呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法

太平道の祖・張角(黄巾賊)




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです。

 

 

手を変え品を変え、社会に存在し続けるカルト宗教、話を聞いていると、

どうして、こんな子供騙しに引っ掛かるのだろう?と不思議に思います。

しかし、カルトには人間の弱さに付け込んだテンプレがあり、そこは不変なのです。

さて、このカルトの元祖は三国志の時代にありました、黄巾賊の母体太平道です。

36万人という信者を獲得し熱狂させた男、張角(ちょうかく)の現代にも通じる、

カルトの手口を見ていきましょう。




人には不安の種がある、張角の勧誘の手口

 

張角には個人の伝はなく、後漢書の皇甫嵩(こうほすう)伝、霊帝(れいてい)紀、

三国志呉志の孫堅(そんけん)伝などに記録が散見されるのみですが、

それによると張角は冀州の鉅鹿(きょろく)郡の人であるようです。

張角は自らを大賢良師と名乗り黄老の術を使って布教していたようですが、

当初は、ただの胡散臭いヤツだと思われているだけで布教にも苦労していました。

 

あれこれ試行錯誤をしていく中で、張角はある事に気がつきます。

 

富んでいても貧しくても、老いも若きも、男も女も、皆、なにがしかの悩みを持ち

不安の種を抱えているという事です。

お金がない人は、今後の生活に不安の種を持ち、お金持ちは病気になりはしないか、

財産を奪われはしないかと不安になり、子供がいる者は子供の将来で不安を持ち、

世の中は不安に満ちていて、人々は口には出さなくても、その不安を解消してくれる

カリスマを求めていたのです。




張角は病を癒す奇跡の人を演じる事にする

 

折しも、当時の世の中は、無能な暗君である霊帝の統治下で、役職の売買が横行し、

二重、三重の税の搾取は当たり前で、税が払えず土地を捨てて逃げる者、

役人に言いがかりをつけられて財産を巻き上げられる者や、食べるモノも無く、

道端で餓死する人も珍しくありませんでした。

 

社会には不安が渦巻いていて、誰もがすがりつけるカリスマを求めていたのです。

後漢書の皇甫嵩伝には、当時の張角の奇跡が記されます。

 

張角は信者に跪(ひざまず)いて自分を拝ませて過ちを告白させ、

札と水を使ってまじないを唱えて病を治した。

病人は頗(すこぶ)る癒され人々はこれを信仰した。

 

張角は当初、貧しい人々に目をつけました。

当時、医者にかかれるのは金持ちだけでしたから、貧しい人は

ひたすら免疫力に頼って、自然治癒を目指すほかは無かったのです。

そこで張角は、水とお札を使い疑似治療法を実施していきます。

 

張角は、病気は悪行の報いとして発生すると唱え、罪を告白して改心し

善行を積みあげ、規則正しい生活をする事で病は治るとしました。

 

こうして、張角は、まずは病人を座らせて、これまでの罪状を語らせ

改心させた上でお札を焼いて水に溶かして飲ませたのです。

 

罪を告白させるのは、心の負担を軽くさせる為でしたが、

この疑似治療で何名かが重病から回復するという事が起きました。

 

不幸にも死んでしまっても言い訳は用意されていた

 

もちろん、一方で回復せずに死んでしまうケースもあります。

その時の言いわけも張角はちゃんと用意してありました。

 

「私の治療は、心から私を信じている人間にしか効果が無い

亡くなった者は、気の毒だが信心が足りなかったのだ」

 

こうする事で張角は疑似治療の失敗を患者の信心の不足に転嫁します。

そうなると、助かりたい一心で病人は疑いを捨てて、張角の言うままに

罪を告白して焼いて水に溶かしたお札を飲むようになります。

 

失敗して亡くなる人間が多かった筈ですが、人々はカリスマを求めていました。

こうして、たまたま治った成功例が奇跡として大袈裟に宣伝され、

それまで、張角を白眼視していた金持ちや役人のような上流階級まで、

張角の奇跡にすがるようになっていくのです。

 

張角は自分のノウハウを弟子に伝授して各地に派遣する

 

張角は、自分の考えた手口を信頼が置ける八人の弟子に伝授して、

中国各地に派遣して、同じ事を行わせました。

こうして、弟子が活動していく事十数年で太平道は、信者三十六万人の

巨大な宗教集団へと発展していきます。

信者が増えると、張角は、信者同士を7千名~1万人単位の36の方(ほう)という

軍団に分け、人里を離れて信者同士の共同生活をさせるようになります。

 

この辺りも今のカルト宗教と同じで、同じ宗教を信じる者同士で一つの

コミュニティを造らせて、外界と信者を遮断して洗脳が解けるのを防ぐ方法です。

しかし、外界から隔離された為に太平道の信者と一般人との間には、

以前よりも激しい確執が産まれるようになります。

 

もとよりカルトである太平道の教えと一般社会とは相いれず、両者は対立を

避けられなくなっていくのです。

 

巨大化したカルトは社会に牙をむく

 

ここまで来ると、張角も後には引けなくなります。

増殖していく太平道の信者は、いつか現政権の脅威として一斉摘発されるでしょう。

こうして、張角は殺られる前に殺れと考えるようになり、

 

腐敗した漢王朝の天運は尽きた、これを武力で打倒して争いの無い

太平道の世を造り出すと言いだします。

 

そのスローガンの下で張角は、都、洛陽にいる宦官の仲常侍(ちゅうじょうじ)に

指示を出し、配下の馬元義(ばげんき)が数万の兵を集めて鄴で挙兵した際に、

洛陽の城門を開いて軍勢を迎え入れるように命じます。

 

洛陽には、仲常侍以外にも、千人余りの太平道の信者が潜んでいて、

合図と同時に城内に火を掛けて、武器を取って外の馬元義軍と共闘するという

手はずになっていたのです。

 

ところが、土壇場で張角の弟子であった斉南の周唐(しゅうとう)が寝返り、

朝廷に対して太平道が謀反すると上奏したので全ては露見しました。

霊帝は、急いで兵を集めて、洛陽の中の張角の内通者を探しだし千名余りを

処刑したので、これを見て怖気づいた仲常侍は張角を裏切ります。

 

黄巾賊の蜂起は失敗する・・

 

捕縛命令が出た張角は、ヤケクソで檄文を飛ばして36万の太平道の信者が蜂起します。

彼等は同士討ちを防ぐ為に、頭に黄色い布を巻きつけたので黄巾賊と呼ばれます。

当初は数の優勢と漢軍の準備不足もあり勝ち続けた黄巾賊ですが、半年を経過すると、

精神的な支柱の張角が病死、皇甫嵩朱儁(しゅしゅん)、盧植(ろしょく)のような

漢軍の名将軍の活躍もあり、やがて鎮圧されて、その野望は潰えてしまいました。

社会不安や、不確かな人生から生じる人々の不安の種を刈り取りながら大きくなった

張角の太平道は、まさに元祖カルト教祖と言えるのではないでしょうか?

 

参考文献:後漢書

著者: 范 曄/吉川 忠夫/李 賢 出版社: 岩波書店

 

シミルボン

 

【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 韓信 【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた?
  2. 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ラ…
  3. 馬騰 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた
  4. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚) さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録
  5. 曹操 詩 曹操の詩の世界を体験してみよう
  6. キングダムの昌平君(しょうへいくん)は、なぜ秦を裏切るの?実在し…
  7. 蜀の魏延 魏延の「反骨の相」は権力争いに利用された?魏延を誅殺した真犯人と…
  8. 孔明もコペルニクスに似ていた 【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀の劉備
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 孫策の人生に一辺の悔い無し
  4. 邪馬台国と卑弥呼軍
  5. 郭嘉スマホケース
  6. 曹叡
  7. 三国志 武器
  8. 呂布に殺害される丁原(ていげん)
  9. 鼎(かなえ)

おすすめ記事

  1. 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介 官渡の戦い
  2. 【ネタバレ注意】キングダム542話 楔 レビュー&今後予想 キングダム
  3. 【李傕・郭汜祭り 5日目】董卓の仇も討てず、気弱な李傕郭汜の上司 牛輔(ぎゅうほ)
  4. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(2/3) 藺相如(りんしょうじょ)
  5. 知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる! 孔子
  6. 【老荘思想の創設者】老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた 老荘思想(ろうそうしそう)

三國志雑学

  1. 唐周(とうしゅう)
  2. 雨の中進軍する曹真
  3. 司馬懿
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備の黒歴史
  2. 項羽と呂布
  3. 曹丕
  4. 孫権 弔い出陣
  5. 小松帯刀

おすすめ記事

三国志ファンの後漢(五感)をふるわさす三国志フェス2015に参戦しよう! 信陵君 信陵君(しんりょうくん)はどんな人?生まれ故郷を救うために舞い戻ってきた戦国四君 平野国臣 平野国臣の銅像を見に行こう、その人生の最後はどんなだった? 蜀の魏延 魏延の「反骨の相」は権力争いに利用された?魏延を誅殺した真犯人とは? 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀が大河ドラマデビュー2020年麒麟がくる 曹昂(曹昴) 曹昴の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得 泣いて馬謖を斬る諸葛亮 馬謖の息子はどうなった?街亭の戦いの失敗による処罰で影響はあった? 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP