広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に導く文言

この記事の所要時間: 248




司馬昭

 

司馬昭(しばしょう)の時代、魏の王朝の皇帝として君臨していた曹髦(そうぼう)

彼は皇帝として君臨するために魏王朝の権力を欲しいままにしている司馬家を討伐するために

挙兵します。

この知らせを聞いた司馬昭は皇帝の軍を迎撃するように命令を出しますが、

彼の参謀役として活躍していた賈充(かじゅう)の軍勢によって曹髦は殺害されてしまいます。

司馬昭は曹髦が殺害されてしまったことに驚き、親友である陳泰(ちんたい)に相談しますが、

彼の気持ちにそうようなアドバイスをもらうことができませんでした。

しかし皇帝殺害事件は司馬家の勢力が没落する可能性があったため、

早急に解決する必要がありました。

この皇帝殺害事件を正当化するために荊州の都督で有り、

学者としても有名であった杜預(どよ)が活躍することになります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




杜預(どよ)は名将でありながら学者であった

孔融

 

杜預は孫呉を滅ぼすために荊州都督として駐屯していた羊祜(ようこ)の後釜として赴任。

彼は孫呉討伐のために必要な物は水軍力であると考え、

益州で大きな船をいくつも建造させることにします。

益州で大きな船を大量生産したことで、水軍力は強化されることなるのですが、

大きな船を作った際に木屑が大量に長江へ流れていくことになります。

そのため孫呉の領地の中にも益州で作った木屑が大量に流れ込んでいくことになり、

呉でもこの木屑の量は晋が呉に攻撃を行う前触れではないかと考えた人達は

皇帝・孫皓(そんこう)に進言しますが、取り上げてもらうことはありませんでした。

こうして晉は大軍を輸送することが可能で、

攻撃力にも特化した軍事船団を率いて呉へ攻撃を仕掛けることになります。

この結果杜預率いる晋の大軍は呉軍を各地で打ち破ることに成功し、

水上でも呉軍散々に打ち破ることに成功。

そして呉軍を降伏させることに成功したことで、晋の天下統一が完成することになります。

さてこの呉軍討伐戦で大活躍した杜預ですが、

実は学者としても名声を得ており春秋左氏伝に注訳を付けるほどの「春秋左氏伝」マニアでした。




司馬家の皇帝殺害を正当化しなければ・・・・

司馬昭と司馬師

 

司馬家は晋王朝が完成する前に魏の皇帝を殺しており、

武帝・司馬炎の父司馬昭が曹髦を殺害していました。

司馬家としてはこの事件を正当化しないと新しくできたばかりの晋国を安定に導くことができないと

考えておりました。

そのため学者である杜預は司馬家が打ち立てた晋の国家を安定的な国にするために、

皇帝殺害を正当化するための文言を春秋左氏伝に注をつけながら探しておりました。

 

皇帝殺害を正当化するための故事

胡亥

 

杜預は皇帝殺害の理由として春秋左氏伝から故事を引用した

「書殺例(しょさつれい)」と言うものを作ることします。

この書殺例によると「君主(皇帝・王)などがどうしようもないほどにポンコツである時には、

君主を殺害してもいい」と言うことを述べております。

上記の記載は杜預が自ら考え書いたのではなく、

周公も同じように行っていることを根拠として書殺例を完成させます。

 

三国志ライター黒田レンのひとりごと

黒田廉さん02a

 

こうして杜預が注訳を記載して完成させた春秋左氏伝によって、

司馬家が行ってしまった皇帝殺害を正当化させることに成功します。

この結果、司馬家が打ち立てた晋の国では皇帝殺害の黒歴史を葬り去ることに成功し、

安定的な国づくりへ励んでいくことになるはずでした。

晋は武帝・司馬炎が亡くなるとポンコツ司馬衷(しばちゅう)が跡を継ぎますが、

皇后であった賈南風(かなんぷう)が晋王朝を操ってやりたい放題したことがきっかけで、

晋は大いに乱れることになり反乱が勃発。

さらに異民族の軍勢が長城を超えて中華内部に侵入したことによって、

晋は滅亡してしまうことになってしまいます。

杜預が作った書殺例は晋の後の世界で生きることになっていくのです。

 

参考文献 朝倉書店 十八史略で読む 三国志 渡邉義浩著など

 

関連記事:献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 …
  2. 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】
  3. 【第3話】戦え!于禁文則ん「曹操救出 黄巾の残党との戦い」
  4. 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが…
  5. 集まれ曹操の25人の息子たち・その1
  6. 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚
  7. 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言…
  8. 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍
  2. 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう)
  3. 司馬懿の名言から分かる!曹爽との権力争いを分かりやすく紹介!「駑馬、短豆を恋う」
  4. 合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!?
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第28話「死の帳面」の見どころ紹介
  6. 【真田丸特集】バツイチ女性が好きだった曹操と家康!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍 三国志偏差値を一気に上昇させる!マニアックなコアファン向け参考文献 まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ 【5分で丸わかり】西郷隆盛とはどんな人?2018年の大河ドラマ「西郷どん」の生涯 劉曄(りゅうよう)の進言に従っていれば魏の曹丕が天下統一をしていた? 34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十六話「綿毛の案」の見どころ紹介 呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由

おすすめ記事

  1. 【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何?
  2. 「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  3. 【意外】古代中国では犬や山猫が鼠を捕っていた?
  4. 124話:曹休、憤死!!石亭の戦いと孫権の即位
  5. 狸(徳川家康)とお猿(豊臣秀吉)の外交合戦が面白い!
  6. 曹操が絶望詩人と化した兗州争奪戦を地図で紹介
  7. 「耳で聞いて覚える三国志」をはじめました
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【1/16〜1/22】

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP