架空戦記
HMR

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出来たの?

この記事の所要時間: 312




呂不韋

 

一介の商人であった呂不韋(りょふい)

趙で人質となっていた子楚(しそ)を助けてから大きな野望が目を出します。

彼の野望は宰相として国を動かすことでした。

呂不韋は子楚を王位に付けるとために色々な努力をした結果彼を太子にさせることに成功。

そして趙から子楚や彼の奥さんである趙姫、子楚の息子でありながら呂不韋の息子でもある政を

脱出させることに成功し、秦の都、咸陽(かんよう)へ連れてくることができました。

そしてついに己の野望を成就させる時がやってきます。




秦の昭襄王死す・・・・そして安国君が王へ

昭襄王

 

呂不韋は子楚達を護衛しながら秦の都である咸陽に到着すると、

彼らが他の公族達から命を狙われないようにするために自らが立てていた家に案内して、

彼らを保護します。

子楚を保護してから数年後秦の名君として君臨していた昭襄王(しょうじょうおう)が亡くなります。

昭襄王が亡くなると彼の後継者であった安国君が王位を継ぎます。

安国君は王に君臨すると自らの後継者として子楚(しそ)を指名。

こうして子楚は呂不韋の手元から離れて宮殿に入ることになります。

しかし安国君は王位をついでから一年後に亡くなってしまいます。

昭襄王が長いあいだ王位を保っていたこともあり、安国君が王位を継いだ時には既に老齢の

時期に差し掛かっていたことが原因です。

 

関連記事:秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かったの?

関連記事:【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王




子楚ついに王位へそして呂不韋は・・・・

呂不韋

 

趙の人質生活を含めると数十年間不遇の時代を過ごしてきた子楚はついに、

念願の秦王の位に就任することになります。

彼は秦王に君臨するとまず自らをずっと助けてくれていた呂不韋に侯の位をさずけ、

莫大な領土を与えます。

そして子楚は彼を秦の宰相へ任命して国政を彼に任せることにします。

こうして呂不韋は商人から一気に貴族へ出世し、

野望であった宰相の位へ就任することになります。

 

周を滅ぼす

兵士 朝まで三国志

 

秦は他の六国を上回る国力を有して、各国へ攻撃を仕掛けて領土を増大させてきました。

領土を縮小させられている各国の王は周王朝を連合軍の旗頭に据えて秦に対抗。

その原因は色々とありますが、春秋時代から続いてきた王朝である周王朝を旗頭として

連合軍が結成されていたことも原因の一つです。

呂不韋は宰相に就任すると子楚へ「王よ。

各国が連合して秦へたびたび攻撃を仕掛けてくるのは、

周王朝を旗頭としているからです。

現在は無いに等しいこの周王朝を滅ぼすことで、

他国が秦へ攻撃を仕掛けてくる連合軍を結成する意義をなくすためには。

周王朝を滅亡させるしかありません。」と進言。

子楚は呂不韋の意見に従って周王朝の本拠を攻撃。

周軍は秦軍の攻撃に為すすべもなく敗退し、本拠地は陥落してしまいます。

こうして春秋時代から数えて800年ほど続いていた王朝は滅亡することになります。

 

関連記事:よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く

関連記事:周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣

 

呂不韋の隠れ息子である政が王位を継ぐ

趙政

 

子楚は王位となった初年度に周王朝を滅亡させて歴史に名を残すことになるのですが、

在位はたった3年でした。

せっかく王になることができたのにも関わらず3年で亡くなってしまっては、

自分が王になってからやろうとしていたことのほとんどができなかったのではないのでしょうか。

子楚が亡くなると彼の息子であった政が王位の座に付くことになります。

だが呂不韋にとってこの秦王政が自らのくびを絞めることになるとは、

一切思っていたなかったでしょう。

 

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

 

戦国史ライター黒田レン独り言

黒田廉さん02a

 

こうして秦王政が秦の最後の王として君臨することになります。

後の展開はキングダムで皆さんが知っているとおりですが、

史記だと微妙に違うところが多々ありあます。

キングダムでは呂不韋は政の政敵でしか描かれておりませんが、

司馬遷(しばせん)が書いた史記にはなんと政の父親ははっきりと呂不韋と書いてあります。

するとただの政敵ではなく父と息子の骨肉の争いが秦の国内で行われていたことになります。

キングダムではあまり具体的な暗闘が記されておりませんが、

実際に秦王政と呂不韋の間にどのような暗闘があったのかは今後調べてご紹介したいと思います。

 

参考文献 十八史略で読む史記 渡邉義浩著など

 

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選
  2. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだっ…
  3. 三国同盟の終わりと武田信玄の危機
  4. 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない!
  5. 袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた…
  6. 游殷(ゆういん)が的中させた人物評価が凄かった!ズバリ言うわよ!…
  7. これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!
  8. 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操
  2. 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟徳の友人
  3. あっちもこっちも将軍、将軍、将軍だらけ!三国志の将軍の位がわかると上下関係がわかる!
  4. 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介!
  5. 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】
  6. 呂不韋の出世のきっかけはここから始まる!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

衝撃の事実!卑弥呼はアイドル活動をしていた?通説・卑弥呼伝 【ネオ三国志】第9話:呂布の覚醒と劉備軍の降伏【蒼天航路】 邴原(へいげん)とはどんな人?曹操・荀彧から尊敬を受けたマイナー文官 ケチで有名だった曹洪の子孫はどうなったの?ケチが災いし処刑されかけた曹洪 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【前半】 孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い? 衝撃の事実!魏には2人の郭嘉が存在した!?

おすすめ記事

  1. 賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する?
  2. こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】
  3. 曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について
  4. 【センゴク】織田信長は長年、本願寺に苦しめられた理由とは?
  5. 84話:龐統登場と同時に左遷(笑)
  6. 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?
  7. 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵
  8. またまた発見!劉備の黒歴史、なんと劉禅には生き別れの兄がいた?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP