三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた?

胡亥




司馬懿

 

バーカ!!この言葉皆さん一回は使ったことがあるのではないのでしょうか。

小学生や中学生の時に私はいっぱい使ったことがあります。

さてこのバカという言葉漢字に直すと「馬と鹿」で、合体させると「馬鹿」となります。

そしてこの馬鹿の語源は楚漢戦争時代に生まれた言葉だと言うことを皆さん知っていましたか。

今回はこの馬鹿の語源についてお話したいと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発




ポンコツ皇帝を就任させるが・・・・

胡亥

 

始皇帝の死後宦官の趙高は、宰相・李斯(りし)を言葉巧みに説得し、

出来の悪い始皇帝の三男・胡亥(こがい)を皇帝へ就任させます。

そして彼は協力者であった李斯を殺害して、自らが宰相となって秦の国を動かしていきます。

だが胡亥が皇帝に就任した頃、秦の国は陳勝・呉広の反乱によって国は大いに乱れ、

かつての六国の王が勝手に故国を占領して、王を僭称している有様でした。

 

関連記事:【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんなに必要なの?

関連記事:ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる




名将・章邯を起用して反乱を討伐軍を出陣させる

趙高 キングダム

 

この状況を知った胡亥は章邯(しょうかん)を将軍に任命して、

反乱軍を鎮圧させるために出撃させます。

章邯率いる秦軍は陳勝・呉広の反乱軍を各地で破り、陳勝討伐に成功します。

さらに章邯軍は江南から北上して楚王を立てていた項梁(こうりょう)の軍勢を撃破し、

彼を討ち取ります。

向かうところ敵なしの章邯軍は河北で独立した趙の国を滅ぼすために、

北へ向かって進軍を開始するのでした。

 

関連記事:陳勝・呉広の乱とは何?秦国を滅ぼすきっかけを作った二人組

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話

 

趙高の専横

胡亥

 

趙高は章邯軍が反乱軍を次々と撃破していることを皇帝に報告。

皇帝・胡亥は大いに喜び趙高を褒め、彼に政治を任せていきます。

趙高は自らの権力を揺るぎないものへとするため胡亥へ

「帝たるもの政治に参加するのはよくありません。また群臣へ姿を現したりしては

帝の権威が低下する恐れがあり、声を群臣へ聴かせることも良くないでしょう。」と進言。

胡亥は趙高を信用していたので、彼の進言に疑念を抱かずに受け入れます。

そして皇帝が居なくなった秦の国政は趙高がひとりで握ることになるのです。

こうして天下一の権力を手に入れた趙高は密かにあることを計画。

その計画とは皇帝胡亥を殺害して、自らが秦の皇帝になることです。

しかし趙高のこの計画に皇帝の側近達が賛同を示さない者と

成功する確率が低くなるため、あることを試します。

 

関連記事:始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?

関連記事:みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく解説

 

馬と鹿

鹿 f

 

趙高は皇帝の側近たちが自分に従う人物なのかを試すために鹿を用意。

そして胡亥へ鹿を献上し、彼へ「馬を献上しに参りました。」と伝えます。

胡亥は鹿を見て「おいおい。耄碌するにはまだ早いだろう。これは間違えなく鹿だ」と

丞相である趙高へ伝えます。

だが趙高は馬ですの一点張りです。

そこで皇帝は側近へ「これは鹿だろう。」と尋ねます。

すると側近の返答にはいくつかのグループが生まれます。

一つ目は黙っている側近。

二つ目は趙高の意見に合わせる側近。

そして三つ目は皇帝に同調して「鹿です。」と答える側近でした。

この様子をみた趙高はその後鹿ですと皇帝に言上した側近に罪を着せてすべて殺害。

そして残りの二つの返答をした側近達にはなにもしませんでした。

 

 

その理由として一つ目のグループは今後、

趙高が何をしても逆らわずに成り行きに任せているからです。

二つ目のグループは趙高に積極的に賛同し、

彼がクーデターを起こした際には協力者になってくれる可能性があるからです。

この実験によって趙高は自らに協力してくれるグループを皇帝の側近に配置することにします。

そして後世、自らの権勢におごってちぐはぐもしくは矛盾したことを押し通そうとする人物のことを

馬鹿と呼ぶようになるのです。

 

楚漢戦争ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

この馬鹿の語源は趙高が胡亥に行った実験が由来となっている説もありますが、

いくつか説があるようです。

ボケという言葉がなまって馬鹿となった説や馬という姓を持つ富豪が散財したことが

原因で馬鹿という言葉生まれた説など様々です。

しかし趙高が胡亥に言ったという説を私は取らせてもらったので、

今回この記事を紹介させていただきました。

「今回の楚漢戦争時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選
  2. 項燕(こうえん)とはどんな人?信と蒙恬を撃破する王騎レベルの名将…
  3. 【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅…
  4. 対立する西郷隆盛と大久保利通 大久保利通と西郷隆盛西南戦争の原因は王道vs覇道の対立だった
  5. 呂不韋の出世のきっかけはここから始まる!
  6. 織田信長 【織田信長が明智光秀に殺害される】謎に包まれた本能寺の変:黒幕は…
  7. 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図っ…
  8. 【君主vs名士】孫権よりも名士の権力が強かったってマジ!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  2. 新選組の土方歳三
  3. 豊臣秀吉 戦国時代

おすすめ記事

  1. 【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅力に迫る!
  2. 【投げたらあかん!】阿斗を趙雲がキャッチする三国志ドラマがある 曹操から逃げ回る劉備
  3. 【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった!
  4. 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性
  5. 孫呉を滅亡させた晋の将軍は誰だったの?杜預それとも王濬?
  6. 太史慈は群雄だった!孫策死後疎まれた男の生涯 黄巾賊を撃退する太史慈

三國志雑学

  1. 曹操は女性の敵なの?もじのみ
  2. 曹丕 曹植
  3. 蜀の姜維
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 山頂に陣を敷いた馬謖
  2. 諸葛孔明019
  3. 長坂の戦いでの趙雲

おすすめ記事

顔斐(がんひ)とはどんな人?まるで三国時代の都民ファースト!民衆から慕われた魏の名太守 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.2 曹操 孔明をチェック 曹操は諸葛亮を自身に仕官するよう勧誘していた! 揚州の問題児?山越族とはどんな民族だったのか 織田信長 織田信長の父、織田信秀とはどんな人甘い所が信長ソックリ? 「褒めて伸ばす」の実践者にして成功者・孫権 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を紹介! 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ?

おすすめ記事

  1. 許靖(きょせい)とはどんな人?天才軍師・法正が認めた蜀の名士
  2. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!
  3. 衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR)
  4. 就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職
  5. 【織田信長暗殺】本能寺の変の黒幕は長曾我部元親? 燃える本能寺
  6. 平野国臣、最初に「日本人」を名乗った先駆者の孤高の生涯とは? 平野国臣
  7. 【三国志群雄列伝】3分でわかる:三国志の群雄達の名言 曹操 詩
  8. 劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を鉄壁の城に作り上げた功臣

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP