キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【秦の次世代を期待された二人】蒙恬と扶蘇の無念な最期




キングダム 始皇帝

 

春秋戦国時代の最後を飾る秦王・政の時代。

彼は戦国七雄を滅ぼし天下統一を成し遂げます。

彼の配下には以前の春秋戦国時代の名将と言われる白起楽毅などの将軍はいませんでしたが、

それなりに優れた将軍が多数いました。

秦の国で三代に渡って忠誠を尽くしてきた蒙一族。

彼らの中で一番活躍したのは蒙武と言う武将でしょう。

キングダムでも登場しているあの武将です。

彼は楚を討伐する戦いで、名将項燕(こうえん)を討ち取る功績を挙げ、

息子・蒙恬もそこそこ活躍しておりました。

しかし彼が活躍したのは秦が天下統一を成し遂げた後でした。

そんな彼とコンビを組んだのは始皇帝の長子である扶蘇(ふそ)です。

始皇帝の後継として期待されていた扶蘇と将軍としての力量のある蒙恬

二人は次世代を担う人物として期待されておりましたが、

あることがきっかけで無念の最後を迎える事になるのです。

今回は無念の最後を迎えることになった蒙恬と扶蘇についてご紹介しましょう。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




万里の長城の原型を作る

万里の長城

 

蒙恬は秦が天下統一を果たした時、始皇帝から

「お主に30万兵を与える。この兵をもって北方異民族を討伐してこい」と命じられます。

蒙恬はこの命令を受けて、自ら兵を率いて北方異民族討伐戦へと赴きます。

彼はキングダムでも兵を巧みに指揮して活躍しておりますが、

この異民族討伐戦でも兵を巧妙に指揮して異民族討伐に成功し、

彼らを北方へ追い返します。

その後、蒙恬は一万里以上の長城を築城して、

北方異民族が再び中華に攻撃を仕掛けてこないように防備を固めます。

この長城が完成した後、彼は再び軍を率いて異民族を徹底的に攻撃。

この結果、蒙恬率いる秦軍の強さに異民族は震え上がります。




次世代を担うコンビが誕生

蒙恬

 

蒙恬が異民族討伐戦に明け暮れる中始皇帝の長男である扶蘇は、

始皇帝が行った政策に猛反対しておりました。

始皇帝は長男の反対意見を聞いて激怒し、彼を蒙恬のところへ左遷させます。

扶蘇は蒙恬のところにたどり着くと二人は北方異民族の動向をしっかりと見張り、

攻撃を仕掛けてこないように注意を払います。

このふたりが北方に居る間は異民族は長城へ攻撃することはありませんでした。

こうして次世代を担うコンビが誕生することになります。

 

扶蘇自害

趙高 キングダム

 

始皇帝は砂丘で亡くなってしまいます。

始皇帝が亡くなった時、近くにいたのは始皇帝の三男である胡亥(こがい)

宦官趙高(ちょうこう)、そして丞相李斯(りし)が一緒でした。

彼らは始皇帝が亡くなるとすぐに首都・咸陽に引き返します。

その後趙高の画策で胡亥が二代目皇帝となることになり、

長子・扶蘇に対して自殺するように偽の手紙を送りつけます。

この使者が扶蘇と蒙恬の元に到着すると扶蘇はすぐに自殺する準備を始めます。

この姿を見た蒙恬は彼の自殺を押しとどめ

「扶蘇様。あなた様は陛下から私が率いる30万もの大軍を監督する職務を任されている。

にも関わらずここで自殺するのは職務放棄にほかなりません。

とりあえず陛下に一度抗議してから自殺しても遅くはありません。」と説得します。

しかし扶蘇は蒙恬の説得に頷かず「父が息子に死ねと申したのだ。

息子としては死なねばなるまい」と蒙恬に伝え、自殺してしまいます。

 

囚われた蒙恬

三国志 ろうそく 写真

 

蒙恬は偽の始皇帝からの使者に捕まり、そのまま囚われの身になってしまいます。

しかし蒙恬には弟であり始皇帝の側近となっている蒙毅(もうき)が、

何とかしてくれるはずだと信じておりました。

だが蒙毅も趙高の策謀に嵌ってしまい、既に自殺したあとでした。

そのため蒙恬はいつまでたっても釈放されることなく、牢獄に囚われたままでした。

 

蒙恬の訴え

月 f

 

蒙恬はその後も牢獄に囚われたままでした。

首都・咸陽では蒙毅を殺害した後、蒙恬を自殺させるために、

二世皇帝・胡亥の名で勅令を制作。

こうして出来た勅令を蒙恬に見せると彼は使者に

「蒙一族は一族郎党を挙げて秦に忠誠を三代に渡って捧げてきました。

私には30万もの大軍がおりましたのに謀反を行わずに牢獄に入っているのは、

先帝の恩義に報いるためです。

今現在いきなり私がこのような囚われの身になっているのは、

皇帝陛下の近くに讒言を成すものがいるからでしょう。

私は「過ちは正すことができ、諫言は何かを悟らせるためにある。」この言葉を心に刻んで、

この言葉を肝に命じて天下経営に励んでほしいと考えます」

と胡亥に対して不満を漏らすのではなく、死が近づいているにも関わらず、

天下経営の方法について教えます。

この言葉を聞いた使者は「いや。陛下に伝えないから。早く自害しちゃって。」と催促。

蒙恬はこの言葉に怒りを感じるどころか絶望してしまいます。

その後彼は呆然として、目の前に置かれている毒を飲んで亡くなってしまいます。

 

春秋戦国ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

史記は蒙恬が死の間際に「私が今の状況に陥ったのは、

長城を一万里作ってしまった時に、地脈を断ってしまったからだ。」

と言ってから毒を飲んでなくなったと記しております。

史記を書いた司馬遷はこの言葉に対して「天下統一直後、人民は荒れ果て疲弊していた。

にも関わらず蒙恬は始皇帝の命令を粛々と受けて、長城建設工事を開始。

そして自分の功績をあげるために行ったこの事業が完成するのだが、

蒙恬が名将なれば始皇帝の命令を拒否して、人民の疲弊を回復することに務めるべきである。

この事を怠った蒙恬は殺害されても仕方がない。決して地脈のせいではないだろう。」と

なかなか厳しい批判を記しております。

「今回の春秋戦国のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 竹林の七賢 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?
  2. 孫権の遺言で丞相に就任する諸葛恪 呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!?
  3. 徳川慶喜(幕末) 徳川慶喜は「家康の再来」と言われる程すごい人だったの!?
  4. 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう…
  5. はじめての三国志 画像準備中 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった?
  6. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実で…
  7. 于禁、曹操、青州兵 曹操が大好きだった忠義の人物を勝手にランキング化してみるよ
  8. 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 酒を飲む曹操、劉備、孫権
  2. 関羽と周倉
  3. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  4. 甄氏(しんし)
  5. 三国志 人気武将ランキング
  6. 曹操VS孫権 R2
  7. 曹操を見捨てない丁氏と卞氏
  8. 唐周(とうしゅう)

おすすめ記事

  1. 【冷気骨に徹る】秋風五丈原、そんなに寒かったの? 孔明のテントがある野外のシーン
  2. 【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの? 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  3. 坂本龍馬の身長は?本当は大きくないの? 坂本龍馬チビ説
  4. 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【10/10〜10/16】
  6. 毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは?

三國志雑学

  1. 三国志の地図
  2. 五虎大将軍の趙雲
  3. 諸葛瑾と幼い頃の孔明


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 五虎大将軍の趙雲
  2. 蒼天航路
  3. 袁術と呂布
  4. 呉の周瑜、孫策、程普
  5. 赤兎馬にまたがる呂布
  6. 郭嘉 vs 法正

おすすめ記事

孫権 劉備 対立 狼中年劉備、もっともらしい事を言って孫権を欺く 徳川家定 徳川家定はどんな人?障害を乗り越え必死に頑張った13代将軍の素顔 側室の女性達を励ます甄氏 大学者鄭玄の下女達の会話は高学歴だった 部下をいじめる曹丕 なんか意地悪なイメージがあるけど、曹丕って実際どんな人だったの? 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに馬超を追加しました 野球をする呂布、孔明、劉備 呂布が徐州戦で実力を発揮したら三国時代の到来は無かったのではないか? 【1周年記念】厨二病中年、石川克世とはどんな人物か? 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.1

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP