キングダム
黄巾賊




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな

この記事の所要時間: 322




 

秦の天下統一の支えとなったのは名だたる将軍達の活躍と

秦の内政がしっかりとしていたからでしょう。

新王政の時代、秦の国政を担当していたのは李斯(りし)でした。

彼が丞相となって国政を担っておりましたが、ある事件がきっかけで秦国以外の人材をすべて

外に追い払ってしまおうという運動が始まります。

李斯は元々秦の人ではなく、楚の国の出身でした。

そのため彼も他国出身の人で、黙っていれば丞相の位を追われ秦国から追放されてしまいます。

彼はこの運動をやめさせるために新王政へ必死の説得を行います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




運河開削事件

 

李斯は宰相の位に就任してから秦の国政を運営していくことになります。

そんなある日の事、韓から水に詳しい技術者がやってきます。

彼は秦の運河を作るために秦王政にアドバイスを行って未開の土地を莫大な資金を投資して

開墾し、運河を完成。

しかしこの運河を作る工事には韓の謀略が隠されておりました。

秦は当時、趙や魏、韓の国々へ攻撃を仕掛けて領土を積極的に拡大しておりました。

韓は秦の隣にある国で、秦から常に攻撃を受け続け、領土を削られておりました。

そこで韓王は秦の国力を低下させて、東へ侵攻できないようにするために、

水に詳しい技術者を使って、秦の国内に運河を作らせて、国力低下を図ろうと考えたのです。

この作戦は見事に成功し、秦の国は莫大な費用を運河作りに投じたため、

一時的に東の国々へ攻撃することを中止しなくてはなりませんでした。




「他国出身者を追い出せ!!」

 

秦の群臣達は他国出身者のせいで国力が低下したことを反省し、

他国出身の武将や文官を追い出してしまえばいいと秦王政に詰め寄ります。

政もこの政策に反対することをしませんでした。

こうして他国出身者を追い出すリストを作成し、あとはこの政策を実施するだけとなりました。

この政策を逐客令といいますが、この政策を実施されようとした時、

一人の他国出身者の文官が政へ面会を求めてきます。

その人物こそ、秦の宰相である李斯でした。

 

関連記事:荀況(じゅんきょう)とはどんな人?始皇帝の法治国家の形成や李斯・韓非の先生

関連記事:始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの?

 

李斯の必死の説得その1:秦の隆盛を導いた者は他国出身者だったことを説く

 

李斯は政へ面会すると「王は逐客令なるものを実施しようとしておりますが、

今日の秦をここまで隆盛することができたのは歴代の秦王が他国出身者を登用して、

存分に他国出身者の能力をふるったからです。

彼らがいなければ現在の秦はありません。

また音楽や珠玉は他国の物を使用するのに、

なぜ人は自国出身者のみしか活用しないとするのですか。

もし他国出身者を活用しないで、自国出身者のみを活用するのではあれば、

秦に有能な人材は今後一切来なくなるでしょう。」と熱弁をふるいます。

 

関連記事:【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんなに必要なの?

関連記事:ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる

 

李斯の必死の説得その2:河や海を例えに出して説く

 

そして李斯は政に「海や河があれほど大きいのは、どんなに小さい細流でも受け入れるからこそ

あれだけ大きのです。これは人間の王様にも当てはまり、どんな人間でも拒まず用いることで、

政治は安定し、国力は増加するのです。

もし今回の方針を秦が採用することになれば、「敵に兵を与え、

賊に食事を与えるようなものです。」と言って締めくくります。

この李斯の説得を受けて秦王政は、逐客令を取り入れることを止めて、

従来通り他国出身者を受け入れていくことにし、以前と同様に李斯を宰相の位に留めて

国政を行わせていくことになります。

 

春秋戦国時代ライター黒田レンの独り言

 

李斯の必死の説得によってなんとか逐客令を回避することに成功した秦。

もしこの逐客令が発令されていれば、秦の宰相であった李斯は追放され、

他国出身者であった昌平君や蒙武、蒙恬、蒙毅などの有能な人材は外へ流れてしまい、

秦の天下統一は不可能であったかもしれません。

「今回の春秋戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 孔明の愛弟子であった姜維はなぜ孔明の後継者に選ばれなかったの?
  2. キングダム539話 ネタバレ予想「亜花錦は飛信隊と合流する?」
  3. 【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想!
  4. 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード
  5. 【三国志入門者向け】三国志の魏・呉・蜀を建国した君主っていったい…
  6. 黥布(げいふ)とはどんな人?中国初!?顔に入れ墨を入れ歴史に名を…
  7. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に…
  8. 曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ!…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【告知】新サービス「はじめての三国志コミュニティ」のお知らせ
  2. え?そうだったの!?西遊記の目的はお経を取る事では無かった?
  3. 【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好きだった?
  4. 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチコピー
  5. 小栗忠順とレオンロッシュ。フランスが幕府を支援していた理由は?
  6. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第3部

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

島津斉彬はルイヴィトンを愛用した最初の日本人? 孔明の南蛮征伐の目的は交易路(南シルクロード)狙いだった!? 秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かったの? 96話:孔明の計略炸裂!馬超は劉備の軍門に下る 主人公になるべく登場した男、劉備玄徳 はじめての三国志ライター kawausoの記事修正のお詫び よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物

おすすめ記事

  1. 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生
  2. 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将
  3. 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介
  4. 【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは?
  5. 張飛はどんな性格をしてたの?豪傑の性格に迫る
  6. 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ
  7. 蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されていた?
  8. 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP