呂玲綺(りょれいき)とはどんな人?史実でも実在したの?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく「ろひもと理穂の三国志の謎」のコーナーです。

 

今回はついに呂布(りょふ)について触れていきます。まだ直接触れるのはもったいないので、近辺からです。以前、関羽の娘や張飛の娘のお話をしてきましたが、実は呂布にも娘がいたのです。ゲームの世界ではもう御馴染みですね。今回はそんな最強の武将・「飛将」呂布の娘について掘り下げていきます。


四大美人・貂蝉

 

呂布の女性関係で、まず名前が出てくるのが「貂蝉(ちょうせん)」です。三国志演義では有名人ですね。

 

 

董卓と呂布にハニートラップを仕掛け、見事過ぎるほどの成果をあげた女性です。結果、董卓は呂布に殺され、呂布は長安を追われることになります。正史では董卓の侍女としか記されていません。物語によって、この貂蝉の扱い方は様々で、例えば、話によっては世紀のハニートラップ「連環の計」が成功したと同時に自害したという設定もあります。フィクションの要素の強い貂蝉ですが、側室として呂布とともに徐州に落ち延びたという話が一般的です。

 

 

呂布は言葉通りの略奪愛を成就させたことになります。ちなみに実在したか怪しいこの貂蝉が、中華の歴史上最も美しいとされる「四大美人」のひとりに選ばれています。実績を考えると同意せざるを得ません。


呂布の娘の母親

 

では、今回取り上げる呂布の娘の母親が貂蝉なのでしょうか。だとすると話はさらに盛り上がるのですが、呂布と貂蝉の間に子供は生まれなかったという設定になっていますので違います。呂布と正妻である厳氏の間にできた娘だそうです。厳氏は三国志マニアでも知らない方が多いのではないでしょうか。完全に最近の三国志ゲームで認知度が上がった人物です。どこの誰なのかまったく謎の女性です。


呂布の娘と母親は長安に取り残されていた

 

董卓を殺してクーデターを成功させた呂布でしたが、董卓の残党・李傕や郭汜などにすぐ長安を落とされます。呂布は妻子を置いて長安を落ち延びることになるのです。董卓の残党に処刑されてもおかしくはない状況です。このとき、呂布の妻子をかくまったのが龐舒という人物で、彼もまたかなりのマニアしか知らない三国志の超脇役のひとりです。かくまった罪で李傕や郭汜に殺されています。とにかく、この龐舒のおかげで呂布の妻子は無事に徐州の呂布と合流できたのです。


呂布の娘の婚約

 

徐州で父親と再会できた呂布の娘は、政略結婚の道具にされてしまいます。それが名士・袁術の息子との結婚です。これにより揚州の袁術と徐州の呂布は手を組むことになるはずでした。

 

陳珪

 

しかし徐州の名士である陳珪が反対の意見を述べて、呂布は思いとどまります。このとき袁術は皇帝を自称していましたから、呂布の正妻の厳氏は娘が皇后になれると喜んだそうです。呂布の娘がどんなリアクションだったのかはわかりません。袁術の息子と結ばれるために寿春に向かっている最中に呂布に連れ戻されます。ここで呂布の娘は一躍有名になるのですが、名前は記されていません。後世のひと、それも現代人が彼女に名前をつけました。

 

呂玲綺

 

ゲームに登場するキャラには名前が必要だからです。それが「呂玲綺(りょれいき)」です。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 南蛮一の軍師・孟節(兵士を裏切る)
  2. 古代エジプトのグライダー
  3. 三国志大学で勉強する劉備
  4. 魯粛
  5. スキッパーキ
  6. 騎馬兵にあこがれる歩兵

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP