曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは!

この記事の所要時間: 30




曹操 曹休 曹丕

 

偉大なる父を持っていると二代目の息子は何かと窮屈です。

曹操(そうそう)の息子である曹丕(そうひ)も父と色々な面で家臣から比較されたことでしょう。

また織田信長の後継者である信忠(のぶただ)も信長の跡を継いでいればかなり

気苦労が絶えない毎日を過ごしていたことでしょう。

今回はそんな二代目武将である毛利元就(もうりもとなり)の嫡男である

毛利隆元(もうりたかもと)の苦悩について、ご紹介しましょう。

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?




目立たない嫡男

毛利隆元 wiki

(写真引用元:毛利隆元 wikipedia

 

毛利隆元は毛利元就の嫡男として誕生します。

彼は次男吉川元春(きっかわもとはる)・三男小早川隆景(こばやかわたかかげ)と比べてちょっと

目立たない存在でした。

なぜなら弟である元春は12歳で初陣を果たして、敵陣に突入するほどの勇猛ぶりを発揮します。

また三男・隆景は嫡男隆元とにておとなしい性格でありましたが、隆景のおとなしい性格は

何事かを考えていることが多いためおとなしい性格だったように見えただけでした。

そんな隆元は地味で控えめで目立たない存在であったこともあり、

元就は彼を大内氏へ修行に出させます。




修行から帰ってきた隆元は・・・・

竹 f

 

隆元は大内氏へ修行に出されることになります。

彼は大内氏の当主である大内義隆(おおうちよしたか)に気に入られることになります。

そして彼は義隆とともに和歌や蹴鞠などを一緒にやっていくことになります。

こうして四年の間大内氏のもとで修行した後、毛利家に帰ってくることになります。

彼は父元就から四年間の感想を聞かれると蹴鞠や和歌等を覚えてきましたと報告。

そのため彼は修行に出る前から非常に目立たなくて控えめな性格でしたが、

修行後はより控えめになってしまうのでした。

父である元就は「隆元。お前は和歌も蹴鞠をやるのは結構だが、戦の戦い方を学びなさい」と

叱責されてしまいます。

 

関連記事:【3分で分かる】和歌(わか)って何?ルールとかあるの?

関連記事:小野小町(おののこまち)はどんな人?世界三代美女は謎だらけ

 

毛利家の当主に就任するが・・・・

月 f

 

毛利元就は突然の隠居を申し出て隆元へ毛利の家を譲ります。

しかし隆元は自分に自信がないため父親である元就へ

「私は器量がないと自覚している次第です。

そのため父上には軍事・政治を行っていただきたいと考えているのですが、ダメでしょうか」と

伝えます。

この隆元の弱腰にイラっとした元就ですが、

隆元に毛利家を託すにはまだ早いと考えていたこともあり、

隠居したといえど実権は元就が保有している状態でしたが、

毛利家の当主へと就任することになります。

 

 

陶氏と同盟に猛反対

炎 s

 

周防(すおう)の大内氏は隆元を帰国させた後、家臣の陶氏の謀反によって滅亡してしまいます。

この事を知った毛利元就は陶氏と同盟を結んでいく考えを家臣達へ伝えます。

すると一人の人物が立ち上がり陶氏との同盟に反対意見を述べます。

その人物とはおとなしい性格であった毛利隆元でした。

彼は声を荒らげて「陶氏は主家を滅ぼした謀反人です。

絶対に今の勢力を維持することはできずに滅びるでしょう。

ですから同盟しないほうが得策です。」と大声を挙げて反対。

この反対意見を聞いた元就は隆元の意見を尊重して陶氏との同盟関係を構築するのではなく、

陶氏との決戦に臨むことにします。

 

厳島の戦いで活躍

厳島神社 f

 

隆元は陶氏討伐戦である厳島の戦い(いつくしまのたたかい)に参加。

この戦いで彼は次男・吉川元春・三男・小早川隆景と協力して活躍します。

その後九州の覇者であった大友氏との戦いにも参戦し、この戦でも活躍することとなります。

文に偏っていた性格の持ち主でしたが、戦に参戦するたびに成長していくことになるのです。

 

突然の死

三国志 ろうそく 写真

 

隆元は九州地方で大友氏を相手に激戦を続けておりましたが、

父・元就が大友氏と和睦したことをきっかけに九州地方から退却することになります。

そして元就からは「尼子討伐を開始する。お前は備後・安芸を地方経由で出雲へ来なさい」と

命令を受けます。

この命令を受け取った隆元は急いで備後へ軍勢を引き連れて向かいます。

備後へ到着した際に隆元は地元の有力な豪族から接待を受けます。

隆元はこの接待を受けてから安芸へ向かいますが、安芸の佐々部(ささべ)に到着した際に

彼は突然亡くなってしまいます。

彼の突然死については色々言われており、有力なのは毒殺説と食中毒の両方の説があります。

しかし明確な死因は未だに解明されておりません。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

元就は隆元が亡くなったことを知ると大いに落胆して、彼を接待した豪族を殺害しております。

また隆元ですが地味で目立たない存在で自分を卑下しまくっていた武将でしたが、

財務能力や統治能力に秀で、

毛利家の地盤を安定させるために有力な豪族と友誼を結んだりしておりました。

このことを隆元死後に知った吉川元春と小早川隆景は隆元を見直し、

毛利本家をしっかりと守っていこうと固い決意をしたそうです。

 

参考文献

ミネルヴァ書房 毛利元就 岸田裕之著

 

軍師官兵衛に関する記事一覧:軍師官兵衛全記事

関連記事:黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還

関連記事:黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【キングダム】王賁の子孫はついに○○になっちゃったってホント!?…
  2. 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラ…
  3. 王修(おうしゅう)とはどんな人?袁譚を最後まで支え続けた忠臣に曹…
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第29話「女たちの挽歌」の…
  5. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 P…
  6. 李広(りこう)とはどんな人?「飛将軍」と呼ばれた男は李信の子孫で…
  7. 劉瞱(りゅうよう)ってどんな人?王族出身の名門参謀でもあり魏の重…
  8. 【マイナー文官列伝】有名じゃないけど優れた才能を持った建安七子・…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?
  2. 【キングダム】離眼の紀彗(きすい)は、実在しない痛いキャラだった?
  3. 劉備の人肉食は何故美談になったのか?よかミカンが考察
  4. 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?
  5. 【史記】には解説書が3つ三家注って何?
  6. 井上馨の汚職事件から考える日本の政治とカネ!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死 呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇った魏の夢占い師 三国志に出てくる羌族ってどんな民族? 主人公になるべく登場した男、劉備玄徳 子玉(しぎょく)って誰?三国志にも名前が出る楚の猛将・成得臣 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/27〜3/5】 ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』

おすすめ記事

  1. 島津斉彬と沖縄(琉球)との対外貿易計画はどんな関係性だったの?
  2. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第4回】
  3. 【後出師の表】は味方の士気を下げるダメダメ偽造文書だ
  4. 橋本左内とはどんな人?西郷どんが生涯尊敬した越前の天才
  5. 世説新語に書かれている曹操と袁紹の花嫁略奪がシュールすぎ(笑)
  6. 【パチ感満載】後出師の表を堂々パクった諸葛恪!
  7. 大発明!耕しながら戦う曹操のフロンティアスピリット
  8. 後藤又兵衛(後藤基次)はどんな最期を遂げるの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP