よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?

この記事の所要時間: 252




赤兎馬

 

呂布(りょふ)関羽(かんう)には赤兎馬(せきとば)

項羽(こうう)には騅(すい)豪傑には名馬が似合います。

 

どちらも千里を駆けると謳われた名馬ですが、

あえて比べてみるとどっちが凄いでしょう?

 

はじさんでは、名馬対決として、この両者を比べてみます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

 

 

赤兎馬VS騅、能力勝負

赤兎馬 呂布

 

赤兎馬は、呂布伝によると、城を駆け抜け、掘を飛び越えるとして、

かなり身体能力が高い馬であるとされています。

 

赤兎馬の子孫と考えられるアハルテケにも、障害物競技に適した馬が

いる事から、身体能力は抜きん出ていたと言えるでしょう。

 

一方の騅は、項羽の馬というだけで、これという身体能力の高さを示す逸話はありません。

 

ただ、項羽自身の言葉として、この馬に乗って5年、向かう所敵なし

千里を走る名馬だと語っている所から、勇敢で速度は速かった

という事になるかと思います。

 

しかし、具体的な身体能力が記載されている分で、能力勝負は

赤兎馬の勝ちという事になるでしょう。

 

 

赤兎馬VS騅、色対決

三国志 白馬

 

赤兎馬は、名前から赤いイメージがありますが、

体が赤い馬というのは、自然界では誕生しないようです。

 

ですので、汗血馬の名称の通り、汗が赤い色をしていたか、

あるいは、たてがみが赤かったか、、

 

または、京劇の影響から顔の赤い関羽のイメージにあやかり、

赤い色という事になったかではないか?と思います。

 

一方の騅は、漢字そのものが色を示していて、青みがかる白を意味し

後漢書の釋畜(しゃくちく)云にも、「蒼白雑毛,騅也」とある事から、

青白い馬であったという事が記録されています。

 

騅は烏騅(うすい)と書かれる事もあり、これだと黒馬になりますが

後漢書や、史記には烏騅という表記はない事から、

これは後世の創作だと考えられます。

 

色対決では、はっきりと色についての記述が残る騅の勝ちですね。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

赤兎馬VS騅、忠義対決

関羽千里行 ゆるキャラ

 

名馬といえば、飼い主との絆も大切です。

馬は飼い主を選ぶと言われていて自分を大切にしてくれた

飼い主の事は生涯忘れる事はないという程に愛情が深い動物です。

 

赤兎馬と言えば、関羽との絆が有名で、飼い主の関羽の死後には、

餌を食べなくなり、衰弱死したと伝わります。

 

一方の騅はどうかというと、こちらも負けていません。

項羽が垓下城で漢の大軍に包囲された時、

最後の出撃の前に詠んだ歌にも騅が出てきます。

 

力は山を抜き気は世を蓋う
時利あらず騅逝かず
騅逝かざる奈何すべき
虞や虞や若を奈何せん

 

この歌の意味は、大体以下のようです。

 

山を抜く程の力、世の中を覆う程の気概を持った私だが

天は味方をしてはくれなくなった。

もう愛馬の騅も動こうとはしない。

これでは、どうして戦う事が出来ようか?

虞よ虞美人よ、君をどうすればいいだろうか

 

このように項羽は、劉邦の漢軍に追い詰められ、

愛馬の騅も疲れ果てて動かないという状況を切々と歌い、

愛人である虞美人をどうすればいいのか?

と強く嘆いています。

 

翌朝、最後の突撃に打って出た項羽は、雲霞のごとき

漢軍を突き崩し、遥か長江のほとりまで逃げのびます。

 

そこで、項羽を慕って船で待っていた呉中(ごちゅう:項羽と項梁が旗揚げした土地)

の亭長に、もう一度、呉中に渡って再起する事を持ちかけられますが、

項羽は感謝の言葉を残して断り、亭長には「乱戦で殺すに忍びない」として

愛馬の騅を与えています。

 

そして自身は、僅かな兵士と共に漢軍の只中に飛び込み壮烈な戦死を遂げるのです。

 

しかし、ドラマはまだ終わっていませんでした。

呉中の亭長の船に乗せられた騅は、項羽の危機を感じ取ると、

船の上で暴れ、一鳴きして長江に飛び込みました。

 

そして、項羽と別れた河岸に向かって泳ぎ続けますが、

途中で力尽き溺死してしまったという事です。

 

 

三国志ライターkawausoのヒヒ―ン判定

kawauso 三国志

 

偉大な武人を背に乗せた事で、歴史に記録が残る赤兎馬と騅、

身体能力では赤兎馬が秀でていますがその主人を思う心情の深さにおいては、

長江に飛び込んでまで項羽を助けようとした騅には及びません。

 

よって、三国志ライターkawausoの独断と偏見で4対6で名馬対決は、

項羽の愛馬、騅の勝ちと致します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬

関連記事:呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない

関連記事:はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. はじめての三国志 4コマ劇場 「難攻不落の門」
  2. 劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった?
  3. 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術
  4. 壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング
  5. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編
  6. 【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負
  7. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  8. 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?
  2. kawauso編集長のぼやきVol.14「三国志冬の時代」
  3. みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!
  4. 桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【8/8〜8/14】
  6. 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

江藤新平と大久保利通、明治時代の権力闘争 【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは信長の幸運と反攻作戦にあった! 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって幕を閉じたの? 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1 三国志時代にもダジャレがあった?蜀の王平(おうへい)は異民族から「ヘイ!!OH様」と呼ばれていた 何で賈詡は董卓残党を奮起させて王允の政府を破壊したの? 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかしエピソード 濮陽の戦い編 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?

おすすめ記事

  1. 舜水樹(しゅんすいじゅ)は実在したの?李牧の右腕は史実通りなのか?
  2. 関羽を倒さなかった黄忠に、よかミカンが異議アリ?
  3. 張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の重臣
  4. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.3
  5. 王淩(おうりょう)とはどんな人?魏の忠臣として、司馬家の専横を許さなかった知勇兼備の将
  6. 土方歳三に妻はいたの?モテモテ副長は独身主義
  7. 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠
  8. 世説新語の「荀巨伯のお見舞い」の友情話が熱い!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP