広告募集
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく解説

この記事の所要時間: 66




胡亥

 

三国志を見ていると、王や皇帝、あるいは、侯という称号が出てきます。

ちょっと考えると、皇帝が一番偉い感じですが、では、王は何番目?

侯は、もっと下?その当たりについて分かりやすく解説します。



王とは、どういう意味だったのか?

 

さて、中国4000年の歴史を見てみると、最初に出現したのは、

王という位だと言えます。

王という文字は象形文字では、鉞(まさかり)を意味しています。

これは、共同体の中で罪を犯した者を斬首する権利を持つ人間という意味で

巨大な権力を持つ象徴が鉞という武器だったのです。

 

こうして、殷の時代より以後、王は地上において唯一絶対の存在として

君臨しつづけて、支配者を象徴する語になります。




王の下には、どのような称号があったのか?

photo credit: DSCF1368 via photopin (license)

photo credit: DSCF1368 via photopin (license)

 

さて、一番上が王だとしても、その下にもそれぞれ部下がいて、

部下が支配する土地が存在します。

彼等を表わす称号を造らないと序列がつかないという事になります。

そこで、周の時代には、公・侯・伯・子・男という五爵が定められます。

 

この爵は、元々はお酒を注ぐ三本脚の器の意味でしたが、

王に近い家臣が先に酒を貰い、座る席も王に近かったので、

それぞれの家臣の階級という意味合いを持つようになります。

 

五爵は、どういう序列だったのか?

孔子 儒教

公・侯・伯・子・男は、領地の広さによって、決定された階級です。

一番偉いのが公でした。

例えば、孔子(こうし)が尊敬した、魯国の始祖である周公旦(しゅうこう・たん)

という人がいますがこれは、周の公爵である旦という人という意味です。

また、斉の覇王になった桓公(かんこう)も、公爵というランクになっています。

執念の暗殺者であった豫譲(よじょう)の主君である晋の六卿(ろっきょう)は、

智伯(ちはく)というので、伯爵という事になります。

 

彼は、晋公の家来なので、周王室から見れば、家来の家来で、

爵位が伯に落ちているわけです。

趙の武霊王(ぶれいおう)が後を継いだ、趙の粛侯(しゅくこう)は

侯爵で公爵よりも1ランク落ちます。

 

一応、伯爵より下の子爵、男爵という階級になると、

かなり領地が小さく、あまり史書で見かける事はありません。

 

五爵と言いますが、これは王から見た場合には区別されますが、

それぞれの領地では、公侯伯子男のいずれの爵位でも、

配下からは、公と呼ばれました、殿様という程度の意味です。

 

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

関連記事:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王

関連記事:豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

春秋戦国時代に入ると、王位のインフレが起きる

 

 

殷、そして、周の時代の中期位までは、唯一絶対の存在だった王ですが

※但し、楚は長江の付近から独自に発展した国で、周が王を名乗って

いた時代から王を自称していましたが・・

春秋時代を過ぎて、戦国時代に入る頃から、周王朝がすっかり力を失います。

これにより、富強になってきていた、秦や趙、韓、魏、斉、燕というような

七雄は、独自に王を名乗るようになります。

これにより、王の称号はインフレになってしまい、価値が低下します。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 戦う思想家集団 墨家(ぼくか)とは何者?
  2. 曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現…
  3. 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保…
  4. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  5. 孫権と同じ三代目で地味な北条氏康
  6. 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選…
  7. 2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側
  8. 郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キングダムの時代に開花した法家の思想
  2. 袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの?
  3. 29話:青州兵によって膨れ上がる曹操の兵力
  4. 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将
  5. 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ
  6. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志フェス2015に「はじめての三国志」のおとぼけも主演します! 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【後半】 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】 【桓騎 vs 慶舎】黒羊の戦いは史実にあるの?本当にあった戦いなの? 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌 【真の将軍はあいつだ!!】漢の名将・周亜夫が命じた命令とは 諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで? 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かなかったばっかりに・・・・

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/27〜3/5】
  2. 董卓が狼ならば、孫堅は何?袁術が真に受けた例え話
  3. 盧綰(ろわん)とはどんな人?劉邦の親友でもあり辛苦を共にした男
  4. 【軍師連盟】司馬懿は何で身分の低い鄧艾を重用したの?
  5. 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説
  6. 【はじめてのスキッパーキ】スキッパーキって、どんな犬なの?【第1話】
  7. 【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこなった政策を覗いてみたよ
  8. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP