呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【天下分け目の最終戦】広武山の戦いで勝ったほうが天下の覇者になる重要な戦

項羽と劉邦




 

始皇帝の死後天下は大いに乱れ、多くの群雄が出現してきます。

その中で他の群雄を抜いて勢力を拡大したのは、戦が下手な劉邦(りゅうほう)

戦えばどんな劣勢でも跳ね返して勝ちを収めてきた項羽でした。

このふたりが天下の覇者の地位をかけて激闘を繰り広げていきます。

しかし項羽率いる楚軍は劉邦率いる漢軍を何回も打ち砕いて勝利を収めますが、

劉邦は不死鳥のごとく復活を果たします。

こうして長い戦いに終止符を打った決勝戦である広武山の戦いを今回はご紹介します。

 

関連記事:40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




秦の食料地帯を確保

 

劉邦率いる漢軍は成皋(せいこう)の北にある広武山を占領して防御工事を施し、

項羽軍を待ち受けます。

劉邦がこの地を占領したのはここに秦の時代から食料の集積地帯だったからです。

その為この地にいれば食料に困ることはなく、また楚軍が来るであろう反対側と

この広武山には断崖絶壁の溝「鴻溝」があったため容易に攻めることができない

地形で対陣するにはもってこいの場所でした。

ここに陣取った劉邦は項羽軍が来襲してくるのを待ちます。




劉邦の息の根を止める為に広武山の迎えに陣取る

 

項羽は後方攪乱していた彭越(ほうえつ)軍を蹴散らすと劉邦軍が広武山に陣取っているとの

報告を受けます。

すると彼は楚軍を率いて劉邦がいる広武山の麓を包囲して、

漢軍が山を降りられないようにすると楚軍を漢軍の反対側に陣取らせて漢軍と対峙。

こうして楚と漢の最終決戦の幕は切って落とされることになります。

 

飢える楚軍とじっと待つ漢軍

 

楚軍は食料が不足しており、

決着が一日伸びればその分だけ楚軍は飢えていく状況に陥っておりました。

その原因を作っているのは楚の補給路切断している彭越軍の存在です。

彼は項羽に蹴散らされると再び軍勢を集結させて楚軍の補給路を切断。

その結果項羽軍は本拠地である彭城(ほうじょう)からの食料補給が届かず、

軍勢は飢えていくことになります。

反対に漢軍は秦の食料貯蔵地帯である成皋を占拠していたので、

飢える心配は全くなく飽食状態でした。

項羽はこのままでは漢軍と戦わずに敗北してしまうと感じある作戦に出ます。

 

劉邦の父をまな板の上に乗せて脅迫するも・・・・

 

項羽は挑発しても戦いに出てこない漢軍を誘い出すために、

劉邦の父を素っ裸にして大きいまな板に乗せます。

そして大声で「戦いに応じないならお前の父はここで死ぬ事になるぞ」と脅迫。

しかし劉邦は「殺すなら殺せ。しかし昔懐王(かいおう)の面前でお前と義兄弟になったはずだから、

俺の父親を殺害することはお前の父を殺害することにもつながるのだぞ。」と彼を責めます。

この言葉を聞いた項羽は歯ぎしりして悔しがりながら劉邦の父を殺害することを諦めることにします。

 

劉邦の反撃

 

劉邦は項羽と戦を行っても彼との戦でまともに勝利した覚えがないので、

彼を責め立てる作戦に出ます。

劉邦は本営を出て、項羽の陣営に大声で「項羽よ貴様には10個の罪がある。

一つ目は懐王が定めた関中へ一番乗りを果たした諸侯が関中王になれる約束を破った事。

二つ目、上将軍であった宋義を殺害したこと。三つ目降伏した秦王子嬰(しえい)を殺害した・・・・。」

などの罪状を読み上げていきます。

項羽はこ劉邦の罪状を聴き終わる前に弓矢を彼に射ます。

劉邦は項羽が射た弓矢を受けてしまいその場に倒れ込んでしまいます。

しかし項羽が射た弓矢は劉邦の胸に直撃したのではなく彼の足に直撃し、

かろうじて命を喪わずに済みます。

 

長い対峙も終りを告げる

 

項羽と劉邦は広武山で長い時間対峙しておりました。

しかし劉邦の負傷によって、劉邦側から講和しようぜと項羽に持ちかけます。

この時劉邦軍の論客となっていた侯公(こうこう)の活躍によって、項羽は劉邦との講和を結び

両軍は山を去っていくことになります。

 

楚漢戦争ライター黒田レンの独り言

 

広武山の戦いは集結し、両軍は講和条件に従って下山することになります。

だが、劉邦軍の軍師である陳平と張良は劉邦に講和を破って項羽軍に攻めかけなければ、

今後楚軍に勝てる可能性は限りなくゼロになると進言。

この進言を受け入れて劉邦は講和を破って全軍に楚軍追撃を命じます。

そして垓下城の戦いへとつながっていくのです。

この広武山の戦いは講和となって両者引き分けでしたが、楚軍を大いに弱らせることに成功。

この戦いがあったからこそ項羽を滅ぼすことができたのではないのでしょうか。

 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽

 



黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国志ライター黒田レン 【歴史嫌いな中高生必見】春秋戦国時代はいつ始まってどこで終えたの…
  2. 三国志ライター黒田レン 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の…
  3. 項羽(はじめての三国志) 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?
  4. 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺…
  5. 孫策に攻撃される黄祖 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだっ…
  6. 劉禅と孔明 暗君・劉禅も名君になれた?桓公と景公を教育した宰相・晏嬰と管仲の…
  7. 城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れること…
  8. スピリチュアルにハマる光武帝 なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. 孫武(ゆるキャラ)
  3. 小帝と董卓
  4. 項羽
  5. 曹操と劉備
  6. 司馬徽
  7. 華雄と呂布

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.2「サービス精神」
  2. 陳寿が語る孫権像 kataru
  3. 武帝とはどんな人?漢王朝の絶頂期を築いた皇帝はバイオレンスだった? 武帝は前漢の第7代皇帝
  4. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3) 張良と始皇帝
  5. 【初めての戦国史】尼子氏再興作戦決行!!しかし・・・・
  6. 天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの? 夷陵の戦いで負ける劉備

三國志雑学

  1. 孔明 司馬懿 陸遜
  2. 美化された袁紹に羨む袁術
  3. ホウ徳
  4. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
  5. 関羽
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 親バカな諸葛孔明
  3. 劉禅と孔明
  4. 曹操 三国志 ゆるキャラ1
  5. 孟嘗君
  6. 五斗米道の教祖・張魯

おすすめ記事

王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟徳の友人 地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの? 李儒 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍師 劉備に褒められる趙雲 【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められることになったの? 周瑜 周瑜(しゅうゆ)ってどんな人?赤壁の戦いで曹操軍を破った智将軍 はじめての三国志 Webサイトリニューアルのお知らせ 野球をする呂布、孔明、劉備 はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/12〜12/18】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP