架空戦記
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての晋

賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋の謀臣列伝】

この記事の所要時間: 414




 

不定期で行っている晋の謀臣や将軍を紹介しております。

今回は司馬昭(しばしょう)の側近として反司馬氏勢力のあぶり出しや皇帝殺害を指示するなど、

人がやりたがらない役を行い、功績を挙げてきた賈充(かじゅう)を紹介していきたいと思います。




賈逵(かき)の長男として生まれる

 

賈逵(かき)は晩年に男の子を得ます。

彼は世継ぎが出来たことがすごくうれしかったらしく周りの人に「この子は将来必ず世の中のために尽くし、故郷を満たしてくれるであろう」と言いふらします。

彼の名前を充、字(あざな)を公閭(こうりょ)となづけ、生まれてきた嫡男を大いに可愛がり彼の将来に期待を込めて育てます。




父の爵位を継いで曹魏に仕える

photo credit: PétAlas via photopin (license)

photo credit: PétAlas via photopin (license)

 

賈充は父・賈逵の爵位を継いで、曹魏に仕える事になります。

父の葬儀をしっかりと行った事が評判になり、孝行息子として評判になります。

彼が曹魏に仕えて数年経った頃、曹爽(そうそう)が司馬懿(しばい)を押しのけ魏の政権を掌握します。

曹爽は賈充や荀彧(じゅんいく)の一族である荀勖(じゅんきょく)らを強制的に招聘し、自分が握った政権のグループに加えます。

賈充はいやいやながら加わることになります。

その後司馬懿が曹爽を倒し、政権を奪い返すと彼は曹爽のグループに加わっていた事から官を辞めさせられます。

 

関連記事:荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!

関連記事:孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?

関連記事:荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

 

司馬家に仕えた謀臣

 

司馬懿によって官を辞めさせられた賈充ですが、彼の息子である司馬師の時代になると再び官に呼び戻されます。

司馬師の元で引き立てられていきますが、司馬師は遠征途中で亡くなってしまいます。

司馬師の跡は弟である司馬昭が継ぎます。

賈充は司馬家の地位を盤石にするため東西南北の魏の国境を守っている将軍達に司馬家をどう思っているのかを聞くため会いに行きます。

 

反司馬家勢力の動向を探れ

 

賈充は東西と北の将軍達の意向を聞くと司馬家に反感を持ってない事が分かります。

彼は最後に南を守っている諸葛誕(しょかつたん)に会いにゆきます。

賈充は諸葛誕に会うといきなり「昨今洛陽では、晋王である司馬昭様を皇帝にしようという動きが高まっているが、あなたはどう思う」と回りくどい言い方を取らず、直球で問いかけます。

諸葛誕は「あんたは魏の政権を支えた賈逵の息子ではないか。魏の国を司馬家に渡そうとするとは何たる不忠者だ。俺は晋王が皇帝になるならば魏の国を支える側に回る」と激怒しながら言い返します。

賈充は黙ってその場を後にするが、諸葛誕の真意をすぐに司馬昭に報告します。

諸葛誕は魏の国家が司馬昭によって奪われるのではないのかと危惧し、反乱を起こします。

司馬昭は諸葛誕が反乱を起こすと1年かけて鎮圧。

賈充の活躍により魏の政権内で反司馬家の勢力は激減しました。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変えて愛されていた!

関連記事:諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛がった愛息子

関連記事:諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族

関連記事:諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの?




ページ:

1

2

関連記事

  1. 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変え…
  2. 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語
  3. 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選
  4. 三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww
  5. 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者
  6. 善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯!
  7. 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  8. 後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操
  2. 趙直(ちょうちょく)とはどんな人?夢占いで人の運命を占った蜀の天才占い師
  3. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  4. 三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です
  5. 諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの?
  6. 孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに? 諸葛亮孔明が残した兵法書はどれなの?便宜十六策の中身を一部紹介 卑弥呼の謎!曹爽と卑弥呼には関係があった!? アゴと信長にあだ名を付けられた柴田勝家の秀吉包囲網がスッゲー 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介 呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由 【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【6/12〜6/18】

おすすめ記事

  1. 魏のラストエンペラー曹奐(そうかん)魏の最後はどうやって迎える事になったの?
  2. 島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島津四兄弟の闘将
  3. 【キングダム527話】キングダム六国の強さを勝手にランキング!
  4. 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだった件
  5. マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・
  6. 李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の軍師
  7. 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術
  8. まだまだあるよ!諸子百家シリーズ 陰陽家・農家・小説家

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP