キングダム
コメント機能リリース


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく解説

胡亥




胡亥

 

三国志を見ていると、王や皇帝、あるいは、侯という称号が出てきます。

ちょっと考えると、皇帝が一番偉い感じですが、では、王は何番目?

侯は、もっと下?その当たりについて分かりやすく解説します。



王とは、どういう意味だったのか?

 

さて、中国4000年の歴史を見てみると、最初に出現したのは、

王という位だと言えます。

王という文字は象形文字では、鉞(まさかり)を意味しています。

これは、共同体の中で罪を犯した者を斬首する権利を持つ人間という意味で

巨大な権力を持つ象徴が鉞という武器だったのです。

 

こうして、殷の時代より以後、王は地上において唯一絶対の存在として

君臨しつづけて、支配者を象徴する語になります。




王の下には、どのような称号があったのか?

photo credit: DSCF1368 via photopin (license)

photo credit: DSCF1368 via photopin (license)

 

さて、一番上が王だとしても、その下にもそれぞれ部下がいて、

部下が支配する土地が存在します。

彼等を表わす称号を造らないと序列がつかないという事になります。

そこで、周の時代には、公・侯・伯・子・男という五爵が定められます。

 

この爵は、元々はお酒を注ぐ三本脚の器の意味でしたが、

王に近い家臣が先に酒を貰い、座る席も王に近かったので、

それぞれの家臣の階級という意味合いを持つようになります。

 

五爵は、どういう序列だったのか?

孔子 儒教

公・侯・伯・子・男は、領地の広さによって、決定された階級です。

一番偉いのが公でした。

例えば、孔子(こうし)が尊敬した、魯国の始祖である周公旦(しゅうこう・たん)

という人がいますがこれは、周の公爵である旦という人という意味です。

また、斉の覇王になった桓公(かんこう)も、公爵というランクになっています。

執念の暗殺者であった豫譲(よじょう)の主君である晋の六卿(ろっきょう)は、

智伯(ちはく)というので、伯爵という事になります。

 

彼は、晋公の家来なので、周王室から見れば、家来の家来で、

爵位が伯に落ちているわけです。

趙の武霊王(ぶれいおう)が後を継いだ、趙の粛侯(しゅくこう)は

侯爵で公爵よりも1ランク落ちます。

 

一応、伯爵より下の子爵、男爵という階級になると、

かなり領地が小さく、あまり史書で見かける事はありません。

 

五爵と言いますが、これは王から見た場合には区別されますが、

それぞれの領地では、公侯伯子男のいずれの爵位でも、

配下からは、公と呼ばれました、殿様という程度の意味です。

 

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

関連記事:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王

関連記事:豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

春秋戦国時代に入ると、王位のインフレが起きる

 

 

殷、そして、周の時代の中期位までは、唯一絶対の存在だった王ですが

※但し、楚は長江の付近から独自に発展した国で、周が王を名乗って

いた時代から王を自称していましたが・・

春秋時代を過ぎて、戦国時代に入る頃から、周王朝がすっかり力を失います。

これにより、富強になってきていた、秦や趙、韓、魏、斉、燕というような

七雄は、独自に王を名乗るようになります。

これにより、王の称号はインフレになってしまい、価値が低下します。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 沙摩柯 沙摩柯(しゃまか)とはどんな人?武蛮族の王が甘寧を討ち取り呉を恐…
  2. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 張遼の一騎打ちは本当なの?史実の一騎打ちを紹介
  3. 7話:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりや…
  4. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明 【危篤の孔明そっちのけ!】始まっていた五丈原の権力争い
  5. 夷陵の戦いで負ける劉備 【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった!
  6. 責められる陸遜 陸遜の死因は何だったの?孫権のパワハラに耐えきれなかった呉の丞相…
  7. 韓遂と王国の反乱が後漢王朝の基盤を揺るがした
  8. 魏延と姜維 姜維と魏延性格は真反対だけど似ている所があった!!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魯粛
  2. 羌瘣
  3. 袁術を励ます魯粛
  4. おんな城主 直虎
  5. はじめての三国志 画像準備中
  6. 水滸伝って何?
  7. 城の前を掃除する孔明
  8. 孔子に一番叱られたペラペラが仇になった宰我 宰我、孔子
  9. 魏を破る朱然

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに黄忠を追加しました はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い 呉の周瑜、孫策、程普
  3. 顔斐(がんひ)とはどんな人?まるで三国時代の都民ファースト!民衆から慕われた魏の名太守
  4. 三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何? 苦肉の策(笑)
  5. 黄巾の乱を引き起こした大平道、民衆は彼らに何を望んでいたのか? 周倉
  6. 篤姫の故郷指宿はどんな所?ファーストレディの故郷を紹介 お酒が強い篤姫

三國志雑学

  1. 徐庶
  2. 三国志の計略と孔明
  3. 残忍な曹丕
  4. 張遼・楽進・李典


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 龐統と的盧
  2. 魏の武将をまとめた趙嚴(ちょうげん)
  3. 孔明
  4. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  5. 凌統
  6. 姜維
  7. 黒船(ミシシッピ号)

おすすめ記事

曹操と機密保持 【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された はじめての三国志編集長kawauso はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.2 呉の孫権 【大胆仮説】孫登と孫慮が生きていれば呉が天下を統一した!? 鍾繇(しょうよう)とはどんな人?関中の守備を任され、西方の憂いを絶ち、曹操の勢力拡大に貢献した文官 敗北する馬岱 馬岱の二の舞はごめん!やばい上司から身を守る方法 kawauso編集長 三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法 孟達を討伐する司馬懿 【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる! 三国夢幻演義バナー 龍の少年 三国夢幻演義 龍の少年 第5話「別離の日」配信日が決定しました

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP