朝まで三国志悪
北伐




はじめての三国志

menu

はじめての変

【マイナー武将列伝】賈詡は有名だけどご主人の張繍って誰?

この記事の所要時間: 211




賈詡

 

賈詡(かく)

曹操軍に加わってから大いにその才能を発揮して、

曹操軍の軍師として知っている人も多いかと思います。

しかし曹操軍に加わる前にご主人である張繍(ちょうしゅく)を知っている人はあまりいないでしょう。

今回はマイナー武将列伝第一弾である張繍をご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




あいつは義を知っている人だ

 

張繍は涼州(しょうりゅう)武威(ぶい)出身の人で張済(ちょうせい)の甥にあたる人物です。

彼は金城で役人をしておりましたが韓遂(かんすい)らが反乱を起こした際、

上司である劉儁(りゅうしゅん)が殺害され、

金城は韓遂の反乱に呼応した賊によって乗っ取られてしまいます。

この時張繍は上司を殺害して呼応した賊の当主を殺害して金城を救い出すことに成功。

そのため金城の民衆達は「張繍は上司である劉儁を殺害した賊を殺して仇を討った。

あいつは義を知っている人物だ。」と彼を褒め称えます。




張済に従って軍功を挙げる

呂布

 

張繍はその後叔父である張済に従って董卓を討った呂布を討伐する戦に参加。

この戦で張繍は軍功を挙げその後も張済に従って戦に参加し軍功を挙げていき、

将軍の位と侯の位を貰うことになります。

 

張済の跡をついで当主に

 

張済はその後董卓の残党である李傕や郭汜達とは距離をおいて、

弘農(こうのう)に駐屯していました。

しかし配下の兵士達の食料が不足してきた為、

劉表の領土である穰(じょう)へ攻撃を仕掛けて兵糧を手に入れようと計画を立てます。

しかし張済はこの戦いで亡くなってしまい、張繍が張済の跡を継ぐことになります。

 

曹操軍を打ち破る

曹操と張繍

 

その後張繍は曹操軍が大軍を率いて南下したことがきっかけで、

曹操に降伏することになります。

彼は曹操に降伏するのですが張済の奥さんであった鄒氏が、

曹操に取られてしまったことに恨みを持っておりました。

曹操は張繍が自分に怨みを持っている事を知ると彼を殺害してしまおうと考えます。

張繍は曹操が自分を殺害しようとしていることに感づき、

彼を殺害するため軍師である賈詡の進言に従って奇襲攻撃を敢行。

この結果、曹操を討ち取る寸前まで追い詰めることに成功するのですが、

彼を討ち取ることはできませんでした。しかし曹操軍には大勝利を収めることに成功します。

 

曹操から大いに喜ばれる

曹操

 

その後も曹操軍と幾度も対峙して戦う事になる張繍。

しかし袁紹と曹操が敵対した始めた時、

袁紹から「俺の味方になりなされ」と誘われることになります。

この時張繍は袁紹の方が兵力・領土全ての点において曹操よりも強大であったため、

袁紹に味方しようと考えていたのですが、

賈詡が袁紹の使者に対して「あんたのところの君主とは組むことをしないから」と言い放ちます。

この結果、袁紹と組むことができなくなった張繍ですが、

賈詡の進言に従って曹操へ降伏することにします。

曹操は張繍が降伏してくると大いに喜び彼の手を取って、

張繍の娘と自らの息子を結婚させることにします。

こうして曹操から大いに持ち上げられた張繍は将軍の位までもらうことになり、

官渡の戦では奮闘して大活躍することになります。

 

烏桓討伐戦に参加するも・・・・

袁紹の妃06 袁尚、袁譚

 

張繍は官渡の戦いで活躍し、袁紹の息子達を討伐する戦でも大活躍します。

さらに彼は袁尚(えんしょう)・袁煕(えんき)兄弟が、

北方の烏桓族の元に身を寄せた事が原因で勃発した烏桓討伐戦にも参加。

彼はこの戦でも手柄を立てようと考えておりましたが、

病にかかってしまい亡くなってしまいます。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

もしかしたら曹操は賈詡よりも張繍に期待をかけていたのかもしれません。

その証左として曹操が降伏したばかりの張繍に将軍の位や広大な領土を与えております。

しかし張繍が亡くなると息子である張泉(ちょうせん)が跡を継ぐのですが、

魏諷が鄴で反乱に加担したことが原因で張繍の家は滅亡してしまいます。

息子が曹家へ牙をむくことになるとは張繍も思ってもいなかったでしょう。

今回はマイナー武将列伝第一弾として張繍をご紹介しました。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書1 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 連環の計って、どんな作戦?
  2. 【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題
  3. 【キングダム】王翦・王賁の血筋は楚漢戦争時代にも登場していた!?…
  4. 棗祇(そうし)とはどんな人?新しい兵糧収入法を考え曹操の覇業を支…
  5. 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてし…
  6. 衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?
  7. 盧綰(ろわん)とはどんな人?劉邦の親友でもあり辛苦を共にした男
  8. 秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かっ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【保存版】三国志に登場する兄弟をドーンと紹介!!【三國志兄弟物語】
  2. 官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?
  3. 【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し
  4. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算
  5. 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース43記事【3/13〜3/19】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!後篇 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった? 【囚われた二人の友情】匈奴に囚われた李陵と蘇武の熱き友情 12話:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝 もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えてたの? 西郷糸子はどんな人?西郷どんの3番目の妻は冗談好きのしっかり者 鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選 どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂が提案

おすすめ記事

  1. 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす
  2. 【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長
  3. 諸葛孔明の影に隠れる劉備
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第39話「虎松の野望」を振り返ろう
  5. もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】
  6. はじめての三国志 4コマ劇場 「祝融夫人の日常」
  7. 呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い
  8. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP