ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての変

呂玲綺(りょれいき)とはどんな人?史実でも実在したの?

呂玲綺




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志の謎」のコーナーです。

 

今回はついに呂布(りょふ)について触れていきます。

まだ直接触れるのはもったいないので、近辺からです。

以前、関羽の娘や張飛の娘のお話をしてきましたが、実は呂布にも娘がいたのです。

ゲームの世界ではもう御馴染みですね。

今回はそんな最強の武将・「飛将」呂布の娘について掘り下げていきます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:成廉(せいれん)と魏越(ぎえつ)とはどんな人?呂布が強いのは俺達がいてこそ!





四大美人・貂蝉

 

呂布の女性関係で、まず名前が出てくるのが「貂蝉(ちょうせん)」です。

三国志演義では有名人ですね。

 

 

董卓と呂布にハニートラップを仕掛け、見事過ぎるほどの成果をあげた女性です。

結果、董卓は呂布に殺され、呂布は長安を追われることになります。

正史では董卓の侍女としか記されていません。

物語によって、この貂蝉の扱い方は様々で、

例えば、話によっては世紀のハニートラップ「連環の計」が

成功したと同時に自害したという設定もあります。

フィクションの要素の強い貂蝉ですが、

側室として呂布とともに徐州に落ち延びたという話が一般的です。

 

 

呂布は言葉通りの略奪愛を成就させたことになります。

ちなみに実在したか怪しいこの貂蝉が、

中華の歴史上最も美しいとされる「四大美人」のひとりに選ばれています。

実績を考えると同意せざるを得ません。




呂布の娘の母親

 

では、今回取り上げる呂布の娘の母親が貂蝉なのでしょうか。

だとすると話はさらに盛り上がるのですが、

呂布と貂蝉の間に子供は生まれなかったという設定になっていますので違います。

呂布と正妻である厳氏の間にできた娘だそうです。

厳氏は三国志マニアでも知らない方が多いのではないでしょうか。

完全に最近の三国志ゲームで認知度が上がった人物です。

どこの誰なのかまったく謎の女性です。

 

呂布の娘と母親は長安に取り残されていた

 

董卓を殺してクーデターを成功させた呂布でしたが、

董卓の残党・李傕郭汜などにすぐ長安を落とされます。

呂布は妻子を置いて長安を落ち延びることになるのです。

董卓の残党に処刑されてもおかしくはない状況です。

このとき、呂布の妻子をかくまったのが龐舒という人物で、

彼もまたかなりのマニアしか知らない三国志の超脇役のひとりです。

かくまった罪で李傕郭汜に殺されています。

とにかく、この龐舒のおかげで呂布の妻子は無事に徐州の呂布と合流できたのです。

 

呂布の娘の婚約

 

徐州で父親と再会できた呂布の娘は、政略結婚の道具にされてしまいます。

それが名士・袁術の息子との結婚です。

これにより揚州の袁術と徐州の呂布は手を組むことになるはずでした。

しかし徐州の名士である陳珪が反対の意見を述べて、呂布は思いとどまります。

このとき袁術は皇帝を自称していましたから、呂布の正妻の厳氏は娘が皇后になれると喜んだそうです。

呂布の娘がどんなリアクションだったのかはわかりません。

袁術の息子と結ばれるために寿春に向かっている最中に呂布に連れ戻されます。

ここで呂布の娘は一躍有名になるのですが、名前は記されていません。

後世のひと、それも現代人が彼女に名前をつけました。

 

呂玲綺

 

ゲームに登場するキャラには名前が必要だからです。

それが「呂玲綺(りょれいき)」です。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

呂布に娘がいたのは事実でしょう。

しかしゲームに登場する呂玲綺のように武勇に優れていたのかはわかりません。

というより、普通の娘だったのではないかと思います。

呂布が鬼神の如き強さなので、やっぱりその娘も強くあってほしい、

という願いのもと創作されたキャラクターではないでしょうか。

私事ですが、コーエーのシュミレーションゲームをする時は、

この呂玲綺はお気に入りの武将ですね。

ただ早熟で、早い時期に亡くなってしまうのが残念です。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 曹操のお墓(曹操高陵) 伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓
  2. カバ&関羽 そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里…
  3. 【三国志で例えるよ】初心者でも『エドワード黒太子』が分かる。西洋…
  4. 魏の夏侯淵 夏侯淵って実は主戦場よりも○○で活躍している方が多かった!?
  5. 徐庶 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者
  6. 賈詡と曹操 許褚と賈詡がいなければ曹操は官渡の戦いで袁紹に敗北してた!
  7. ドジっ子で周辺国を怒らせる平原君(へいげんくん) 平原君(へいげんくん)ってどんな人?欠点多いけど結果オーライ!人…
  8. 衝撃の新事実・・・諸葛孔明は実は二人いた!?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  2. 荀彧
  3. 幕末 魏呉蜀 書物
  4. 日射病で失神する金栗四三 いだてん
  5. 司馬懿と公孫淵

おすすめ記事

  1. 【8月の見どころ】8/29公開予定:『赤兎馬=カバ説』を裏付ける大発見! 赤い汗を流すカバ(赤兎馬)
  2. 趙雲と劉備は固い絆で結ばれていた?義兄弟も嫉妬するほどの二人の絆を紹介 趙雲と劉備が初めて出会うシーン
  3. 天下統一後の始皇帝が行った偉大な政策をご紹介 始皇帝(キングダム)
  4. 【8月の見どころ】8/30公開予定:関羽千里行が可能だったのはカバだから? 赤い汗をかいてお肌をつるつるになっているカバ(赤兎馬)
  5. 【大三国志 攻略10】まさに戦国乱世、怒涛の戦乱の波を無事に乗り切れるのか!?
  6. 五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期 趙雲

三國志雑学

  1. 水攻めをする兵士
  2. 周瑜 美男子
  3. 趙雲 三尖刀


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 嬴政(始皇帝)
  2. 蜀の魏延
  3. 蜀の姜維
  4. 孫皓と張俊
  5. 豊臣秀吉 戦国時代
  6. 董卓の相談に乗る袁紹
  7. 幕末 魏呉蜀 書物

おすすめ記事

親バカな諸葛孔明 諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思わずホッコリ笑顔になれる!【誡子書】 【悲報】天皇に振られた長州藩、八・一八の政変はどうして起きた? 石田三成(いしだみつなり)とはどんな人?戦術が苦手で人から嫌われてたけど秀吉の大事な家臣で友人思いの人だった!! キングダム598話ネタバレ予想vol2「次に飛信隊に死者が出る戦場は?」 大久保利通や西郷どんもビールを飲んだ!明治4年山口での文明開化 魏王の曹操 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じる 張良と始皇帝 【始皇帝失敗】巡遊で天下に顔を売るつもりが命を狙われる羽目に 曹操 女性の敵? 鄒氏 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後漢にやってきたローマ使節

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP