はじめての三国志

menu

三国志の雑学

姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【後半】

この記事の所要時間: 231




 

諸葛亮孔明の遺志を継いで、盛んに北伐を仕掛けた蜀の姜維(きょうい)

その遠征の回数は諸葛亮孔明よりも多かったといわれています。

兵糧や装備など準備もままならぬ状態で毎年のように北伐に出兵し、国力を消耗させていった姜維。

 

 

国内でも姜維に対しての怨嗟の声があがってきます。

そんななかで西暦257年、姜維は後将軍に降格した状態でまたも北伐に動きます。

その執念たるや凄まじいものです。

今回もそんな北伐の鬼・姜維にスポットライトを当てていきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【前半】




魏の内乱

 

西暦257年、魏では諸葛誕(しょかつたん)が反乱を起こしました。司馬氏の専横への対抗でした。

この機に乗じて領土拡大を図り、蜀からも魏の鵅谷、沈嶺に向けて姜維が出撃しました。

魏は鄧艾を援軍に差し向けます。

長期に渡り対陣しましたが、諸葛誕が破れたという報を聞いて姜維は撤退します。

朝廷内で姜維の北伐に賛同しているものはわずかでしたが、

そのひとりに君主・劉禅に可愛がられていた陳祇がいます。

彼は費禕亡きあとの政治のリーダーでした。

 

 

西暦258年に姜維は大将軍に復帰します。

おそらくはこの陳祇の意向を劉禅が酌んだのではないかと推測されます。

陳祇は同年に没していますが、

「姜維に軍権を一任し、蜀漢の志を遂げること」これが彼の最期の願いだったのかもしれません。

仮に大国・魏を相手に北伐を成し遂げら得る人物は蜀漢全土を見渡しても他にいませんでした。




名将・鄧艾の存在

 

姜維が大将軍に復帰できた理由として、もうひとつあげられるのが、鄧艾(とうがい)の存在です。

鄧艾は姜維の北伐を防ぐなかでメキメキと頭角を現し、鎮西将軍にまで出世していました。

西暦262年に姜維はまたも北伐に動き洮陽を攻めましたが、途中、鄧艾によって迎撃されています。

 

 

ここに至り、反姜維派が一致団結して「姜維降ろし」を試みます。

劉禅の側近の黄皓や諸葛瞻や董厥などが、

姜維の代わりに右大将軍の閻宇に軍権を移そうとしましたが、企画倒れに終わっています。

経験豊富で無敵の強さを誇る鄧艾に対し、

地理にも疎い閻宇では相手にならないことは誰の目にも明らかだったからでしょう。

蜀には他にもベテランの張翼や廖化などがいましたが、

鄧艾を上回る軍略の持ち主ではありませんでした。

他に代わる人がいない。

これが姜維大将軍復帰の一番の理由なのではないでしょうか。

 

中央からつまはじきにあう大将軍

 

大将軍とはいえ、都である成都には政敵も多く、

特に宦官の黄皓と姜維は犬猿の仲で、姜維は上奏して黄皓処刑を願い出たほどです。

内政に于頓着だった姜維は、政敵の黄皓の派閥の成長を止められず、

やがて朝廷に出向くことすらできなくなってしまいました。

こうなると大将軍など名前だけで、辺境の地でひたすら戦い続けるだけの存在です。

中央と姜維の温度差は開く一方です。

孤独な戦いを姜維は強いられることとなります。

そんな大将軍になりたいと思う人は誰もいなくなったのではないでしょうか。

 

関連記事:蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる?

関連記事:何で姜維の北伐は反発されてたのに孔明の北伐は反対されなかったの?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

西暦263年、そんな蜀の内情を知ってか、魏の相国・司馬昭は本格的に蜀征伐の軍を出撃させます。

その大将のひとりが姜維のライバル・鄧艾です。

鄧艾は巧みに姜維との戦いを避けて山越えし、成都を落として蜀を滅亡させました。

確かに蜀には鄧艾の猛攻を防げる武将はいなくなっていたのです。

結論として蜀は大将軍の器となり得る人材を育てられなかったということではないでしょうか。

姜維もそれが痛いほどわかっていて大将軍に復帰したのだと思います。

 

 

劉禅が魏に降伏する際、大将軍の姜維には相談もありませんでした。

姜維は劉禅が降伏したことを知って、驚き悲しみながら剣閣を鍾会に明け渡したのです。

蜀において大将軍の地位などさ信頼されるほどの重責ではなくなっていたのかもしれませんね。

 

みなさんはどうお考えでしょうか。

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の…
  2. 呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!
  3. 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたって…
  4. 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も…
  5. 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの?
  6. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹…
  7. 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶…
  8. 許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6
  3. 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】
  4. 孔明の愛弟子であった姜維はなぜ孔明の後継者に選ばれなかったの?
  5. 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王
  6. 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より 117話:司馬懿仲達、三国志の表舞台に出現!劉禅は劉備の後継者に。 曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚くべき理由が隠されていた! 中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説! 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期 三国志の結末(最後)ってどうなるの? 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.2 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第8部

おすすめ記事

  1. 島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島津四兄弟の闘将
  2. 杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家
  3. 蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?
  4. 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった
  5. 【告知】諸葛亮孔明 VS 韓信夢の対決実現!前夜祭の両者インタビュー
  6. 【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた?
  7. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第3部
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース27記事【2/13〜2/19】

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP