広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

楊彪(ようひょう)は袁術の義弟なのになぜ董卓に殺されなかったのか?

この記事の所要時間: 244




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志四世太尉」のコーナーです。

 

 

三国志を読んでいると、「なぜだろう?」という疑問はいろいろと生まれてきますよね。

その一つに楊彪(ようひょう)がなぜ殺されなかったのか。があります。

楊彪・・・誰だっけ?何か聞いてことがあるような気がする。

という皆さまはなかなかの三国志通ですね。

ああ、あの楊脩(楊修)の父親ね、って即答できるひとは三国志マニアです。

楊彪は西暦142年生まれです。曹操や孫堅が西暦155年の生まれですから、13歳も年上になります。

亡くなったのは西暦225年のこと。

 

 

孫堅、曹操はおろか劉備もすでにこの世を去っています。

84歳までこの三国志の時代を生き抜いた長命な方です。

今回は楊彪について語っていきましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!




四世太尉の楊家

 

簡単に「四世太尉」と言っても実現しようと思ったらとても大変なことです。

四代に渡って三公の位に就くということになります。

日本で考えたら曾祖父がもと内閣総理大臣で、

祖父ももと内閣総理大臣で、父ももと内閣総理大臣で、僕も内閣総理大臣です。

っていうのに匹敵します。

まさに名門中の名門と言えるでしょう。エリート中のエリートです。

楊彪の場合は、曾祖父の楊震、祖父の楊秉、父の楊賜と三公の位に就いています。

楊彪もやはり優秀で、西暦189年に司空、同年に司徒、西暦194年に太尉と三公すべてに就任しました。

この四代をして「四世太尉」とか「四世三公」と称されます。

ちなみに楊彪を司空に任命したのはあの「董卓」です。




四世三公の袁家

 

同格の名門に汝南の袁家があります。

こちらも四代に渡り三公の位に就いた名門です。

ちなみに先ほど紹介した楊彪の父・楊賜と袁術の父・袁逢は共に霊帝の頃の三国老でした

(時期はずれているようですが)最も影響力のあった政治家だったわけです。

ここで両家の政略結婚が行われます。楊賜の子・楊彪と袁逢の娘の婚姻です。

袁逢の娘ということは袁術の妹です。こうして楊彪と袁術は義理の兄弟となるのです。

 

袁家虐殺

 

その後、朝廷を董卓が私物化します。反抗したのは袁紹や袁術でした。

国に戻って兵を挙げます。怒った董卓は都にいる袁家を虐殺するのです。

そこには三公になっている袁隗(袁逢の弟)や袁逢の長子で家督を継いでいた袁基などがいました。

袁家は三族皆殺しになっています。二十名以上の袁家一門が処刑されて都から袁家の姿は消えました。

その後、宙に浮いた袁家の家督を巡って袁紹と袁術が争うことになります。

袁家が虐殺されていくなかで、袁術の義弟の楊彪はどんな処分を受けたのでしょうか。

 

 

答えは意外なのですが、先ほどお伝えした通りに三公に任ぜられているのです。

両家の扱いはもの凄い開きがありますね。一方は処刑、一方は昇進です。

なぜでしょうか。

 

関連記事:暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた!

関連記事:中原での戦いは苦手だけど異民族討伐戦なら強い董卓

 

名士を完全に無視できなかった董卓

 

あの暴虐の王・董卓ですら名士の扱いには慎重だったのです。

天下を統べるためには彼らの強い後押しが必要だと考えたのだと思います。

董卓は暴力だけでなく、清流派の官僚をコントールすることで朝廷を我が物としたのです。

そこで利用価値の高かった楊彪は生かされたのでしょう。

長安への強硬遷都のときも楊彪は徹底的に反対していますが、

罷免されただけで命まではとられていません。

あの董卓に逆らってもまだ健在な官僚がいたとは驚きですね。

それだけ楊彪は名士たちのリーダー的存在だったということでしょう。

これは董卓が革命で死んだ後も続きます。

長安の都を押さえた董卓の残党・李傕は楊彪を太尉に任命するのです。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

長命な楊彪はその後、曹操の世になっても生き続けます。

漢が滅び、魏の曹丕の時代になっても曹丕は楊彪を三公に任命しようとしています。

まさに名士たちの代表、それが楊彪だったのですね。

しかしなぜ「五世太尉」は実現しなかったのでしょうか。

それは次回にお伝えしたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?

関連記事:極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を…
  2. ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説
  3. 禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏
  4. 関羽は味方に嫌われ孤立していた?その驚くべき理由とは?
  5. どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯…
  6. 【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどん…
  7. はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホー…
  8. 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法
  2. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.2
  3. 若かりし曹操は熱血漢
  4. 【はじさん編集部】編集長kawauso日記 第1話 KDPを出版せよ!
  5. 三国志の時代に象兵はいたの?
  6. 貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和VS孫覇

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い 黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還 周處(しゅうしょ)とはどんな人?必ず負けると分かっていながらも、戦い抜いた闘将【晋の将軍列伝】 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴 董和(とうか)とはどんな人?孔明に認められた蜀の貴重な人材 お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介! 【感謝】シミルボンにて総合ランキング1位を「はじめての三国志」が獲得しました!

おすすめ記事

  1. 実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?
  2. 111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める
  3. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス
  4. 孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも使える春秋戦国時代の名言
  5. 顔斐(がんひ)とはどんな人?まるで三国時代の都民ファースト!民衆から慕われた魏の名太守
  6. はじめての三国志 X 大戦乱!!三国志バトル
  7. 賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡の淵に叩き込んだ悪女
  8. 108話:三国志を牽引した風雲児曹操、志半ばで死ぬ

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP