法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い!

曹操




 

怨霊に呪い殺されるという話はもちろんフィクションなのでしょうが、そこそこよく聞く話です。

日本の有名な怨霊といえば崇徳天皇でしょうか。

「天下滅亡」という呪詛を残して無念の死を遂げ、その怨霊が後白河天皇の息子の二条天皇、

その后の中宮、そして孫の六条天皇までを怪死に追い込んでいくのです。

恐ろしいですね。

三国志でも「三国志演義」では道士の于吉を殺害した孫策が、その呪いで傷が悪化し亡くなっています。

今回はそんな「怨霊」の仕業について触れていきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




関羽の怨霊

 

三国志演義では他にも無念の死を遂げたものが怨霊となって相手を殺しています。

殺されたのは呉の呂蒙。怨霊は同盟国の呉に裏切られて死んだ関羽です。

呂蒙関羽の怨霊に乗り移られて、

自分は関羽であると名乗りながら体中の穴という穴から血が噴き出して死んでいます。

もうこうなるとホラー映画です。

正史では病死ということになっています。

昔のひとが呂蒙の病死を関羽の呪いと結び付けても不思議ではありませんね。

関羽ファンは多かったでしょうし。

後に関羽は神格化し、祀られることになります。




呉には怨霊系の話が多い?

 

孫策、呂蒙と名将・英雄の類が呪い殺されているわけですが、

実は呉には他にもその手の話があるのです。

それが大将軍たる諸葛瑾の長子、諸葛恪の話です。

諸葛恪も父親同様に大将軍の地位に就きます。

しかし、独断専横が度を越して周囲に恨まれ、やがて祝宴の席で暗殺されてしまうのです。

ちなみに諸葛恪を刺殺したのは、同格の孫峻です。

ここからの話がなかなかのホラーになっています。

 

諸葛恪が殺害された同時刻に……

 

諸葛恪が孫峻に暗殺された同時刻、諸葛恪の屋敷では奇妙なことが起こっていました。

諸葛恪の妻の部屋に入ってきた召使いから血の匂いがするのです。

夫人が不思議に思っていると、召使の目が飛び出さんばかりに大きくなっていきます。

そして召使いは腕まくりをし、歯を噛み締めて、天井にぶつからんばかりに飛び上がるのです。

想像しただけでも怖いシーンですね。映画「エクソシスト」を思い出します。

召使いはこう叫んで昏倒します。

「旦那様は孫峻に殺されました!」と。

そしてほどなくして諸葛恪の血族を捕縛する役人たちが屋敷を囲います。

諸葛恪の息子たちは皆殺にされました。諸葛恪の弟も自殺を強要され、姪まで自殺させられます。

諸葛恪の遺骸は葦のむしろに巻かれて捨てられました。

 

そして孫峻に怨霊が現れる

 

ここまで無慈悲なことをやってのけた孫峻はその後どうなったのでしょうか。

孫峻はある晩、諸葛恪に殴られる夢を見て目を覚まします。

そして心臓が痛み出し、苦しんだあげくにそのまま死んでしまいました。

38歳の若さです。それまで心臓の痛みは感じたことがなかったと伝わっています。

要するにこれは諸葛恪の怨霊の仕業というわけです。

その息子の孫綝もまた栄華を極めましたが、やがて処刑され首を落とされます。

このとき父親の孫峻の墓はあばかれ、副葬品をすべて撤去され、

柩は壊され、死骸のみが埋め戻されたといいます。

そして皇帝の孫休は諸葛恪の霊を鎮めるよう、諸葛恪を改葬したのです。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

三国志のお話のなかにもホラー系が存在するのは不思議な感じです。

因果応報という言葉とともに受け継がれている伝承なのかもしれません。

なぜかしら呉にはこの手の話が多いですが、なぜなのでしょうか。

暴虐の限りを尽くした董卓こそ、それこそ万の数の怨霊に襲われてもいいはずなのですが。

「憎まれっ子世に憚る」なんてことわざもあるくらいですから、

必ずしも怨霊に殺されるわけではないのでしょう。

呉以外ではあまりない話なのかもしれませんね。

 

みなさんはどうお考えですか。

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

関連記事:【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析!

関連記事:【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世代三国志!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 劉禅と孔明 日本人必見!楠木正成(くすのき・まさしげ)は孔明に並ぶと讃えられ…
  2. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲 劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった?
  3. 孔明の北伐が成功したら三国志どうなったの?
  4. 曹操と機密保持 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?
  5. 南蛮 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介
  6. 【第6回 幻想少女】次なる相手は曹操か?まだ見ぬ曹操の姿に期待大…
  7. えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!?
  8. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹仁
  2. 袁紹VS公孫瓚
  3. 吉田松陰(極悪顔)
  4. 皇帝になった徳川慶喜

おすすめ記事

  1. 夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの? 夏侯惇
  2. よく考えてみると劉備は反董卓連合に参加していないのでは!? 呂布VS劉備三兄弟
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/11〜12/17】
  4. 三国志:前半戦のまとめその2(董卓君臨から官渡の戦いまで)
  5. まだ漢王朝で消耗してるの?第2話:早すぎた改革者 袁術 袁術
  6. 「于禁は降伏。龐徳は討ち死に」どうして違いが生まれたの??

三國志雑学

  1. 郭嘉
  2. 曹操に憧れる荀彧
  3. 劉備主役
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 始皇帝
  2. 黄蓋
  3. 織田信長
  4. 丸木舟(弥生時代)
  5. 劉備

おすすめ記事

ドリフターズの主人公・島津豊久ってマイナーだけど何をした人なの? 荀彧に手紙を送る衛覬(えいき) 衛覬(えいき)とはどんな人?関中復興に画期的な提案を行った魏の文官 井伊直弼と直虎の関係性は?直虎は先祖なの? 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖 孫呉のラストエンペラー・孫皓を支えた陸抗と陸凱の逸話 信長の野望・革新 with パワーアップキット 信長の野望の明智光秀の評価は?逸話を基に紹介 93話:名将 張任、遂に堕ちる 異議ありと叫ぶ司馬懿 司馬懿の人柄は?計算高い策士だった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP