まだ漢王朝で消耗してるの?
朝まで三国志軍師




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく解説

この記事の所要時間: 66




胡亥

 

三国志を見ていると、王や皇帝、あるいは、侯という称号が出てきます。

ちょっと考えると、皇帝が一番偉い感じですが、では、王は何番目?

侯は、もっと下?その当たりについて分かりやすく解説します。



王とは、どういう意味だったのか?

 

さて、中国4000年の歴史を見てみると、最初に出現したのは、

王という位だと言えます。

王という文字は象形文字では、鉞(まさかり)を意味しています。

これは、共同体の中で罪を犯した者を斬首する権利を持つ人間という意味で

巨大な権力を持つ象徴が鉞という武器だったのです。

 

こうして、殷の時代より以後、王は地上において唯一絶対の存在として

君臨しつづけて、支配者を象徴する語になります。




王の下には、どのような称号があったのか?

photo credit: DSCF1368 via photopin (license)

photo credit: DSCF1368 via photopin (license)

 

さて、一番上が王だとしても、その下にもそれぞれ部下がいて、

部下が支配する土地が存在します。

彼等を表わす称号を造らないと序列がつかないという事になります。

そこで、周の時代には、公・侯・伯・子・男という五爵が定められます。

 

この爵は、元々はお酒を注ぐ三本脚の器の意味でしたが、

王に近い家臣が先に酒を貰い、座る席も王に近かったので、

それぞれの家臣の階級という意味合いを持つようになります。

 

五爵は、どういう序列だったのか?

孔子 儒教

公・侯・伯・子・男は、領地の広さによって、決定された階級です。

一番偉いのが公でした。

例えば、孔子(こうし)が尊敬した、魯国の始祖である周公旦(しゅうこう・たん)

という人がいますがこれは、周の公爵である旦という人という意味です。

また、斉の覇王になった桓公(かんこう)も、公爵というランクになっています。

執念の暗殺者であった豫譲(よじょう)の主君である晋の六卿(ろっきょう)は、

智伯(ちはく)というので、伯爵という事になります。

 

彼は、晋公の家来なので、周王室から見れば、家来の家来で、

爵位が伯に落ちているわけです。

趙の武霊王(ぶれいおう)が後を継いだ、趙の粛侯(しゅくこう)は

侯爵で公爵よりも1ランク落ちます。

 

一応、伯爵より下の子爵、男爵という階級になると、

かなり領地が小さく、あまり史書で見かける事はありません。

 

五爵と言いますが、これは王から見た場合には区別されますが、

それぞれの領地では、公侯伯子男のいずれの爵位でも、

配下からは、公と呼ばれました、殿様という程度の意味です。

 

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

関連記事:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王

関連記事:豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

春秋戦国時代に入ると、王位のインフレが起きる

 

 

殷、そして、周の時代の中期位までは、唯一絶対の存在だった王ですが

※但し、楚は長江の付近から独自に発展した国で、周が王を名乗って

いた時代から王を自称していましたが・・

春秋時代を過ぎて、戦国時代に入る頃から、周王朝がすっかり力を失います。

これにより、富強になってきていた、秦や趙、韓、魏、斉、燕というような

七雄は、独自に王を名乗るようになります。

これにより、王の称号はインフレになってしまい、価値が低下します。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイント…
  2. 時空を超える関羽、琉球の民話に登場
  3. 57話:劉備はどうやって三国志界の天才軍師・諸葛孔明を手に入れた…
  4. 飛信隊はどのような構成だったの?史実をもとに強さも考察
  5. 趙嚴(ちょうげん)ってどんな人?人材豊富な魏の武将達を取りまとめ…
  6. 赤眉軍(せきびぐん)とは何者なの?後漢演義最強のDQN軍団
  7. 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人
  8. 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介
  2. 東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1
  3. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加していた!
  4. 【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた!
  5. 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん)
  6. 【大三国志 攻略2】同盟と高Lvの土地攻略!最高に面白くて眠れません!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

楽毅の猛攻に神対応!籠城の天才、斉の田単(でんたん) 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い 曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政治にも優れた功労者 三国志の時代の庶民の家はどんな建物をしていたの? 架空戦記って何?いつから存在してどこでIF戦記ブームは過ぎ去ったの? 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶力抜群の呉の指揮官 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【11/20〜11/26】 姜維の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行

おすすめ記事

  1. 【李傕・郭汜祭り 4日目】献帝帰還の功労者の惨めな最期 張済(ちょうさい)
  2. 【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術
  3. 【キングダム ネタバレ予想 529話】遼陽城に巣くう連中の正体とは?
  4. 劉瞱(りゅうよう)ってどんな人?王族出身の名門参謀でもあり魏の重臣
  5. 陳勝・呉広の乱とは何?秦国を滅ぼすきっかけを作った二人組
  6. 【ネタバレ注意】キングダム539話レビュー「戦の相手」
  7. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生
  8. これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“邪馬台国"
PAGE TOP