架空戦記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は戦い続けられた

この記事の所要時間: 244




 

三国志一の戦上手の群雄といえばあの人しかいないでしょう。

その名を曹操(そうそう)と言います。

彼は黄巾の乱から常に戦場を駆け巡り、様々な家臣に支えられながら天下の三分の一以上を

保有することになります。

そんな彼を支えていたのは猛将や参謀だけではなく、

女も彼を支えていたことを知っておりましたか。

今回は曹操の正婦人である卞氏の賢才ぶりをご紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?




落ちぶれても見捨てない

 

曹操が卞婦人と出会ったのは二十歳の時でした。

彼女は歌や踊りをする歌妓として働いており、曹操は彼女の歌や踊りを行う美しさに惹かれて

25歳の時に結婚することになります。

曹操には正婦人であった丁氏がいて彼女は側室として曹操に迎えられることになりますが、

曹操が卞氏と結婚した時、従妹の旦那がある事件を起こしてしまいます。

そのため曹操もとばっちりを受けて官職を剥ぎ取られてしまいます。

丁氏と卞氏は曹操が仕事をクビになっても彼を見捨てないで、彼を支えていくのです。




曹操が行方不明に・・・・。

 

曹操は数年間ニート生活を送りますが董卓が洛陽へやってくるまえに

西園八校尉(せいえんはちこうい)に就任して再び官職を得ることになります。

この時卞氏も曹操と一緒に洛陽で暮らすようになります。

しかし董卓が少帝を擁して漢王朝の内部で好き勝手やり始め、

自分に逆らったものや気に食わなかったものを片っ端から殺害していきます。

そんな董卓ですが、曹操の有能さを認めており彼を仲間に引き入れようと説得。

だが曹操は董卓の誘いを断ってしまいます。

そのため彼はこのままでは自らの命も危ないかも知れないと考えて、

卞氏を洛陽に残したまま逃亡してしまいます。

 

曹操の行方がわからなくなってしまうが・・・・

 

卞氏は曹操が家に帰ってこないことを知ります。

このことは家で働いている従者達も知っており、彼らは曹操が行方不明だと知ると大いに慌てて、

荷造りを始めて洛陽を勝手に脱出しようとします。

彼らの行動を知った彼女は「ウチの夫はそんな簡単になくなる人物ではないでしょう。

もしなくなっているのならば郷里から何かしらの連絡があるはずです。

しかし連絡がないという事は、旦那が生きている証拠でしょう。」と彼らに向かって説明します。

この説明を聞いた従者は気を取り直して、慌てふためくのをやめて落ち着きを取り戻したそうです。

この話を聞いた曹操は卞氏の大胆かつ冷静な対応に信頼を寄せることになるのです。

 

丁氏に母娘共に苛められても・・・・

 

曹操と合流した卞婦人ですが、彼女は正婦人である丁氏よりも先に子を産んでしまうのです。

これが後の魏の初代皇帝となる曹丕(そうひ)ですが、この時はまだ赤ちゃんでした。

丁氏は側室である卞氏が先に子供を産んだことにイライラして、

ちょっと気に食わないことがあったりしたら彼女は、卞氏に怒っていたそうです。

しかし卞氏は丁氏に苛められても毅然とした態度で彼女に仕えていたそうで、

正室である彼女と側室である自らの身をしっかりとわきまえて生活していたそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹操が宛城(えんじょう)で大敗して命からがら逃げ帰って来ます。

この時曹操は息子である曹昂(そうこう)を犠牲にしてしまうのですが、

正妻である丁氏が曹昂戦死の報を聞くと曹操に激怒して実家に帰ってしまいます。

その後曹操は彼女を自分の家に帰ってくるように何度もお願いしますが、

彼女は曹家に帰ってくることなく、そのまま曹操に離縁されてしまいます。

しかし卞氏は丁氏が曹操に離縁されてしまった後も彼女の家に行き、

毎月の挨拶を欠かさず行っていたそうです。

また彼女が亡くなった時は曹操にお願いして立派な墓を建ててもらうように懇願したそうです。

このように他人に対して非常に思いやりのある卞氏。

曹操が彼女を信頼していたのも当然といえば当然ではないので、

彼女がしっかりと曹操の家を守っていたからこそ曹操が女性問題をさして気にすることなく、

戦に望むことができたのではないのでしょうか。

 

参考文献 岩波書店 中国人物列伝 井波律子著など

 

関連記事:スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

関連記事:曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン
  2. 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!
  3. 孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価
  4. 【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた!
  5. 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!
  6. よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統
  7. 武田信繁(たけだのぶしげ)とはどんな人?武田信玄の片腕と呼ばれた…
  8. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物
  2. 諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた司馬懿仲達はどんな人だったの?
  3. 二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える
  4. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち
  5. 現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!!
  6. 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

後漢の人材難極まる!火薬庫涼州の刺史がボンクラ揃い 兵力なし、金なし、でも奮闘して評価を上げた曹操がスゴイ マンガ『キングダム』に学ぶ、本心を隠し部下の本音を探れ 実は大激戦だった!劉備の蜀獲りを地図で見ると意外なこともわかる! 【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた? 袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの? 三国志って何?はじめての人向け

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【3/20〜3/27】
  2. 関羽の死後、その一族はどうなったの?龐会に一族を抹殺される悲運な一族
  3. 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操
  4. 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計
  5. 郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物
  6. 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった?
  7. 115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編
  8. 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP