編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの?

この記事の所要時間: 219




 

後漢の名家出身の袁術(えんじゅつ)

董卓から「二袁氏を殺せば天下を取ることもできる」と

言われた実力を袁術と袁紹は持っておりました。

しかし袁紹も袁術も共に滅ぼされてしまい、

袁術に関しては群雄割拠の時代の中期頃に退場してしまいます。

なぜ袁術は董卓から高評価を受けていたのにも関わらず滅亡してしまったのでしょうか。

今回は袁術が滅亡してしまった原因をご紹介します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




袁術が滅亡した原因その1:名士勢力の取り込みに失敗したこと

 

袁術は本拠を光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の本拠地であった南陽郡(なんようぐん)で挙兵。

彼は南陽で力を蓄えて荊州(けいしゅう)や徐州(じょしゅう)へ睨みを効かせていきます。

そんな中彼は名門の名声を使って、

各地の土地の実力者である名士を取り込むために呼びかけていきます。

まず幼い頃からお友達であった徐州の陳珪(ちんけい)へ「俺のところに来ないか」と誘います。

また三公の位に就いていた張歆(ちょうきん)を父に持つ張承(ちょうしょう)・張範(ちょうはん)兄弟。

さらに後年「鶏肋(けいろく)」の諺(ことわざ)を歴史に残した楊修(ようしゅう)を息子に持つ

弘農(こうのう)の名家である楊彪(ようひょう)など各地の名士に「俺のところに来ないか」と

使者を出していました。

しかし袁術が後漢王朝(ごかんおうちょう)に代わって皇帝になろうとする野望を持っていることを

袁術から声をかけられた名士達が気づくとみんなして「あんたに仕えないし」と

言って断られてしまいます。

そのため袁術は名士からの協力を得ることができずに地盤が固まらなかったため、

本拠を転々とすることになり、戦で負けて敗北して勢力を立て直すことなく滅亡してしまうのです。



袁術が滅亡した原因その2:皇帝僭称で天下の群雄達から嫌われる

 

袁術が滅亡した原因その2として皇帝を僭称(せんしょう)したことが原因です。

彼は後漢王朝の皇帝を無視して自ら皇帝として名乗り上げてしまいます。

そのため各地の群雄は袁術のやり方に批判的になり討伐対象になってしまいます。

曹操軍の猛攻を受けてしまい領土であった南陽から逃げていくことになります。

 

 

また徐州を占領していた呂布(りょふ)の軍勢に敗北したりと

一度も敗勢から勢力を挽回することができずに淮南(わいなん)地方からも

逃亡しなくてはいけなくなってしまいます。

彼が頼ったのは従兄弟でさんざん馬鹿にしていた袁紹。

袁紹が領有している河北へ向けて逃亡を開始することになるのですが、

途中で部下に裏切られて最後は「はちみつ飲みてぇぇぇ~」と喚いて亡くなってしまいます。

 

袁術が滅亡した原因その3:贅沢のしすぎ

 

袁術は曹操軍に敗北して南陽郡を追われてから淮南(わいなん)地方へ逃亡して、

本拠地をこの地に移すことになります。

その後彼は調子づいて皇帝の位を僭称することになります。

この時、皇帝となった袁術は豪華な皇帝即位式を行い近隣の美女を集めて後宮を作ります。

また豪華な食べ物を食べて酒を飲んでいるような有様でした。

そのため袁術の本拠地である淮南地方の経済力はすぐに底を着いてしまいます。

その結果、袁術配下の武将達は彼を見捨てて逃亡していったり、

彼を裏切って曹操や孫策などの群雄に味方したりしてしまい、

袁術は勢力を保つことが出来くなってしまうのです。

 

関連記事:呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!

関連記事:【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

上記の理由が原因で袁術は自らの勢力を保つことができなくなり滅亡してしまうのです。

彼が滅んだ原因は他にも細かいところを挙げていけばいっぱい出てきますので、

上記のどれか一つを改善しても自らの勢力を保ち続けるのは難しいかもしれません。

しかし袁術が勢力を保つことができる最良の方法は従兄弟である袁紹と協力して、

各地の群雄達を討伐していくことができていれば、

かなり違った群雄割拠の時代を見せていたことでしょう。

 

参考文献 中公新書 三国志 渡邉義浩著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【曹髦編】三国最強の魏はなぜ滅びることになったの?
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第22話「虎と龍」の見どこ…
  3. 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】
  4. 益州の牧・劉璋の配下で最強の武将は誰か?魏延や黄忠を打ち破ったあ…
  5. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  6. 荀況(じゅんきょう)とはどんな人?始皇帝の法治国家の形成や李斯・…
  7. 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いら…
  8. 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 後漢の人材難極まる!火薬庫涼州の刺史がボンクラ揃い
  2. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿
  3. 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から漢中までの鉄軌道
  4. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  5. 【真・三國無双8】新キャラ周倉(しゅうそう)とはどんなキャラ?実際に存在した人?
  6. 反董卓連合軍に参加したのは、誰と誰なの?【素朴な質問】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

復讐に燃える曹操は三国鼎立を早める 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ! 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用いた名言 関羽千里行って有名だけど何なの? 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?地味だけど的確な献策を行った軍師 新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る

おすすめ記事

  1. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3
  2. 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった!
  3. 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた?
  4. 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!?
  5. 三国志時代にタイムスリップしたらあなたはどこに仕えたい?魏?呉?それとも蜀?
  6. 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)
  7. 【囚われた二人の友情】匈奴に囚われた李陵と蘇武の熱き友情
  8. 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP