はじめての三国志コミュニティ
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】不老不死の為なら死んでもいい!寿命を縮めた曹操のデタラメ健康

この記事の所要時間: 21




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用コンテンツです。

 

朝まで三国志

 

富も地位も女も名誉も手に入れた権力者が最期に夢見るのが不老長寿です。

実際に秦の始皇帝を始め、多くの権力者が死の恐怖から逃げる為に

怪しげな妖術や、道術にハマり込み、多額の富をつぎ込んでいました。

そして、そのような不老不死に憧れたのは、あの三国志の英雄、

曹操(そうそう)も例外では無かったのです。




曹操も不老不死に憧れた一人

曹操06

 

三国志屈指の英雄、曹操も、あの妻が13人もいる

ドスケベ曹操も、そんな不老不死に憧れた権力者の一人でした。

 

彼の業績を書いた武帝紀の注には、こうあります。

 

「太祖は養生の法を好み、方術の士をひろく招いた」

 

このように曹操は、長寿の為に積極的に各地から方士や道士を集めていました。

しかし、誤解がないように言いますと、曹操は始皇帝のように

仙人が造った金丹を飲めば、楽ちんで不老不死というような

努力無しのインスタント不老不死を求めてはいません。

 

「そんな簡単に金丹飲んで不老不死になれるなら誰でも不老不死じゃ!

不老不死になるには、仙人のように相応の努力をしないといかんのだ」

 

そういう間違ったストイックさで求道者のように不老不死を求めたのです。

そのストイックさが曹操の場合には、滑稽さを生みだすのでした。

 

関連記事:始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?

関連記事:話題の水素水問題は三国志時代にもあった?健康になる水信仰




方士の一人甘始から教わった健康法

曹植

 

そんな曹操の集めた方士の一人に甘始(かんし)という人物がいました。

太原の出身と言われる甘始は、齢200歳(自己申告)で

深呼吸法という今で言うロングブレスダイエットに、巧みな人物でした。

 

甘始は、年を取っても若々しい姿をしていて穀物を食べなかったそうで、

それを怪しんだ曹操の息子の曹植(そうしょく)が甘始を監禁して(怖っ!)

本当かどうかを調べた所、やはり穀物は口にしなかったそうで、

曹植は弁道論という書物で

 

「甘始が不老不死かどうか分からんが、大飢饉が来たら使えるよ」

とよく分からないコメントを残しています。

 

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

関連記事:ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り

 

ハチャメチャな甘始の不老不死実践方法

仙人を演じる少年

 

この甘始方士、ロングブレス健康法だけではなく、

房中術、飲尿療法、そして逆さ吊りという様々な方法で不老長寿を得て

洞窟の中に100年以上も住んでいて、やがて王屋山に入り、

仙人になって昇天してしまったと記録されています。

 

房中術、飲尿療法までは分かるとしても、逆さ吊り健康法は、

なんかのギャグにしか思えませんね。

 

ですが、まるでギャグにしか思えない、不老長寿の方法を、

大真面目に実践した男がいました、もちろん曹操です(笑)

ストイックな求道者である曹操は、逆さ吊りというバラエティ番組の

罰ゲームのような苦行でも、それを避けなかったのです。

 

こんな事をやっていた頃、曹操は、もう五十を過ぎていたような

気がするんですが・・

 

シミルボン

 

【シミルボン】不老不死の為なら死んでもいい!寿命を縮めた曹操のデタラメ健康

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選
  2. 官渡の戦いを終戦に導いた許攸(きょゆう)は偉大なの!?
  3. 【八陣図】三国志の戦術マニア必見!少ない兵力を多く見せる必殺疎陣…
  4. 【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった!
  5. 【劉恒に課せられた使命】ボロボロになった漢帝国を立て直せ!!
  6. 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!…
  7. 【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう!…
  8. 知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 夏侯淵が被った曹操の罪ってどんな刑罰?
  2. 72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る
  3. 曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ!
  4. 夏侯玄(かこうげん)とはどんな人?夏候家の逸材として称えられた名士
  5. kawauso編集長のぼやきVol.21「陰謀論」
  6. 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

112話:怒れる劉備は70万の大軍で呉を攻める 【秦の次世代を期待された二人】蒙恬と扶蘇の無念な最期 【三国志版艦コレ】孫権が保有していた巨大戦艦長安を解説 【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!? なんか意地悪なイメージがあるけど、曹丕って実際どんな人だったの? 【第4回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】これは素晴らしい人選ね!呉のあの猛将が仲間入り! 陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる! 孫資(そんし)と劉放(りゅうほう)の綱渡り!曹叡の側近達による命懸けの戦い

おすすめ記事

  1. 三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまるで某有名ボクシング映画
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【1/23〜1/29】
  3. 【はじ三グッズ】可愛い馬超の手帳型スマホケース(iPhone/Android対応)発売中
  4. 魏延と楊儀は火と水!相性最悪な二人の末路
  5. 曹丕が早死の原因は呪術?それとも病気?曹丕の死因に迫る
  6. ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だった
  7. 陸遜の妻は誰?妻はなんと大喬との間の子供だった?
  8. 【センゴク】浅井・朝倉の滅亡と羽柴秀吉の出世を徹底分析

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP