朝まで三国志軍師
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

はじめての変

【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?

この記事の所要時間: 243

赤兎馬

 

呂布(りょふ)関羽(かんう)には赤兎馬(せきとば)

項羽(こうう)には騅(すい)豪傑には名馬が似合います。

 

どちらも千里を駆けると謳われた名馬ですが、

あえて比べてみるとどっちが凄いでしょう?

 

はじさんでは、名馬対決として、この両者を比べてみます。

 

関連記事:衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

 

 

赤兎馬VS騅、能力勝負

赤兎馬 呂布

 

赤兎馬は、呂布伝によると、城を駆け抜け、掘を飛び越えるとして、

かなり身体能力が高い馬であるとされています。

 

赤兎馬の子孫と考えられるアハルテケにも、障害物競技に適した馬が

いる事から、身体能力は抜きん出ていたと言えるでしょう。

 

一方の騅は、項羽の馬というだけで、これという身体能力の高さを示す逸話はありません。

 

ただ、項羽自身の言葉として、この馬に乗って5年、向かう所敵なし

千里を走る名馬だと語っている所から、勇敢で速度は速かった

という事になるかと思います。

 

しかし、具体的な身体能力が記載されている分で、能力勝負は

赤兎馬の勝ちという事になるでしょう。

 

 

赤兎馬VS騅、色対決

三国志 白馬

 

赤兎馬は、名前から赤いイメージがありますが、

体が赤い馬というのは、自然界では誕生しないようです。

 

ですので、汗血馬の名称の通り、汗が赤い色をしていたか、

あるいは、たてがみが赤かったか、、

 

または、京劇の影響から顔の赤い関羽のイメージにあやかり、

赤い色という事になったかではないか?と思います。

 

一方の騅は、漢字そのものが色を示していて、青みがかる白を意味し

後漢書の釋畜(しゃくちく)云にも、「蒼白雑毛,騅也」とある事から、

青白い馬であったという事が記録されています。

 

騅は烏騅(うすい)と書かれる事もあり、これだと黒馬になりますが

後漢書や、史記には烏騅という表記はない事から、

これは後世の創作だと考えられます。

 

色対決では、はっきりと色についての記述が残る騅の勝ちですね。

 

 

赤兎馬VS騅、忠義対決

関羽千里行 ゆるキャラ

 

名馬といえば、飼い主との絆も大切です。

馬は飼い主を選ぶと言われていて自分を大切にしてくれた

飼い主の事は生涯忘れる事はないという程に愛情が深い動物です。

 

赤兎馬と言えば、関羽との絆が有名で、飼い主の関羽の死後には、

餌を食べなくなり、衰弱死したと伝わります。

 

一方の騅はどうかというと、こちらも負けていません。

項羽が垓下城で漢の大軍に包囲された時、

最後の出撃の前に詠んだ歌にも騅が出てきます。

 

力は山を抜き気は世を蓋う
時利あらず騅逝かず
騅逝かざる奈何すべき
虞や虞や若を奈何せん

 

この歌の意味は、大体以下のようです。

 

山を抜く程の力、世の中を覆う程の気概を持った私だが

天は味方をしてはくれなくなった。

もう愛馬の騅も動こうとはしない。

これでは、どうして戦う事が出来ようか?

虞よ虞美人よ、君をどうすればいいだろうか

 

このように項羽は、劉邦の漢軍に追い詰められ、

愛馬の騅も疲れ果てて動かないという状況を切々と歌い、

愛人である虞美人をどうすればいいのか?

と強く嘆いています。

 

翌朝、最後の突撃に打って出た項羽は、雲霞のごとき

漢軍を突き崩し、遥か長江のほとりまで逃げのびます。

 

そこで、項羽を慕って船で待っていた呉中(ごちゅう:項羽と項梁が旗揚げした土地)

の亭長に、もう一度、呉中に渡って再起する事を持ちかけられますが、

項羽は感謝の言葉を残して断り、亭長には「乱戦で殺すに忍びない」として

愛馬の騅を与えています。

 

そして自身は、僅かな兵士と共に漢軍の只中に飛び込み壮烈な戦死を遂げるのです。

 

しかし、ドラマはまだ終わっていませんでした。

呉中の亭長の船に乗せられた騅は、項羽の危機を感じ取ると、

船の上で暴れ、一鳴きして長江に飛び込みました。

 

そして、項羽と別れた河岸に向かって泳ぎ続けますが、

途中で力尽き溺死してしまったという事です。

 

 

三国志ライターkawausoのヒヒ―ン判定

kawauso 三国志

 

偉大な武人を背に乗せた事で、歴史に記録が残る赤兎馬と騅、

身体能力では赤兎馬が秀でていますがその主人を思う心情の深さにおいては、

長江に飛び込んでまで項羽を助けようとした騅には及びません。

 

よって、三国志ライターkawausoの独断と偏見で4対6で名馬対決は、

項羽の愛馬、騅の勝ちと致します。

 

関連記事:赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬

関連記事:呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない

関連記事:はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】

 

 

こちらの記事もよく読まれています

悲劇の英雄 項羽1

 

よく読まれてる記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

 

呂布 あっけない 最後

 

よく読まれてる記事:呂布の裏切りについて考察してみた

 

裏切り 呂布

 

よく読まれてる記事:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 鍾会の蜀討伐案と羊祜の呉討伐案の違いってなに?
  2. その裏切りはちょっと!!三国志の裏切りベスト10
  3. 周瑜の名言から知る三国志の世界「人生れれば死あり。修短は命なり」…
  4. 騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍
  5. 匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード
  6. よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く
  7. 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操?
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性
  2. 管輅(かんろ)とはどんな人?全ての占いを極めた天才占い師
  3. 楊阜(ようふ)はどんな人?馬超へ復讐することを誓った魏の報復者
  4. 龐統(ほうとう)ってどんな人?|孔明とは頭脳以外全て正反対
  5. アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 Part.2 高麗の栄光の為、父を裏切れ
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/27〜7/3】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司になる方法 蜀は龍を。呉は虎を。魏は狗をで知られる諸葛誕の一族が一番優秀だった!? 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書 ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?後編 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟 三国志・無双アクションRPGの究極を目指す!『極無双 -GOKUMUSO-』の事前登録が開始! みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

おすすめ記事

  1. 【はじ三グッズ】可愛い郭嘉の手帳型スマホケース(iPhone/Android対応)発売開始
  2. 【徹底追及】劉備はどうしてあんないい加減な性格なのか?
  3. まだ漢王朝で消耗してるの?第4話:九品官人法 陳羣(ちんぐん)
  4. 陳矯(ちんきょう)とはどんな人?忠誠心と優れた決断力を持っていた魏の文官
  5. 【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャンスを失ってしまう
  6. 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師
  7. 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる
  8. 張羨(ちょうせん)とはどんな人?天下分け目の荊州合戦、劉表と争った南郡の支配者

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP