ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

楊彪(ようひょう)は袁術の義弟なのになぜ董卓に殺されなかったのか?

楊彪を司空に任命させる董卓


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志四世太尉」のコーナーです。

 

 

三国志を読んでいると、「なぜだろう?」という疑問はいろいろと生まれてきますよね。

その一つに楊彪(ようひょう)がなぜ殺されなかったのか。があります。

楊彪・・・誰だっけ?何か聞いてことがあるような気がする。

という皆さまはなかなかの三国志通ですね。

ああ、あの楊脩楊修)の父親ね、って即答できるひとは三国志マニアです。

楊彪は西暦142年生まれです。曹操孫堅が西暦155年の生まれですから、13歳も年上になります。

亡くなったのは西暦225年のこと。

 

 

孫堅曹操はおろか劉備もすでにこの世を去っています。

84歳までこの三国志の時代を生き抜いた長命な方です。

今回は楊彪について語っていきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!


四世太尉の楊家

 

簡単に「四世太尉」と言っても実現しようと思ったらとても大変なことです。

四代に渡って三公の位に就くということになります。

日本で考えたら曾祖父がもと内閣総理大臣で、

祖父ももと内閣総理大臣で、父ももと内閣総理大臣で、僕も内閣総理大臣です。

っていうのに匹敵します。

まさに名門中の名門と言えるでしょう。エリート中のエリートです。

楊彪の場合は、曾祖父の楊震、祖父の楊秉、父の楊賜と三公の位に就いています。

楊彪もやはり優秀で、西暦189年に司空、同年に司徒、西暦194年に太尉と三公すべてに就任しました。

この四代をして「四世太尉」とか「四世三公」と称されます。

ちなみに楊彪を司空に任命したのはあの「董卓」です。


四世三公の袁家

 

同格の名門に汝南の袁家があります。

こちらも四代に渡り三公の位に就いた名門です。

ちなみに先ほど紹介した楊彪の父・楊賜と袁術の父・袁逢は共に霊帝の頃の三国老でした

(時期はずれているようですが)最も影響力のあった政治家だったわけです。

ここで両家の政略結婚が行われます。楊賜の子・楊彪と袁逢の娘の婚姻です。

袁逢の娘ということは袁術の妹です。こうして楊彪と袁術は義理の兄弟となるのです。

 

袁家虐殺

 

その後、朝廷を董卓が私物化します。反抗したのは袁紹や袁術でした。

国に戻って兵を挙げます。怒った董卓は都にいる袁家を虐殺するのです。

そこには三公になっている袁隗(袁逢の弟)や袁逢の長子で家督を継いでいた袁基などがいました。

袁家は三族皆殺しになっています。二十名以上の袁家一門が処刑されて都から袁家の姿は消えました。

その後、宙に浮いた袁家の家督を巡って袁紹と袁術が争うことになります。

袁家が虐殺されていくなかで、袁術の義弟の楊彪はどんな処分を受けたのでしょうか。

 

 

答えは意外なのですが、先ほどお伝えした通りに三公に任ぜられているのです。

両家の扱いはもの凄い開きがありますね。一方は処刑、一方は昇進です。

なぜでしょうか。

 

関連記事:暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた!

関連記事:中原での戦いは苦手だけど異民族討伐戦なら強い董卓


名士を完全に無視できなかった董卓

 

あの暴虐の王・董卓ですら名士の扱いには慎重だったのです。

天下を統べるためには彼らの強い後押しが必要だと考えたのだと思います。

董卓は暴力だけでなく、清流派の官僚をコントールすることで朝廷を我が物としたのです。

そこで利用価値の高かった楊彪は生かされたのでしょう。

長安への強硬遷都のときも楊彪は徹底的に反対していますが、

罷免されただけで命まではとられていません。

あの董卓に逆らってもまだ健在な官僚がいたとは驚きですね。

それだけ楊彪は名士たちのリーダー的存在だったということでしょう。

これは董卓が革命で死んだ後も続きます。

長安の都を押さえた董卓の残党・李傕は楊彪を太尉に任命するのです。


  

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

長命な楊彪はその後、曹操の世になっても生き続けます。

漢が滅び、魏の曹丕の時代になっても曹丕は楊彪を三公に任命しようとしています。

まさに名士たちの代表、それが楊彪だったのですね。

しかしなぜ「五世太尉」は実現しなかったのでしょうか。

それは次回にお伝えしたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?

関連記事:極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 魯粛と袁術 レッドクリフ超え!魯粛(ろしゅく)の知られざる逸話
  2. 君たちはどう生きるか?劉禅 劉禅の名言から窺い知る名君主ぶり!?
  3. 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠…
  4. 司馬懿と公孫淵 曹爽討伐に成功後の司馬懿の対応が神ってる
  5. 権力を使って女性とイチャイチャする夏侯楙 スキャンダルにまみれた夏侯惇の息子・夏侯楙の嘘と真実
  6. お互いに歌を交わす趙雲と劉備 【三国志平話】まるでベルばら!劉備と歌を交わしながら趙雲登場
  7. 曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな?
  8. 城の前を掃除する孔明 諸葛亮の逸話ってなに?司馬懿も恐れた孔明の逸話を紹介

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. kawauso編集長
  2. 董卓
  3. 孔明
  4. 戦死 霊柩車 槥
  5. 関帝廟 関羽
  6. 孔明
  7. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  8. キングダム55巻
  9. 茶を飲む張角(太平道)

おすすめ記事

  1. 趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る! 趙雲と孫夫人
  2. 井伊直弼とはどんな人?井伊の赤鬼は泣いた赤鬼だった
  3. 魏の重鎮・郭淮と蜀の大将軍姜維どっちが強いでしょう?? 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  4. 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!?
  5. キングダム578話最新ネタバレ「明日までに」レビュー解説 キングダム52巻
  6. 鍋島直茂(なべしま なおしげ)がスゴイ!主家乗っ取りに成功!時勢を見る目と優秀な智謀を持った肥前の名将

三國志雑学

  1. 魏延
  2. 孔明もコペルニクスに似ていた
  3. 貂蝉と呂布
  4. 袁術


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魯粛、周瑜、劉備
  2. 龐統
  3. 華雄(かゆう)
  4. 徐邈(じょばく)は曹操の禁酒令を破った
  5. 騎馬兵にあこがれる歩兵
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

太史慈 【太史慈vs夏侯淵】射術の腕前はどっちが上なの!? 太平道の祖・張角(黄巾賊) 9話:張角が太平道信者を増やした方法 はじめての三国志 画像準備中 狐偃(こえん)とはどんな人?晋の文公を覇者の地位までのし上げた宿臣 孔明 天下の奇才!?諸葛孔明とはどのような人物だったのか 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ 脾肉の嘆とは?劉備激白!「8年で20キロ太りました」 夏侯惇 夏候惇と言えば独眼竜? 蒼天航路 丁奉は蒼天航路では可愛い女の子?丁奉の仲いい人は化け物は? 馬良と孔明 馬良(ばりょう)って何した人だっけ?意外な馬良の役割と任務に迫る!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP