ログイン | 無料ユーザー登録


呂布特集
馬超


はじめての三国志

menu

はじめての変

【曹操軍と劉備軍】部下と君主関係の違いって一体どこら辺から?

藏覇(臧覇)と劉備と曹操




 

三国志一の兵力と領土、国力を有することができた曹操(そうそう)

三国志一の人気で、勇猛な将軍や天才軍師など様々な文官・武官を登用して、

曹操軍と張り合い続けてきた劉備(りゅうび)

曹操劉備ですが、部下と君主の関係にどのような違いがあるかご存知でしょうか。

ここでは曹操軍と劉備軍の君主と部下の関係性についてご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




曹操軍における君主と部下の関係性:主従関係がしっかりとしている

 

曹操軍の君主と部下の関係性の特徴的なところは曹操と部下の主従関係が、

しっかりと区切られている点です。

だれだれの子孫だから出世させてやるだとか、

勤王の志を持っているから君の進言を取り上げてやるだとかの贔屓は一切ありませんでした。

曹操軍では曹操の命令を受けた者は全力で命令遂行のために邁進していくことになっており、

曹操の命令に一定以上の成果を出すことができなければ、降格もしくはクビになってしまいます。

しかし曹操の命令に一定以上の成果を出すことができたのであれば、

出世や褒美をたんまり貰うことが可能でした。

 

 

また曹操軍の中でも曹操の血族である夏侯氏(かこうし)や

曹操の従兄弟である曹洪(そうこう)曹仁、親衛隊長であった許褚(きょちょ)達には、

感情的な結びつきもあったかと思われます。




劉備軍における君主と部下の関係性:侠気溢れた関係性

 

劉備軍における劉備と部下の関係性の特徴的なところは、

侠気溢れる関係性であったところではないでしょうか。

劉備・関羽張飛の三人は義兄弟としてともに生涯を乗り越えていく約束をしておりますし、

劉備が亡くなる間際にスーパー軍師である諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)に託した

「もし劉禅に君主たる器がなければ君が蜀の君主となるべし」と自分の息子を差し置いて、

孔明に君主となって励むべしと伝えるところはまさに侠気が溢れていないとできないでしょう。

 

曹操軍の君主と部下の関係性の一例:曹操と荀彧の関係性

 

曹操軍の主従関係の一例として曹操と荀彧の関係性を挙げたいと思います。

曹操は荀彧が自らの元に馳せ参じてきたとき大いに喜んで、

「我が子房なり」とはしゃいだそうです。

 

 

しかし曹操が愛したのは荀彧の能力であって彼の志ではありませんでした。

荀彧の志は後漢王朝を復興させることにありました。

そのため曹操が赤壁の戦いに敗北した後に、意見の食い違いが所々発生してしまいます。

一説には曹操の目指すものと荀彧の目指すものが食い違い、

曹操が荀彧を毒殺したとの説もあるくらいです。

曹操と荀彧の関係性が示すとおり曹操は主従関係をしっかりとしており、

部下を使用する側である曹操は才能のみを愛して、

部下の志までは受け入れようとしませんでした。

 

劉備軍の君主と部下の関係性の一例:劉備と関羽の関係性

 

劉備軍における侠気あふれる君主と部下の関係性の一例として、

劉備と関羽の関係性を挙げたいと思います。

関羽は劉備から荊州(けいしゅう)を任されることになりますが、

樊城(はんじょう)攻略戦の末期に同盟国であった孫呉が同盟を破棄して

荊州へ攻撃を仕掛けたため、関羽は討ち死にしてしまいます。

劉備は関羽死亡の知らせを受けると激怒して孫呉を叩き伏せるべく出陣します。

蜀と孫呉が争ったところで利益はなく、魏だけしか喜びません。

しかし劉備は自らの義兄弟が孫呉に討ち果たされたことに激怒して、

利益や損益などを一切無視して孫呉へ攻撃を仕掛けるのです。

まさに侠気溢れた行動であり、

劉備軍団の魅力あふれる特徴的な部分と言えるのではないのでしょうか。

 

関連記事:民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる

関連記事:どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂が提案

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は曹操軍と劉備軍の君主と部下の関係性についてご紹介させていただきました。

曹操軍は徹底的に主従関係を明らかにしたことで、

三国一に国土を領有することができたのでしょう。

反対に劉備軍は国土・兵力・経済などなどどこをとっても曹操軍に勝つことはできないですが、

侠気あふれる組織を作り出した事でかなり魅力的な軍団ができたように思えます。

 

参考文献 岩波書店 中国人物列伝 井波律子著など

 

 

関連記事:え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!

関連記事:人材大好きの曹操が欲しがるほどに惚れた敵将は誰?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 汗血馬を手に入れる李広利 春秋時代を代表する名君・荘王にも面白い話があった!
  2. はじめての三国志 画像準備中 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…
  3. 項羽と劉邦 【天下分け目の最終戦】広武山の戦いで勝ったほうが天下の覇者になる…
  4. 孔子 知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!
  5. もう!待ちきれない真三国無双8の発売日はいつ?
  6. はじめての三国志 画像準備中 要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客
  7. 謝夫人 孫権の妻 孫権の妃達は地味な上にあまり幸福ではなかったって本当?
  8. 呂不韋 【キングダム】呂不韋の一字千金とはどんな名言なの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 陸遜と孫権
  2. 司馬徽と劉表
  3. 村人 ショッピング
  4. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達
  5. 韓非子を読む劉禅
  6. 徐庶
  7. 陸抗

おすすめ記事

  1. 鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る 鄧艾
  2. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第9部 陸遜
  3. 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟徳の友人 若い曹操に「天下を掴むのは君だ!」と言う王儁
  4. 【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ 蒼天航路
  5. 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった! 山頂に陣を敷いた馬謖
  6. はじめての三国志 4コマ劇場 「祝融夫人の日常」

三國志雑学

  1. 袁術と呂布
  2. 陶謙と劉備
  3. 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪
  4. 孔明


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 楊端和
  2. 袁紹
  3. 鎌倉時代 服装 男女
  4. 大学と東京五輪の連携学生の通訳ボランティア いだてん
  5. 董卓

おすすめ記事

楽進にクリソツな二世将軍楽綝の最期はかなり悲惨だった!? 三国志時代の牢獄 こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介 徳川家康 狸(徳川家康)とお猿(豊臣秀吉)の外交合戦が面白い! 東京五輪のボランティア いだてん 【東京オリンピック2020】残された問題と課題とは? 真田丸 武田信玄 これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる! 豊臣秀吉 戦国時代 山崎の戦いってどんな戦いだったの?明智光秀VS羽柴秀吉が激突した戦 魏 星座大好きな幼少期の管輅 盤古はやっぱり中国最古の神だった?「天円地方」説【HMR】 キングダム キングダムネタバレ予想575話vol3王翦はどこで何をしているのか?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP