三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?




 

楊端和(ようたんわ)が率いる山の民連合軍が趙の国門、列尾を落すのに大活躍ですね。

山の民は平地の民と違い盾を用いず無造作に城壁によじ登ろうとし、次々と射殺されても

動じず、楊端和は、「気にするな、うちはいつもあんな感じだ」と言い放つ始末です。

さて、キングダムに登場する山の民、実際には、どんな人達だったのでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!



三国志の時代に盛んに登場する山の民

 

史記から、山の民の記述を拾うのは困難ですが、それより400年後の三国志には、

キングダムの時代の山の民の末裔のような異民族が出てきます。

それを山越(さんえつ)といい、中国の東南部の、山岳地帯に住んでいました。

民族構成は、漢族、ヤオ族、モン族というような人々で、それぞれで混血もしていて

地域によっては、混在して住んでいる場合もあります。




三国志に出現する山の民、山越族とは?

 

山越族は、基本統一されておらず、それぞれの山に一族がかたまって住んでいます。

時折、指導者が出現すると、1万人単位になって、平地まで降りてきて、

農耕民の漢族を襲うなどの事をする事もあります。

 

後漢末の山越族のリーダーには、潘臨(はんりん)費桟(ひせん)尤突(ゆうとつ)、

三国志の時代には、黄乱(こうらん)という人が出ています。

いずれも一時期は勢力を奮いますが、結局は討伐されてしまいます。

 

戦争に出現する山越族の様子

 

三国志においても呉は、山だらけの揚州、交州に基盤を置いているので、

頻繁に山越族退治の記事が載っています。

しかしながら、大抵は、○○という武将が山越族を討伐したとあるだけで、

どのように戦ったか?書いてあるのは殆どありません。

ですが、部分、部分では、山の民らしい記述が存在しています。

 

孫権を急襲し、後一歩まで迫った山越族

 

孫策(そんさく)が六県の山越族を弟の孫権に討伐させた時、孫権(そんけん)

周泰(しゅうたい)という武将と、1000名程度の兵で宣城という所を攻めていました。

孫権は完全に山越族をナメていて、防御柵も設けずに指揮をしていました。

 

そこへ、どこからともなくやってきた、数千の山越族が殺到し、

孫権は、すんでの所で馬に乗りましたが、鞍に手を掛けられそうになっています。

この時は、周泰が満身創痍になりながら、数千の敵を蹴散らし孫権は命拾いをしています。

 

通常は防御柵を設けているという事は、山越民は騎兵が主力であり、

その行動が俊敏で、必ずしも動向がつかめない程であると言えます。

これは、キングダムの山の民と似ていますね。

 

山越族は、屯という単位で住んでいた

 

同じく、呉の武将である凌統伝(りょうとう)では、山越族は保屯(ほのとりで)

麻屯(まのとりで)というような周囲を木等で囲まれた場所に住んでいたようです。

この麻屯には、一万ほどの山越兵がいたと書かれています。

これが兵士だけか、家族も込みか分りません。

 

しかし、ある程度の人数が固まって住んでいた事は窺えます。

恐らくは、治安が悪くなったので、人数を集めて守るのも攻めるのも、

やりやすくしたのでしょう。

 

 

山越族と漢族は言葉が通じた

 

山越族は、必ずしも敵ではなく、降伏させた兵の中から勇猛な者は呉軍に編入、

兵士として耐えられない者は、農耕民として平地で田畑を耕させています。

呉は面積が広い割に人口が少ないので、よくそういう事をしていますが、

こうしてみると、三国志の時代の山越民は漢族と言葉がある程度は通じた

というような事情が窺えるでしょう。

 

キングダムでも、バジオウやタジフは、カタカナのカタコトですが、

平地の秦人の言葉をしゃべっていますよね。

事実として、山越族も一部は平地に下りて漢族と混血が進んでしまっているので

普通に漢族の言葉が喋れる者もいたのかも知れません。

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

 

山越民を参考にした山の民のイメージは、山の中に屯という城を造って住み、

大体、一万人前後で固まっていて、騎兵を主として迅速な行動で、

時折、漢民族を窮地に陥れる存在で言葉もある程度、通じるという事はわかりました。

400年の時間差はありますが、キングダムの山の民の生態も、大体は、

このようなものではないかと思います。

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え…
  2. 孫武(ゆるキャラ) 孫臏の魔術がスゴイ!どの国からも侮られていた斉兵を強兵に変えた改…
  3. 周瑜くやしい 呉 74話:孔明に嫉妬する周瑜
  4. 128話:諸葛亮孔明、ついに五丈原に堕つ・・
  5. 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由
  6. 三国志 象兵 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄…
  7. 梁興(りょうこう)とはどんな人?魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに…
  8. 秦の始皇帝はどんな顔をしていたの?政はユダヤ人だった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 楽毅
  2. 織田信長
  3. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀

おすすめ記事

  1. 【濡須口の戦い】曹操の大失敗!江西を無人にしてしまった愚策とは? 餓えた農民(水滸伝)
  2. 袁紹に殺された2000人以外にも歴代の皆殺しに注目してみた。ちょっぴり不謹慎
  3. 兀突骨(ごつとつこつ)は実在したの?悲しみの巨人に迫る
  4. 城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れることになった戦い
  5. 劉禅は父親に似ず暗愚であるって本当? 君たちはどう生きるか?劉禅
  6. 英雄記から見た河北の覇者を決める公孫瓚VS袁紹

三國志雑学

  1. 君たちはどう生きるか?劉禅
  2. 周瑜
  3. 二刀流の劉備
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏の移民政策のプロ、田豫(でんよ)
  2. 皇帝に就任した曹丕
  3. 劉邦をなだめる陳平と張良

おすすめ記事

銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操 こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】 三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です 周瑜と孫策 孫策は周瑜と○○だったのか!? 玄宗皇帝 杜牧が詠ったIF三国志「もしも曹操が赤壁で勝ったら」 キングダム578話最新ネタバレ予想vol2朱海平原の戦いはフェイクだった 魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志 これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由! BOOK☆WALKERにて『#君主論』の販売を開始しました。

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP