よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく解説

この記事の所要時間: 66




胡亥

 

三国志を見ていると、王や皇帝、あるいは、侯という称号が出てきます。

ちょっと考えると、皇帝が一番偉い感じですが、では、王は何番目?

侯は、もっと下?その当たりについて分かりやすく解説します。



王とは、どういう意味だったのか?

 

さて、中国4000年の歴史を見てみると、最初に出現したのは、

王という位だと言えます。

王という文字は象形文字では、鉞(まさかり)を意味しています。

これは、共同体の中で罪を犯した者を斬首する権利を持つ人間という意味で

巨大な権力を持つ象徴が鉞という武器だったのです。

 

こうして、殷の時代より以後、王は地上において唯一絶対の存在として

君臨しつづけて、支配者を象徴する語になります。




王の下には、どのような称号があったのか?

photo credit: DSCF1368 via photopin (license)

photo credit: DSCF1368 via photopin (license)

 

さて、一番上が王だとしても、その下にもそれぞれ部下がいて、

部下が支配する土地が存在します。

彼等を表わす称号を造らないと序列がつかないという事になります。

そこで、周の時代には、公・侯・伯・子・男という五爵が定められます。

 

この爵は、元々はお酒を注ぐ三本脚の器の意味でしたが、

王に近い家臣が先に酒を貰い、座る席も王に近かったので、

それぞれの家臣の階級という意味合いを持つようになります。

 

五爵は、どういう序列だったのか?

孔子 儒教

公・侯・伯・子・男は、領地の広さによって、決定された階級です。

一番偉いのが公でした。

例えば、孔子(こうし)が尊敬した、魯国の始祖である周公旦(しゅうこう・たん)

という人がいますがこれは、周の公爵である旦という人という意味です。

また、斉の覇王になった桓公(かんこう)も、公爵というランクになっています。

執念の暗殺者であった豫譲(よじょう)の主君である晋の六卿(ろっきょう)は、

智伯(ちはく)というので、伯爵という事になります。

 

彼は、晋公の家来なので、周王室から見れば、家来の家来で、

爵位が伯に落ちているわけです。

趙の武霊王(ぶれいおう)が後を継いだ、趙の粛侯(しゅくこう)は

侯爵で公爵よりも1ランク落ちます。

 

一応、伯爵より下の子爵、男爵という階級になると、

かなり領地が小さく、あまり史書で見かける事はありません。

 

五爵と言いますが、これは王から見た場合には区別されますが、

それぞれの領地では、公侯伯子男のいずれの爵位でも、

配下からは、公と呼ばれました、殿様という程度の意味です。

 

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

関連記事:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王

関連記事:豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

春秋戦国時代に入ると、王位のインフレが起きる

 

 

殷、そして、周の時代の中期位までは、唯一絶対の存在だった王ですが

※但し、楚は長江の付近から独自に発展した国で、周が王を名乗って

いた時代から王を自称していましたが・・

春秋時代を過ぎて、戦国時代に入る頃から、周王朝がすっかり力を失います。

これにより、富強になってきていた、秦や趙、韓、魏、斉、燕というような

七雄は、独自に王を名乗るようになります。

これにより、王の称号はインフレになってしまい、価値が低下します。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹操ってもしかしてフェミニストだった?銅雀台の侍妾エピソード
  2. 五虎大将軍の馬超 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前ま…
  3. 【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介!
  4. 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義
  5. 孫権が張昭を呉の丞相に任命しなかったのはどうして?
  6. 馬岱の二の舞はごめん!やばい上司から身を守る方法
  7. 【キングダムを更に楽しむ】六国で秦を倒せるような国はあったの?
  8. 曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち
  2. 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?
  3. これは本物…?稀代の奇人変人・禰衡のやらかしエピソード集
  4. 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王
  5. 【閲覧注意】血煙上がる『三国志』きれいなお花を咲かせた将軍たち
  6. 盤古(ばんこ)とはどんな神様?最古の神のはずなのに新しい中国神話の創世神

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末 帝国議会

おすすめ記事

長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説! 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの? 廬毓(ろいく)とはどんな人?曹氏三代に仕えた公平な人物 玉璽に興奮する袁術 洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの? 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄は猛獣をどう扱っていたの? 【蜀の滅亡へのカウントダウン】こうして蜀の国は滅びへ至った 29話:青州兵によって膨れ上がる曹操の兵力 【衝撃の事実】三国志でよく使われていた弩が日本で流行らなかったのは日本人がガラパゴス脳だったから

おすすめ記事

  1. 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ!
  2. 前原一誠、萩の乱その戦いとは? 幕末 大砲発射
  3. 【キングダム時代考証】漫画の描写は嘘?ホント?キングダムの史実による歴史考証
  4. キングダムの秦王・政がドハマリした韓非子(かんぴし)ってなに? 韓非の本を熟読して感銘を受ける政
  5. 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁
  6. 漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れていた!
  7. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(2/3)
  8. 楊貴妃(ようきひ)とはどんな人?玄宗皇帝を夢中にさせた世界三大美女

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP