する

photo credit: Blue Foggy Mountains – Val di Viù – Torino – Piemonte – Italia – Dino Olivieri via photopin (license)

 

成王は周公旦の罪状を調べるため彼の家を家宅捜索します。

すると武王の病気快癒を祈祷した際の祭文を発見。

成王は周公旦がこの祭文に武王の悪口を書いているのであろうと思い、

この祭文を開きます。

祭文には「王を天の決定により病になったのであれば、全ての責任は私にあります。

どうか私に罰を与えて王の病の回復をしてくだされ」と書いてありました。

この祭文を読んだ成王は涙を流して感動します。

そしてすぐに楚の国に亡命している周公旦へ

「旦よ。周のために色々と尽力してくれた忠臣に対して大変申し訳ないことをした。

許してくれと言える立場ではないが、どうか周に戻ってきてくれないであろうか。」と

謝罪の手紙を送ります。

周公旦はこの手紙を見てすぐに楚を出て国へと帰ります。

こうして国に帰ってた周公旦は再び政権の運営者として活躍することになります、

 

王として埋葬する

photo credit: Val delle Seghe, Molveno (TN) Italia – 14 Agosto 2012 via photopin (license)

 

周公旦は周王朝の政権運営者として再び活躍することになるのですが間も亡くなってしまいます。

彼は亡くなる前に成王に「私は成王を守るために都である洛陽に葬って欲しい」と懇願。

しかし成王は「あなたを臣下として葬ることはできない。

王と同様の格式で葬るのが礼にかなっているであろう」と言って聞かず、

周公旦が亡くなると周王朝の創始者である武王のとなりに埋葬します。

 

周王朝ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

周公旦がなぜ理想のNo.2に当たる人物なのでしょうか。

彼は武王が亡くなると周王朝の政権の中で人望・実力共に成王を凌ぐ実力者でした。

その為彼が本気を出していればトップに立つことも容易でした。

しかし成王が成長して政治の舵取りを行うことができると判断してた周公旦は、

政権の実権を成王へ返して、自らは臣下として成王に仕えております。

この点が周公旦を理想と言える№2として評価されてる点であろうと考えます。

「今回の周王朝のお話はこれでおしまいにゃ

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 真田丸 真田丸の関ヶ原の戦いはすぐに終わったが、どうして西軍は負けたの?…
  2. 【項羽との恋愛で起こった悲しい運命】虞美人と虞美人草の悲しいお話…
  3. 豊臣秀吉 戦国時代2 豊臣秀吉の天下統一の第一弾「四国征伐」に向けて何をしたの?
  4. 曹洪(そうこう)ってどんな人?地味で目立たないが、曹操を支え続け…
  5. 【曹魏クロニクル】220年~239年までの魏の歴史を紹介
  6. 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構…
  7. 藏覇と曹操と袁紹 【衝撃の事実】鳥巣襲撃戦後にとった曹操の行動が結構エグかった
  8. 三国志ライター黒田レン 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どこ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 于禁
  2. 関羽に無視される孫権
  3. 兵士と禰衡
  4. 蜀の劉備

おすすめ記事

  1. 姜維はどうして鍾会を同志に選んだの? 鍾会を説得する姜維
  2. どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯 陳宮
  3. 週刊ビジネス三国志 vo2都合の良い情報はよくよく注意して確認せよ 魏の曹操孟徳
  4. 三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』
  5. 【祝】はじめての三国志!月間50万PVを達成!
  6. おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

三國志雑学

  1. 解煩督 呉
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 対立する西郷隆盛と大久保利通
  2. 孟嘗君
  3. 織田信長

おすすめ記事

kawauso編集長のぼやきVol.7「記事では書けないネタ」 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう) 赤鎧を身に着けた曹操 【潼関の戦い】二度目の韓遂との会見が曹操の独壇場だったらしい 劉禅と孔明 日本人必見!楠木正成(くすのき・まさしげ)は孔明に並ぶと讃えられた忠義を尽くした武将 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【3/20〜3/27】 関帝廟 関羽 横浜関帝廟のご利益のでる参拝の仕方とは?パワースポットにも最適? 曹操と夏侯惇 曹操の分身!夏侯惇(かこうとん)の生涯 曹操は褒め上手 郭嘉と陳羣を見習えばいじめが無くなるってホント?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP