編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく解説

この記事の所要時間: 66




胡亥

 

三国志を見ていると、王や皇帝、あるいは、侯という称号が出てきます。

ちょっと考えると、皇帝が一番偉い感じですが、では、王は何番目?

侯は、もっと下?その当たりについて分かりやすく解説します。



王とは、どういう意味だったのか?

 

さて、中国4000年の歴史を見てみると、最初に出現したのは、

王という位だと言えます。

王という文字は象形文字では、鉞(まさかり)を意味しています。

これは、共同体の中で罪を犯した者を斬首する権利を持つ人間という意味で

巨大な権力を持つ象徴が鉞という武器だったのです。

 

こうして、殷の時代より以後、王は地上において唯一絶対の存在として

君臨しつづけて、支配者を象徴する語になります。




王の下には、どのような称号があったのか?

photo credit: DSCF1368 via photopin (license)

photo credit: DSCF1368 via photopin (license)

 

さて、一番上が王だとしても、その下にもそれぞれ部下がいて、

部下が支配する土地が存在します。

彼等を表わす称号を造らないと序列がつかないという事になります。

そこで、周の時代には、公・侯・伯・子・男という五爵が定められます。

 

この爵は、元々はお酒を注ぐ三本脚の器の意味でしたが、

王に近い家臣が先に酒を貰い、座る席も王に近かったので、

それぞれの家臣の階級という意味合いを持つようになります。

 

五爵は、どういう序列だったのか?

孔子 儒教

公・侯・伯・子・男は、領地の広さによって、決定された階級です。

一番偉いのが公でした。

例えば、孔子(こうし)が尊敬した、魯国の始祖である周公旦(しゅうこう・たん)

という人がいますがこれは、周の公爵である旦という人という意味です。

また、斉の覇王になった桓公(かんこう)も、公爵というランクになっています。

執念の暗殺者であった豫譲(よじょう)の主君である晋の六卿(ろっきょう)は、

智伯(ちはく)というので、伯爵という事になります。

 

彼は、晋公の家来なので、周王室から見れば、家来の家来で、

爵位が伯に落ちているわけです。

趙の武霊王(ぶれいおう)が後を継いだ、趙の粛侯(しゅくこう)は

侯爵で公爵よりも1ランク落ちます。

 

一応、伯爵より下の子爵、男爵という階級になると、

かなり領地が小さく、あまり史書で見かける事はありません。

 

五爵と言いますが、これは王から見た場合には区別されますが、

それぞれの領地では、公侯伯子男のいずれの爵位でも、

配下からは、公と呼ばれました、殿様という程度の意味です。

 

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

関連記事:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王

関連記事:豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

春秋戦国時代に入ると、王位のインフレが起きる

 

 

殷、そして、周の時代の中期位までは、唯一絶対の存在だった王ですが

※但し、楚は長江の付近から独自に発展した国で、周が王を名乗って

いた時代から王を自称していましたが・・

春秋時代を過ぎて、戦国時代に入る頃から、周王朝がすっかり力を失います。

これにより、富強になってきていた、秦や趙、韓、魏、斉、燕というような

七雄は、独自に王を名乗るようになります。

これにより、王の称号はインフレになってしまい、価値が低下します。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  2. 【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?
  3. 孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだっ…
  4. 三国志の時代に活躍した兵士の逸話
  5. 孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!
  6. 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の…
  7. 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の…
  8. 袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!
  2. 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは?
  3. 【センゴク】羽柴秀吉の播州攻略と上月城救援戦
  4. 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密
  5. 真田丸の関ヶ原の戦いはすぐに終わったが、どうして西軍は負けたの?
  6. 【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【感謝・出版】各カテゴリで売れ筋ランキング1位を獲得しました。 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【8/1〜8/7】 徐晃の戦い方が素晴らしすぎる!前漢の周亜夫の武勇に匹敵するほどの名将 孫臏の魔術がスゴイ!どの国からも侮られていた斉兵を強兵に変えた改革 孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関羽の呪いで…… 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人? 三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介

おすすめ記事

  1. 智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!
  2. 三国志演義に登場する兵器
  3. 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器
  4. どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの?
  5. これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由!
  6. 三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀
  7. 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え!
  8. 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP