魏延
馬超




はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】不老不死の為なら死んでもいい!寿命を縮めた曹操のデタラメ健康

曹操 健康




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用コンテンツです。

 

朝まで三国志

 

富も地位も女も名誉も手に入れた権力者が最期に夢見るのが不老長寿です。

実際に秦の始皇帝を始め、多くの権力者が死の恐怖から逃げる為に

怪しげな妖術や、道術にハマり込み、多額の富をつぎ込んでいました。

そして、そのような不老不死に憧れたのは、あの三国志の英雄、

曹操(そうそう)も例外では無かったのです。




曹操も不老不死に憧れた一人

曹操06

 

三国志屈指の英雄、曹操も、あの妻が13人もいる

ドスケベ曹操も、そんな不老不死に憧れた権力者の一人でした。

 

彼の業績を書いた武帝紀の注には、こうあります。

 

「太祖は養生の法を好み、方術の士をひろく招いた」

 

このように曹操は、長寿の為に積極的に各地から方士や道士を集めていました。

しかし、誤解がないように言いますと、曹操は始皇帝のように

仙人が造った金丹を飲めば、楽ちんで不老不死というような

努力無しのインスタント不老不死を求めてはいません。

 

「そんな簡単に金丹飲んで不老不死になれるなら誰でも不老不死じゃ!

不老不死になるには、仙人のように相応の努力をしないといかんのだ」

 

そういう間違ったストイックさで求道者のように不老不死を求めたのです。

そのストイックさが曹操の場合には、滑稽さを生みだすのでした。

 

関連記事:始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?

関連記事:話題の水素水問題は三国志時代にもあった?健康になる水信仰




方士の一人甘始から教わった健康法

曹植

 

そんな曹操の集めた方士の一人に甘始(かんし)という人物がいました。

太原の出身と言われる甘始は、齢200歳(自己申告)で

深呼吸法という今で言うロングブレスダイエットに、巧みな人物でした。

 

甘始は、年を取っても若々しい姿をしていて穀物を食べなかったそうで、

それを怪しんだ曹操の息子の曹植(そうしょく)が甘始を監禁して(怖っ!)

本当かどうかを調べた所、やはり穀物は口にしなかったそうで、

曹植は弁道論という書物で

 

「甘始が不老不死かどうか分からんが、大飢饉が来たら使えるよ」

とよく分からないコメントを残しています。

 

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

関連記事:ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り

 

ハチャメチャな甘始の不老不死実践方法

仙人を演じる少年

 

この甘始方士、ロングブレス健康法だけではなく、

房中術、飲尿療法、そして逆さ吊りという様々な方法で不老長寿を得て

洞窟の中に100年以上も住んでいて、やがて王屋山に入り、

仙人になって昇天してしまったと記録されています。

 

房中術、飲尿療法までは分かるとしても、逆さ吊り健康法は、

なんかのギャグにしか思えませんね。

 

ですが、まるでギャグにしか思えない、不老長寿の方法を、

大真面目に実践した男がいました、もちろん曹操です(笑)

ストイックな求道者である曹操は、逆さ吊りというバラエティ番組の

罰ゲームのような苦行でも、それを避けなかったのです。

 

こんな事をやっていた頃、曹操は、もう五十を過ぎていたような

気がするんですが・・

 

シミルボン

 

【シミルボン】不老不死の為なら死んでもいい!寿命を縮めた曹操のデタラメ健康

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 甘寧 裏切る ゆるキャラ 武才だけではない!?先見の明を併せ持つ甘寧
  2. 三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法…
  3. 袁術と袁紹の喧嘩 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?
  4. はじめての三国志 4コマ劇場 「三国志の英雄たちのアダ名」
  5. 酒を飲む曹操と劉備と呂布 【シミルボン】驚愕!三国志の時代の酒のマナー
  6. 司馬懿と曹叡 【三国志ライフハック】司馬懿に見習い 勝ちパターンを生み出せ!
  7. 老荘思想(ろうそうしそう) 老荘思想(道家)ってどんな思想?ありのままに?
  8. 劉備、孫権、魯粛 【if三国志】劉備がもし孫権と同盟しなかったら三国志はどうなった…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明と劉備、関羽、張飛
  2. 病気がちな孔明
  3. 夷陵の戦いで負ける劉備
  4. 阿部正弘
  5. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 

おすすめ記事

  1. 石川克世って、何者? 石川克世
  2. 【三国志の学校】はじめての三国志コミュニティについて バナー はじめての三国志コミュニティ300×250
  3. 于禁は曹丕のドッキリのせいで亡くなった!?気の毒な于禁のパワハラ話 于禁を虐める曹丕
  4. 陸遜の人柄は地元の民間説話でも高評価!完全無欠の性格の良さが滲み出る陸遜 陸遜
  5. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1 光武帝(劉秀)陰麗華
  6. 【はじめての君主論】第3話:君主に必要とされる力量とは?光武帝と劉禅の違い

三國志雑学

  1. 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉
  2. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  3. 晋の陳寿
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 鍾会を説得する姜維
  2. 董昭
  3. 李広利
  4. 孫権と劉備と曹丕
  5. 郭嘉の本
  6. 坂本龍馬(幕末時代)

おすすめ記事

劉邦はヤンキー 劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者 董襲(とうしゅう)とはどんな人?孫家の仇敵・黄祖討伐戦で活躍した武勇の士 貂蝉 こち亀の両さんか!三国志の美女は一本眉だった? 曹丕にビビって意見を言えない家臣達 【どっちの皇帝show】曹丕と曹叡はどっちが名君? 【第7回 幻想少女】強敵続出!ろひもと理穂は曹操に会えたのか!? 宦官 だって涙が出ちゃう!中国史に残る良い宦官列伝 キレる織田信長 織田信長は精神的な病気だった?天才的なひらめきを発揮した信長の苦悩 『日経三国志』のテレビCMが、ACC賞フィルム部門でブロンズ賞を受賞!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP