日常生活

はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?

この記事の所要時間: 328




 

楊端和(ようたんわ)が率いる山の民連合軍が趙の国門、列尾を落すのに大活躍ですね。

山の民は平地の民と違い盾を用いず無造作に城壁によじ登ろうとし、次々と射殺されても

動じず、楊端和は、「気にするな、うちはいつもあんな感じだ」と言い放つ始末です。

さて、キングダムに登場する山の民、実際には、どんな人達だったのでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!



三国志の時代に盛んに登場する山の民

 

史記から、山の民の記述を拾うのは困難ですが、それより400年後の三国志には、

キングダムの時代の山の民の末裔のような異民族が出てきます。

それを山越(さんえつ)といい、中国の東南部の、山岳地帯に住んでいました。

民族構成は、漢族、ヤオ族、モン族というような人々で、それぞれで混血もしていて

地域によっては、混在して住んでいる場合もあります。




三国志に出現する山の民、山越族とは?

 

山越族は、基本統一されておらず、それぞれの山に一族がかたまって住んでいます。

時折、指導者が出現すると、1万人単位になって、平地まで降りてきて、

農耕民の漢族を襲うなどの事をする事もあります。

 

後漢末の山越族のリーダーには、潘臨(はんりん)費桟(ひせん)尤突(ゆうとつ)、

三国志の時代には、黄乱(こうらん)という人が出ています。

いずれも一時期は勢力を奮いますが、結局は討伐されてしまいます。

 

戦争に出現する山越族の様子

 

三国志においても呉は、山だらけの揚州、交州に基盤を置いているので、

頻繁に山越族退治の記事が載っています。

しかしながら、大抵は、○○という武将が山越族を討伐したとあるだけで、

どのように戦ったか?書いてあるのは殆どありません。

ですが、部分、部分では、山の民らしい記述が存在しています。

 

孫権を急襲し、後一歩まで迫った山越族

 

孫策(そんさく)が六県の山越族を弟の孫権に討伐させた時、孫権(そんけん)

周泰(しゅうたい)という武将と、1000名程度の兵で宣城という所を攻めていました。

孫権は完全に山越族をナメていて、防御柵も設けずに指揮をしていました。

 

そこへ、どこからともなくやってきた、数千の山越族が殺到し、

孫権は、すんでの所で馬に乗りましたが、鞍に手を掛けられそうになっています。

この時は、周泰が満身創痍になりながら、数千の敵を蹴散らし孫権は命拾いをしています。

 

通常は防御柵を設けているという事は、山越民は騎兵が主力であり、

その行動が俊敏で、必ずしも動向がつかめない程であると言えます。

これは、キングダムの山の民と似ていますね。

 

山越族は、屯という単位で住んでいた

 

同じく、呉の武将である凌統伝(りょうとう)では、山越族は保屯(ほのとりで)

麻屯(まのとりで)というような周囲を木等で囲まれた場所に住んでいたようです。

この麻屯には、一万ほどの山越兵がいたと書かれています。

これが兵士だけか、家族も込みか分りません。

 

しかし、ある程度の人数が固まって住んでいた事は窺えます。

恐らくは、治安が悪くなったので、人数を集めて守るのも攻めるのも、

やりやすくしたのでしょう。

 

 

山越族と漢族は言葉が通じた

 

山越族は、必ずしも敵ではなく、降伏させた兵の中から勇猛な者は呉軍に編入、

兵士として耐えられない者は、農耕民として平地で田畑を耕させています。

呉は面積が広い割に人口が少ないので、よくそういう事をしていますが、

こうしてみると、三国志の時代の山越民は漢族と言葉がある程度は通じた

というような事情が窺えるでしょう。

 

キングダムでも、バジオウやタジフは、カタカナのカタコトですが、

平地の秦人の言葉をしゃべっていますよね。

事実として、山越族も一部は平地に下りて漢族と混血が進んでしまっているので

普通に漢族の言葉が喋れる者もいたのかも知れません。

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

 

山越民を参考にした山の民のイメージは、山の中に屯という城を造って住み、

大体、一万人前後で固まっていて、騎兵を主として迅速な行動で、

時折、漢民族を窮地に陥れる存在で言葉もある程度、通じるという事はわかりました。

400年の時間差はありますが、キングダムの山の民の生態も、大体は、

このようなものではないかと思います。

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこ…
  2. 時空を超える関羽、琉球の民話に登場
  3. さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録
  4. 反董卓連合軍に参加したのは、誰と誰なの?【素朴な質問】
  5. 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した!
  6. 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!?
  7. 春秋戦国の覇者・桓公の最後は非常に残念!名宰相がいなくなったら大…
  8. 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説
  2. 2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!?
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【8/8〜8/14】
  4. 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家
  5. 劉備も茶を求めた?中国茶の種類
  6. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

樊噲(はんかい)とはどんな人?肉屋の主人から劉邦の親衛隊隊長として楚漢戦争を戦い抜いた豪傑 張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた一族たち 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです はじめての三国志 アンケートのお願い これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる! 三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐や蜀の情勢が見えてくる!

おすすめ記事

  1. 【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世したの?
  2. 集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち
  3. そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの?
  4. 天才軍師 竹中半兵衛が編み出した鬼畜の作戦って何?
  5. 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【1/9〜1/15】
  7. 神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった
  8. 100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP