よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく解説

この記事の所要時間: 66




胡亥

 

三国志を見ていると、王や皇帝、あるいは、侯という称号が出てきます。

ちょっと考えると、皇帝が一番偉い感じですが、では、王は何番目?

侯は、もっと下?その当たりについて分かりやすく解説します。



王とは、どういう意味だったのか?

 

さて、中国4000年の歴史を見てみると、最初に出現したのは、

王という位だと言えます。

王という文字は象形文字では、鉞(まさかり)を意味しています。

これは、共同体の中で罪を犯した者を斬首する権利を持つ人間という意味で

巨大な権力を持つ象徴が鉞という武器だったのです。

 

こうして、殷の時代より以後、王は地上において唯一絶対の存在として

君臨しつづけて、支配者を象徴する語になります。




王の下には、どのような称号があったのか?

photo credit: DSCF1368 via photopin (license)

photo credit: DSCF1368 via photopin (license)

 

さて、一番上が王だとしても、その下にもそれぞれ部下がいて、

部下が支配する土地が存在します。

彼等を表わす称号を造らないと序列がつかないという事になります。

そこで、周の時代には、公・侯・伯・子・男という五爵が定められます。

 

この爵は、元々はお酒を注ぐ三本脚の器の意味でしたが、

王に近い家臣が先に酒を貰い、座る席も王に近かったので、

それぞれの家臣の階級という意味合いを持つようになります。

 

五爵は、どういう序列だったのか?

孔子 儒教

公・侯・伯・子・男は、領地の広さによって、決定された階級です。

一番偉いのが公でした。

例えば、孔子(こうし)が尊敬した、魯国の始祖である周公旦(しゅうこう・たん)

という人がいますがこれは、周の公爵である旦という人という意味です。

また、斉の覇王になった桓公(かんこう)も、公爵というランクになっています。

執念の暗殺者であった豫譲(よじょう)の主君である晋の六卿(ろっきょう)は、

智伯(ちはく)というので、伯爵という事になります。

 

彼は、晋公の家来なので、周王室から見れば、家来の家来で、

爵位が伯に落ちているわけです。

趙の武霊王(ぶれいおう)が後を継いだ、趙の粛侯(しゅくこう)は

侯爵で公爵よりも1ランク落ちます。

 

一応、伯爵より下の子爵、男爵という階級になると、

かなり領地が小さく、あまり史書で見かける事はありません。

 

五爵と言いますが、これは王から見た場合には区別されますが、

それぞれの領地では、公侯伯子男のいずれの爵位でも、

配下からは、公と呼ばれました、殿様という程度の意味です。

 

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

関連記事:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王

関連記事:豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

春秋戦国時代に入ると、王位のインフレが起きる

 

 

殷、そして、周の時代の中期位までは、唯一絶対の存在だった王ですが

※但し、楚は長江の付近から独自に発展した国で、周が王を名乗って

いた時代から王を自称していましたが・・

春秋時代を過ぎて、戦国時代に入る頃から、周王朝がすっかり力を失います。

これにより、富強になってきていた、秦や趙、韓、魏、斉、燕というような

七雄は、独自に王を名乗るようになります。

これにより、王の称号はインフレになってしまい、価値が低下します。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 公孫瓚は異民族に特別厳しかったのか?
  2. 司馬懿は恐妻家?それとも愛妻家?司馬懿の奥さんはどんな人?
  3. 遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?
  4. ニッチローも真っ青!三国志の英傑はモノマネ大好きだった!
  5. 戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いな…
  6. 裏切りイメージが悪影響か?魏延の墓は破壊されてしまった?
  7. 郭嘉と法正って似ている所あったの?
  8. 三国志の時代に活躍した兵士の逸話

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 趙の名将・李牧の孫が国士無双で知られるあの人と関係があった!
  2. ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる
  3. 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選
  4. 羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解説
  5. 呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る!
  6. 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統 三国志演義の架空キャラを並べてみたよ! 陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人 【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父が信じた迷信が原因で悲劇が訪れる 【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの? 曹操を好きになってはいけない6つの理由 陳寿は三国志正史で陸遜をどのように評価したの? 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる

おすすめ記事

  1. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.1
  2. 三国志の英雄で上司にするなら誰にしたい!?
  3. 島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島津四兄弟の闘将
  4. 超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード
  5. みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!
  6. 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】
  7. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6
  8. 83話:劉備は荊州四郡をゲット!怒涛の快進撃

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP