三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣




劉邦おんぶ 優秀な人材

 

前漢初代皇帝である高祖・劉邦には多くの家臣がおりました。

彼の配下には智謀の士と言われる陳平や張良

兵を指揮させたら誰にも負けない自信家・韓信など多士済々でした。

そんな劉邦の家臣の中で誰に対しても言葉を選ばず直球で語る人物がおりました。

彼の名を周昌(しゅうしょう)といいます。

彼は一体どんな人物であったのでしょうか。

 

関連記事:40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




劉邦の古参の臣として活躍

劉邦 竹 冠

 

周昌は兄・周苛(しゅうか)とともに沛(はい)で育ちます。

始皇帝が亡くなると天下が乱れ、劉邦が沛を基盤にして独立します。

この時兄とともに彼も劉邦軍に加わり、一緒に闘っていきます。

その後兄・周苛は御史大夫(ぎょしだいふ)に任命されますが、

滎陽城攻防戦の時に劉邦の身代わりになって項羽に殺害されてしまいます。

周昌は兄の跡を継いで御史大夫の位に任命されることになります。




劉邦に「夏の桀王、殷の紂王のようだ」と手厳しい批判を述べる

 

陳平 劉邦

 

彼は沛の頃から誰に対しても物怖じせずに言いたいことをはっきりと言っていた人物で、

沛出身の簫何(しょうか)曹参(そうさん)夏侯嬰(かこうえい)から一目置かれておりました。

そんな彼は劉邦が天下統一を成し遂げたある日、劉邦に用事があって彼の元に参内します。

劉邦は周昌が来たときにちょうどリラックスしており、側室の姫を傍においている時でした。

間が悪い時に来たと感じた周昌は急いでその場を後にします。

劉邦は周昌を追いかけて「お前。今の俺をどう思う」と尋ねます。

すると彼は「今の陛下は夏王朝の桀王(けつおう)、

殷の紂王のような振る舞いをされております。」と手厳しい批判を行います。

普通ならこのような暴虐な君主に見えると言われたら誰でも激怒し、

処断されてしまいます。

しかし配下からも一目置かれている存在で、劉邦自身も彼を信頼していることから、

この言葉を聞いても激怒することなく一言「そうか」と相槌を打つのみでした。

 

廃嫡問題発生

劉邦

 

劉邦は天下統一後は、

正妻である呂雉よりも若くて美しい戚姫(せきき)と言われる女性を気に入っておりました。

彼は常に彼女を傍らにおいてついに彼女は劉邦の子を身ごもります。

その後戚姫は無事に男の子を出産。

劉邦はこの戚姫が生んだ子供を自らの後継にしたいと考えて、

家臣達に「現在の太子を廃して、戚姫の生んだ男の子を太子にしたいと考えているが、

皆はどう思う」と尋ねます。

すると漢帝国樹立に貢献した功臣達は一斉に反対。

しかし劉邦はこの反対を全く気にすることなく太子を廃して、戚姫の生んだ子供を太子にしようと

準備を行っていきます。

呂雉は自分の息子がこのままでは皇帝になれないかも知れないと考え、

智謀の士として天下にその名を轟かせた張良に助言を仰ぎます。

すると張良は呂雉へ「劉邦が招こうとした学者たちを嫡男である太子に招かせて、

学問の師として厚遇すれば太子廃立を防ぐことが出来るでしょう」と呂雉に助言。

この助言を聞いた呂雉は張良の助言通りに行動して、太子廃立は防がれることになります。

 

周昌のストレートな言葉

劉邦

 

周昌は太子廃立問題が発生すると劉邦へ「私は無学で、あんまり言葉を知りません。

しかし無学な私でも一つだけ分かることがあります。

それは一度決めた太子を廃立することが良くないことです。

これは絶・・・・対良くないので、行わないでください。

もし太子・・・・廃立が行われたとしてもわた・・・・しは従いません」と吃りながらも激怒。

この言葉を聞いた劉邦は周昌の言葉を聞いて笑い出してしまいます。

だが周昌の怒りの抗議も決め手となって太子廃立は行われることはありませんでした。

 

前漢時代ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

呂雉は会議の席で周昌の言葉を伝え聞きます。

その後呂雉は周昌の元へ行き、「あなたのおかげで、

嫡男は太子を廃立されることはありませんでした。ありがとうございます。」

と周昌の向かって頭を下げて感謝の意を伝えたそうです。

「今回の前漢時代のお話はこれでおしまいにゃ

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう

それじゃあまたにゃ~」

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 信長ジェラる?高松城水攻めからの甲州征伐の流れが完璧すぎる
  2. 仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた…
  3. 【春秋戦国時代】時代の主人公であった魏の文侯の厳選エピソード
  4. 盧毓(ろいく)とはどんな人?魏の逃亡兵を規制する法律に「待った」…
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十七話「消された種子島」…
  6. 呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!?
  7. 信陵君(しんりょうくん)はどんな人?生まれ故郷を救うために舞い戻…
  8. 【英雄亡き三国志の見どころ】司馬師vs王基の壮絶な舌戦:勝利の軍…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察
  2. 丁奉(ていほう)ってどんな人?呉の混乱期において、呉を支えた重臣
  3. 三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説
  4. 張裔(ちょうえい)とはどんな人?あぶねぇ~もう少しで呉の文官になりかけた政治家
  5. 3連休に三国志の美少女たちを放置プレイしない?三国志系ゲーム『放置少女』
  6. 【ざっくり解説】開国と攘夷って一体どういう思想なの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる! 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超人の秘密! 山内容堂は鯨の如く酒を飲んでいたって知ってた!? 暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた! 朝まで三国志201 観客2 モブでブーイング 【中国人民激白】劉備が鬼畜すぎたから徐庶は離れた 三国志の将軍たちは家族サービスできていたの?三国時代の軍生活 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/24〜7/31】 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった!

おすすめ記事

  1. 【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(りゅうよう)
  2. 劉備の養子・劉封(りゅうほう)はなぜ殺されねばならなかったの?
  3. 【お知らせ】全記事一覧(アーカイブ)機能を追加しました!
  4. 134話:頑固な忠臣、張昭と孫権の対立がシュール
  5. 【お知らせ】はじめての三国志が有料記事の単品販売を開始 三国志をより深く知る 特集noteバナー(有料)
  6. 盧毓(ろいく)とはどんな人?魏の逃亡兵を規制する法律に「待った」をかけた政治家
  7. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編
  8. 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP