ログイン | 無料ユーザー登録


朝の仕度ならながら三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

はじめての晋

賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋の謀臣列伝】

反対する賈充




 

不定期で行っている晋の謀臣や将軍を紹介しております。

今回は司馬昭(しばしょう)の側近として反司馬氏勢力のあぶり出しや皇帝殺害を指示するなど、

人がやりたがらない役を行い、功績を挙げてきた賈充(かじゅう)を紹介していきたいと思います。




賈逵(かき)の長男として生まれる

photo credit: Simplicity . . . via photopin (license)

 

賈逵(かき)は晩年に男の子を得ます。

彼は世継ぎが出来たことがすごくうれしかったらしく周りの人に「この子は将来必ず世の中のために尽くし、故郷を満たしてくれるであろう」と言いふらします。

彼の名前を充、字(あざな)を公閭(こうりょ)となづけ、生まれてきた嫡男を大いに可愛がり彼の将来に期待を込めて育てます。




父の爵位を継いで曹魏に仕える

photo credit: PétAlas via photopin (license)

 

賈充は父・賈逵の爵位を継いで、曹魏に仕える事になります。

父の葬儀をしっかりと行った事が評判になり、孝行息子として評判になります。

彼が曹魏に仕えて数年経った頃、曹爽(そうそう)が司馬懿(しばい)を押しのけ魏の政権を掌握します。

曹爽は賈充や荀彧(じゅんいく)の一族である荀勖(じゅんきょく)らを強制的に招聘し、自分が握った政権のグループに加えます。

賈充はいやいやながら加わることになります。

その後司馬懿曹爽を倒し、政権を奪い返すと彼は曹爽のグループに加わっていた事から官を辞めさせられます。

 

関連記事:荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!

関連記事:孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?

関連記事:荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

 

司馬家に仕えた謀臣

photo credit: Fall out of passion…… via photopin (license)

 

司馬懿によって官を辞めさせられた賈充ですが、彼の息子である司馬師の時代になると再び官に呼び戻されます。

司馬師の元で引き立てられていきますが、司馬師は遠征途中で亡くなってしまいます。

司馬師の跡は弟である司馬昭が継ぎます。

賈充は司馬家の地位を盤石にするため東西南北の魏の国境を守っている将軍達に司馬家をどう思っているのかを聞くため会いに行きます。

 

反司馬家勢力の動向を探れ

photo credit: Happy Halloween! via photopin (license)

 

賈充は東西と北の将軍達の意向を聞くと司馬家に反感を持ってない事が分かります。

彼は最後に南を守っている諸葛誕(しょかつたん)に会いにゆきます。

賈充は諸葛誕に会うといきなり「昨今洛陽では、晋王である司馬昭様を皇帝にしようという動きが高まっているが、あなたはどう思う」と回りくどい言い方を取らず、直球で問いかけます。

諸葛誕は「あんたは魏の政権を支えた賈逵の息子ではないか。魏の国を司馬家に渡そうとするとは何たる不忠者だ。俺は晋王が皇帝になるならば魏の国を支える側に回る」と激怒しながら言い返します。

賈充は黙ってその場を後にするが、諸葛誕の真意をすぐに司馬昭に報告します。

諸葛誕は魏の国家が司馬昭によって奪われるのではないのかと危惧し、反乱を起こします。

司馬昭は諸葛誕が反乱を起こすと1年かけて鎮圧。

賈充の活躍により魏の政権内で反司馬家の勢力は激減しました。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変えて愛されていた!

関連記事:諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛がった愛息子

関連記事:諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族

関連記事:諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの?




ページ:

1

2

関連記事

  1. 韓信vs孔明 諸葛亮は陣形・戦法・軍令を駆使して戦に臨んでいた!?
  2. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナル…
  3. 五禽戯と華佗(華陀) 五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎ…
  4. 【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果が…
  5. 北伐で諸葛亮と敵対?昔のクラスメイト孟建と戦うことになった奇妙な…
  6. 城の前を掃除する孔明 三国志の時代の城の機能について図解解説
  7. 孔明 【諸葛亮のノアの方舟計画】長坂での別行動は劉備軍温存?
  8. 若い頃の曹操について語る袁準 袁準(えんじゅん)とはどんな人?チート宰相・諸葛孔明を高く評価し…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 趙雲が人気の理由
  3. 劉邦をなだめる陳平と張良
  4. 剣を持って戦う徐庶
  5. 董卓
  6. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  7. ゾンビ化した孟獲

おすすめ記事

  1. 【徐庶が改名した理由】ケガの功名か?それともワザと?徐庶の名前雑学 徐庶
  2. 潼関の戦いに参加した異民族、阿貴と千万とはどんな人?
  3. 戦国日本は多神教でキリスト教は相容れないは嘘だった? 宣教師 ルイスフロイス
  4. 「遊び」は鎌倉時代、必要不可欠なモノだった! 平清盛 鎌倉幕府
  5. 司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に導く文言 司馬昭と司馬師
  6. 【三国天武 攻略その2】周瑜や姜維など三国天武の強いイケメン武将と新武将として登場した南蛮王の奥さんを紹介

三國志雑学

  1. 曹操と夏侯惇
  2. 法正と張松
  3. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  4. 曹仁


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 于禁
  2. 鍾会
  3. キングダム
  4. 敵に塩を送る (武田信玄と上杉謙信)
  5. 水滸伝の包道乙 仙人
  6. 魯粛と周瑜
  7. 桓公(かんこう)
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

劉備と孫権 残念ながら本当です!三国志赤壁の手柄は99%呉のモノ 幕末 帝国議会 江藤新平VS井上馨 汚職政治家と清廉な改革者の戦いの行方 逢紀 逢紀とはどんな人?袁紹から厚い信頼を得たが曹操が死の原因を作った? 後継者争いで喧嘩する曹丕と曹植 兄弟はやっぱり家族?それとも他人?『三国志』兄弟列伝 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1 諸葛瑾 諸葛恪は父諸葛瑾に期待されていなかった? 于禁 月刊はじめての三国志2019年12月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 合戦シーン 名もなき雑兵が語る戦国のリアル【雑兵物語】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP