よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行動とは?

この記事の所要時間: 28




韓信 将軍

 

楚漢戦争最大の軍略者として当時の中国全域にその名を轟かせた韓信(かんしん)

彼は楚漢戦争時代に一度も負けなく趙・魏・斉・燕などの国々を平定していきます。

また彼が趙攻略戦で使った陣形は「背水の陣」と呼ばれて現在でもこの言葉が残っています。

しかし韓信が背水の陣を敷く前に使っていた武将がいたのを知っていましたか。

それは西楚覇王として知られる劉邦のライバル項羽です。

彼はどの戦いの時にこの陣形を使ったのでしょうか。

 

関連記事:【項羽との恋愛で起こった悲しい運命】虞美人と虞美人草の悲しいお話

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




懐王に趙救援を命じられる

項羽と鍾離昧

 

懐王は項梁(こうりょう)が亡くなると諸将を集めて、会議を開きます。

諸将は楚の上将軍であった項梁が亡くなったことを知り、大いに士気が低下しておりました。

懐王は諸将の士気を上げるために「上将軍死後も秦を滅ぼすため楚は戦い続ける。

そこで関中へ一番乗りを果たした者を関中王へ任命しよう」と諸将へ宣言します。

この宣言を聞いた項梁の甥である項羽は勇立ち、会議を抜けようとします。

すると懐王は「項羽よ。君には趙の救援を命じる。」と

西へ向かわせず北へ行くように命令を出します。

この命令を聞いた項羽は激怒し「なぜ俺が趙へ救援に行かねばならないのですか」と

食い下がります。

懐王は項羽へ「君が一番戦が巧いと思っているからだ。」と彼をおだてます。

このお立てに乗った項羽はしょうがなく命令を聞いて趙へ向かうことにします。




上将軍宋義は趙へ向かわない

張良㈬ 鴻門の会編05 項羽

 

趙救援軍の総大将は項羽ではなく項梁の跡を継いで上将軍となった宋義が就任。

北へ向かう為には必ず黄河を渡らなければなりませんが、彼は黄河を渡ろうとしませんでした。

項羽は一刻も早く趙にいる秦軍を蹴散らして西へ向かいたい為、

何度も宋義に「黄河を早くわたって進みましょう」と進言します。

しかし宋義は「趙と秦が今死力を尽くして戦っている。趙が秦軍を疲弊したところを攻撃するのが、

一番理にかなっているではないか。」と言って渡ろうとしませんでした。

項羽は口下手なので、宋義の意見に反対する言論を持っていなかったため大人しく下がります。

彼はその後も宋義へ進言しますが、取り上げてもらえずついに宋義を殺害してしまいます。

そして彼は全軍に「俺が今日から上将軍だ!!」と宣言します。

 

破釜沈船

項羽 はじめての三国志002

 

項羽は宋義を殺害して上将軍になると全軍に号令を出して、

趙を救うべく全軍に黄河を渡河するように命令を出します。

彼は全軍の渡河が終了すると諸将へ「釜を割って三日分の食料のみを携行せよ。

また船も全て破壊してしまえ。」命令を下します。

諸将は項羽の命令を聞いて急いで釜と船をぶっ壊します。

項羽は諸将が釜と船を破壊した事を確認すると

「全軍趙を救うために鉅鹿へ向かう。いざ進め!!」と号令を下します。

この項羽が発した命令は「破釜沈船(はふちんせん)」

と言われる名言として項羽本紀という書物に乗っております。

 

決死の覚悟で秦軍を打ち破る

項羽

 

楚軍は兵数も少ないですが、全員一丸となって大軍である秦軍へ突撃していきます。

秦軍は大軍だったこともあり、楚軍を油断しておりましたが、

楚軍は全軍一致して秦軍へ猛攻をかけてついに撃破することに成功します。

この戦いを後に「鉅鹿の戦い」と名付けられることになり、

秦はこの戦いに敗れたことで実質滅亡することになります。

 

楚漢戦争ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

項羽軍は秦軍を鉅鹿で撃破した後、

趙救援に訪れていた諸侯の軍勢は項羽の軍門へねぎらいの言葉をかけてきます。

項羽軍を訪れた諸侯は膝をついて進み、項羽の激しい攻撃をみて彼に恐れをなして

誰ひとりとしてまともに顔を上げることができなかったそうです。

「今回の楚漢戦争のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽

 



黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 徳川慶喜は「家康の再来」と言われる程すごい人だったの!?
  2. 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官
  3. 来敏(らいびん)とはどんな人?孔明が魏延よりも苦手だった学者
  4. 【孫武の名言】「将、軍に在りては君命をも受けざるところにあり」っ…
  5. 曹操の名言から知る三国志の世界「徒に先の易きを見て、 いまだ当今…
  6. 【センゴク】信長の仇討ちで秀吉についたのは、神戸、丹羽、掘、蒲生…
  7. 【センゴク】金ヶ崎の退口は何で起こったの?信長の最大の危機
  8. 孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?
  2. 諸葛恪は父諸葛瑾に期待されていなかった?
  3. 留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄
  4. 【ファン必見】2016年スーパーエリート袁術君の活躍まとめ26選
  5. 呉が好きな皆さんへ!五分でわかる孫呉の逸話を紹介【三国志逸話列伝】
  6. 卑弥呼はなぜ死んだの?卑弥呼の死の謎に迫る!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

ゴールデンカムイネタバレ予想 131話 死神がやってくる 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】 【三国志妄想列伝】夏侯惇が群雄として立てる人だった!! 71話:黄祖に邪険にされ、甘寧は孫権に寝返る レッドクリフ超え!魯粛(ろしゅく)の知られざる逸話 新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR) 【三国時代】英雄の地位はどの位? 100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める

おすすめ記事

  1. 【キングダム名物】将軍同士の一騎打ち、印象に残る名勝負は?
  2. 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは
  3. 【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想!
  4. 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子孫たち
  5. 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加える
  6. 【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた?
  7. 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える
  8. みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP