春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

はじめての変

【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?

この記事の所要時間: 243

赤兎馬

 

呂布(りょふ)関羽(かんう)には赤兎馬(せきとば)

項羽(こうう)には騅(すい)豪傑には名馬が似合います。

 

どちらも千里を駆けると謳われた名馬ですが、

あえて比べてみるとどっちが凄いでしょう?

 

はじさんでは、名馬対決として、この両者を比べてみます。

 

関連記事:衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

 

 

赤兎馬VS騅、能力勝負

赤兎馬 呂布

 

赤兎馬は、呂布伝によると、城を駆け抜け、掘を飛び越えるとして、

かなり身体能力が高い馬であるとされています。

 

赤兎馬の子孫と考えられるアハルテケにも、障害物競技に適した馬が

いる事から、身体能力は抜きん出ていたと言えるでしょう。

 

一方の騅は、項羽の馬というだけで、これという身体能力の高さを示す逸話はありません。

 

ただ、項羽自身の言葉として、この馬に乗って5年、向かう所敵なし

千里を走る名馬だと語っている所から、勇敢で速度は速かった

という事になるかと思います。

 

しかし、具体的な身体能力が記載されている分で、能力勝負は

赤兎馬の勝ちという事になるでしょう。

 

 

赤兎馬VS騅、色対決

三国志 白馬

 

赤兎馬は、名前から赤いイメージがありますが、

体が赤い馬というのは、自然界では誕生しないようです。

 

ですので、汗血馬の名称の通り、汗が赤い色をしていたか、

あるいは、たてがみが赤かったか、、

 

または、京劇の影響から顔の赤い関羽のイメージにあやかり、

赤い色という事になったかではないか?と思います。

 

一方の騅は、漢字そのものが色を示していて、青みがかる白を意味し

後漢書の釋畜(しゃくちく)云にも、「蒼白雑毛,騅也」とある事から、

青白い馬であったという事が記録されています。

 

騅は烏騅(うすい)と書かれる事もあり、これだと黒馬になりますが

後漢書や、史記には烏騅という表記はない事から、

これは後世の創作だと考えられます。

 

色対決では、はっきりと色についての記述が残る騅の勝ちですね。

 

 

赤兎馬VS騅、忠義対決

関羽千里行 ゆるキャラ

 

名馬といえば、飼い主との絆も大切です。

馬は飼い主を選ぶと言われていて自分を大切にしてくれた

飼い主の事は生涯忘れる事はないという程に愛情が深い動物です。

 

赤兎馬と言えば、関羽との絆が有名で、飼い主の関羽の死後には、

餌を食べなくなり、衰弱死したと伝わります。

 

一方の騅はどうかというと、こちらも負けていません。

項羽が垓下城で漢の大軍に包囲された時、

最後の出撃の前に詠んだ歌にも騅が出てきます。

 

力は山を抜き気は世を蓋う
時利あらず騅逝かず
騅逝かざる奈何すべき
虞や虞や若を奈何せん

 

この歌の意味は、大体以下のようです。

 

山を抜く程の力、世の中を覆う程の気概を持った私だが

天は味方をしてはくれなくなった。

もう愛馬の騅も動こうとはしない。

これでは、どうして戦う事が出来ようか?

虞よ虞美人よ、君をどうすればいいだろうか

 

このように項羽は、劉邦の漢軍に追い詰められ、

愛馬の騅も疲れ果てて動かないという状況を切々と歌い、

愛人である虞美人をどうすればいいのか?

と強く嘆いています。

 

翌朝、最後の突撃に打って出た項羽は、雲霞のごとき

漢軍を突き崩し、遥か長江のほとりまで逃げのびます。

 

そこで、項羽を慕って船で待っていた呉中(ごちゅう:項羽と項梁が旗揚げした土地)

の亭長に、もう一度、呉中に渡って再起する事を持ちかけられますが、

項羽は感謝の言葉を残して断り、亭長には「乱戦で殺すに忍びない」として

愛馬の騅を与えています。

 

そして自身は、僅かな兵士と共に漢軍の只中に飛び込み壮烈な戦死を遂げるのです。

 

しかし、ドラマはまだ終わっていませんでした。

呉中の亭長の船に乗せられた騅は、項羽の危機を感じ取ると、

船の上で暴れ、一鳴きして長江に飛び込みました。

 

そして、項羽と別れた河岸に向かって泳ぎ続けますが、

途中で力尽き溺死してしまったという事です。

 

 

三国志ライターkawausoのヒヒ―ン判定

kawauso 三国志

 

偉大な武人を背に乗せた事で、歴史に記録が残る赤兎馬と騅、

身体能力では赤兎馬が秀でていますがその主人を思う心情の深さにおいては、

長江に飛び込んでまで項羽を助けようとした騅には及びません。

 

よって、三国志ライターkawausoの独断と偏見で4対6で名馬対決は、

項羽の愛馬、騅の勝ちと致します。

 

関連記事:赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬

関連記事:呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない

関連記事:はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】

 

 

こちらの記事もよく読まれています

悲劇の英雄 項羽1

 

よく読まれてる記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

 

呂布 あっけない 最後

 

よく読まれてる記事:呂布の裏切りについて考察してみた

 

裏切り 呂布

 

よく読まれてる記事:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう!
  2. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  3. 羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で…
  4. 【はじめての孫子】第7回:凡そ戦いは、正を以て合い、奇を以て勝つ…
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/5〜12/…
  6. 朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支…
  7. どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの?
  8. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画
  2. 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる
  3. 笮融(さくゆう)とはどんな人?中国初仏教群雄として歴史に名を刻んだ後漢の武将
  4. 秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!?
  5. やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくうん)ってどんな人?
  6. 銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人? 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操 趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした猛将 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」 【曹操軍と劉備軍】部下と君主関係の違いって一体どこら辺から? 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗) 東方明珠のへなちょこ長安旅行記 その4

おすすめ記事

  1. 董卓は実は名将軍であるという根拠
  2. 荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた
  3. 曹操には弱点はないの?
  4. 文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こういう所が大違い?
  5. 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する
  6. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【10/3〜10/9】
  8. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP