広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

前漢

【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介

この記事の所要時間: 223




赤兎馬と武霊王

 

李広利は武帝から汗血馬をいっぱい持っている大宛国(だいえんこく)を攻略して、

奪って来いと命じられます。

李広利は軍勢を率いて大苑へ向かいますが、食糧不足が途中で深刻な状態になります。

さらに彼に軍略の才能が乏しかったこともあり、

大苑の拠点である郁成城を攻略することができず、大苑軍の猛反撃をくらい敗北。

彼は武帝に食料の補給と援軍をくれるようにお願いします。

武帝はこの願いを聞き入れて彼にたっぷりと食料を与えて再度、

大苑攻略へ向かうように指示を出します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ




李広利に援軍と食料を補強

24-9_李広利

 

武帝は李広利の敗北原因を聞いて一度は激怒しますが、

彼の言うことも最もであると考え直し、李広利に援軍と食料補給を行います。

しかし李広利に補給を行った時、漢の国は匈奴軍に敗北しており、

群臣達は匈奴の漢攻撃に備えるため、

大宛攻略はしない方がいいのではないかと武帝に進言しておりました。

だが武帝はこの進言を取り上げず李広利へ使者を出し

「お前の言うとおり援軍と食料の補給を行ったのだ。

再度敗北して汗血馬を手に入れることができなければどうなるかわかっているだろうな」と

使者に伝言を託して彼の元へ送ります。

李広利は武帝の言葉を聞き大いに恐怖。

汗血馬を必ず手に入れることを武帝へ誓います。




李広利の大進撃

空 f

 

李広利は大宛へ向かって軍を出発させます。

大宛と漢の間にある小国は漢の軍勢をみると城門を開いて彼らを向かい入れます。

こうして小国を次々と降伏させながらついに大苑の首都に到着。

彼は大宛の軍勢が迎撃に出るとこの軍勢を撃破して、大苑を包囲。

さらに李広利は大苑の城を早く陥落させようと水の流れを代えて大苑城にこもる

兵士達に水の補給を行わせないようにします。

 

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

関連記事:【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?

 

大宛の王を代えて漢と和睦を図る

多様化が進む蜀の国

 

李広利は大宛を包囲すること一ヶ月以上が経過します。

その間に彼は大宛の外城を陥落させて、残るは王宮のある内城のみとなります。

大苑の高官達は外城が漢軍によって攻略されると大いに驚き今後の対策を検討。

その結果、大宛の王が原因で今に至ってる状態に気づきます。

また漢は大宛の宝である汗血馬を手に入れるためにせめて来ていることを知ります。

この二つの原因によって大宛の危機が訪れていることを知った彼らは、

まず大苑王を殺害し次世代の王を立てます。

そして大宛にある汗血馬を漢軍に好きな馬を選んでもらって渡すことで和睦を図ろうと考えます。

 

汗血馬ついにget

24-10_汗血馬を手に入れる李広利

 

李広利は大宛から和睦の話を聞かされます。

彼は副将達へ「大宛が王の首と汗血馬を提供するゆえ、和睦して欲しいと使者が参ったが

どう対応すればよいであろうか。」と相談。

この相談を受けた副将は「情報によると大宛の城では井戸を掘り、

水を補給しようとしているそうです。水さえ城内で補給されれば大宛の城には食料も大量に

あるため長期の篭城戦が行えることでしょう。

さらに他の西国の国々へ使者を出して援軍が大宛にやってくれば、

漢軍の勝利は難しいと考えます。

ここは大宛の王の首と汗血馬で大宛と和睦したほうがいいのではないのでしょうか。」と

提案します。

この意見を聞いた李広利は賛成し、大宛と和睦することにします。

そして大宛から3頭の汗血馬と汗血馬の牝馬を3000頭ほど譲り受け、漢に帰国することにします。

こうして李広利はなんとか武帝の望みである汗血馬を手にれることに成功するのです。

 

前漢ライター黒田廉独り言

黒田廉さん02a

 

武帝は李広利が汗血馬を連れて帰ってくると大喜びではしゃぎます。

そして李広利には侯の位をさずけてその苦労に報いることにします。

武帝の喜びはすごく、大宛遠征に参加した将校や兵士達にも褒美を与えております。

こうして武帝の夢であった汗血馬を手に入れます。

そして漢にとって一番の功績であったのは西にある国々へ行けるようになることでした。

西の国との国交を交えて様々なものが漢へ入ってくることになるのです。

「今回の前漢のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でおあいしましょう。

それじゃあまたにゃ~。」

 

関連記事:【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊の編成や武器なども徹底解説

関連記事:将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最…
  2. 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心
  3. 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える
  4. 豊臣秀頼(とよとみひでより)は本当に豊臣秀吉の息子なの?
  5. 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと?
  6. 崔琰(さいえん)は曹操に仕える前はいったい何をしていたの?
  7. 【第一回 放置少女】美少女達と一緒に三国志の世界を体感しよう!!…
  8. 【キングダムの登場人物の子孫達】東晋時代の王賁の子孫の政治手腕と…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【日本史の嘘】長篠の合戦は鉄砲三段撃ちのワンサイドゲームでは無かった?
  2. 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介
  3. かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生
  4. 魏冄(ぎぜん)とはどんな人?政治・軍事両方で大活躍した秦の名宰相
  5. 【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?
  6. 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた司馬懿仲達はどんな人だったの? 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見事に統治した名政治家 【危険】謀略の天才だった陳平の批判がエグすぎる 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【8/1〜8/7】 10話:実は、最初から作戦に失敗していた黄巾賊

おすすめ記事

  1. 面白いのに何故かアクセスが少ない記事まとめ【2016年総集編】
  2. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる
  3. 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?
  4. 【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽
  5. よりぶりんって、何者?
  6. 満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み続けた司令官
  7. 【キングダム】残念!ファルファルおじさん騰 死亡のお知らせ
  8. 100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP