架空戦記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

韓信が井陘口の戦いで使ったのは背水の陣だけではなかった!

この記事の所要時間: 317




 

楚漢戦争中一度も負けずに勝利し続けた戦の天才韓信(かんしん)

彼が歴史に名を残すことになった戦いとは趙を平定した井陘口(せいけいこう)の戦いと

言えるのではないのでしょうか。

この戦で彼は戦いでは禁じられている河を背にして陣を張る背水の陣を敷き、

兵士が強制的に必死さを出す状況へ追い込み勝利を手にします。

しかし彼の兵法は背水の陣だけではなくいくつかの戦法を同時に使用するしたことで

この戦いに勝利をもらたすことになるのです。

今回は背水の陣に隠れた戦法をご紹介したいと思います。

 

関連記事:【項羽との恋愛で起こった悲しい運命】虞美人と虞美人草の悲しいお話

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




背水の陣に隠れた戦法その1:彼を知り己を知れば100戦危うからず

 

彼を知り己を知れば100戦危うからず(かをしりおのれをしれば100せんあやうからず)。

これは孫子の兵法書・謀攻編に記載されている言葉です。

孫子は「味方の置かれた状況をしっかりと把握し敵陣の情報もしっかりと把握すれば、

戦に負けることはないよ」という意味です。

韓信は孫子の兵法書を読んでいたかどうかはわかりません。

しかしこの孫子の記載されている兵法に則って行動していたことは間違えありません。

韓信は趙の出入口である井陘口を通って趙へ侵入。

その際に彼は敵陣の情報を知るために間者を放ちます。

趙軍は韓信軍が侵入してくるとどのようにして迎え撃つべきか軍議を開きます。

この時の軍議の内容は韓信軍が放った間者達が情報を得て韓信へ軍議の内容を報告。

彼は趙軍がどのように行動するのかを知っていたので、

漢軍がどのように行動し、どのような作戦を立てて趙軍に勝利することができるのかもあらかじめ

考えることができました。

敵の出方を知っていればある程度の対処はでき、勝ち方も自ずと予想を付けることができます。

韓信は背水の陣だけではなくこのように敵陣の行動をあらかじめ知っていたからこそ、

兵法では無謀と言える背水の陣を敷くことができたのです。




背水の陣に隠れた戦法その2;敵陣を突いた大胆な戦法

 

韓信は趙軍が翌日総攻撃を仕掛けてくることを間者からの報告からで知り、

漢軍迎撃作戦の本拠地となっている砦に攻撃を仕掛ける作戦を立てます。

彼は夜中になると自分が率いている精鋭の騎馬隊2千騎ほどを選抜し、

騎馬隊の隊長へ「君は今すぐに騎馬隊を率いて間道へ移動してくれ。

あすの朝、我が軍と趙軍が決戦を行うはずだが、

趙軍が我が軍へ攻撃を仕掛け、ある程度戦ったら漢軍は退却する。

趙軍は大軍であるから砦に残っている兵を引き連れて全軍で攻撃を仕掛けくるだろう。

そこで君は我が軍が退却した時に間道を伝って砦に攻撃を仕掛けてくれ。

砦に守備兵はほとんどいないから制圧するのは簡単なはずだ。

そして砦を制圧した後に君は漢軍の赤い旗を何本か目立つ所に突き立てて欲しい。

これで我が軍の勝利は間違いないであろう」と述べます。

騎馬隊の隊長は韓信の命令を聞き、すぐに趙軍から見えない間道へ移動していきます。

そして一度漢軍の諸将を集めて適当な話をしてから解散します。

この時に諸将へ別働隊を編成して出発させたことは一切話しませんでした。

その理由は漢軍にも趙軍の間者が入っていると予想していたからでしょう。

もしこの軍議で別働隊派遣を諸将へ教えてしまえば、趙軍に作戦が筒抜けになってしまい、

作戦が失敗してしまうからです。

そのため彼は味方にも教えないで、この作戦を実行することにします。

 

三つの作戦で漢軍は大勝利を得る

 

韓信は翌日趙軍と決戦を行いますが、ある程度戦った後に本陣へ退却。

本陣は敵軍を油断させるために河を背にして陣を敷いているため、

趙軍は砦を守る守備軍もすべて出撃して全軍で漢軍へ攻撃を仕掛けます。

韓信軍が退却したことを知った別働隊の騎馬隊はすぐに間道を伝って、

趙軍の砦に攻撃を仕掛けて制圧し、趙軍からも見えるように目立つ所に旗をいくつも立たせます。

趙軍は韓信軍の本陣が中々陥落させることができない為、砦へ退却していきます。

しかし趙軍は砦に漢軍の旗がいくつ立っていたため、混乱状態になってしまいます。

そして趙軍は背後から韓信軍、前から漢軍の攻撃を受けると壊滅状態になってしまい、

総大将であった趙王は捕虜になってしまい、趙の宰相・陳余(ちんよ)は討ち取られてしまいます。

 

関連記事:背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行動とは?

関連記事:【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

韓信は上記二つと背水の陣を敷いて敵陣を油断させたことで、

趙軍に大勝利を得ることができたのです。

もし背水の陣だけだったら、趙軍に勝つことはできなかったでしょう。

いくつもの兵法を複合させることで勝利へ導くことができた韓信が歴史に名を残すことができ、

現在でも多くの人が知っているのは当然と言えるのではないのでしょうか。

 

参考文献 史記 司馬遷著 訳和田武司・山谷弘之など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽

 



黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ!…
  2. 【春秋戦国時代】時代の主人公であった魏の文侯の厳選エピソード
  3. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の…
  4. 蕭何はなんで仲が悪かった曹参を後継者に任命したの?
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」…
  6. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス
  7. 秦王政の疑心を見抜いていた二人の人物:尉繚と王翦
  8. 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/10〜4/17】
  2. 孔明の北伐の目標はどこだったの?
  3. 【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる!
  4. 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い!
  5. 【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった!
  6. 中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに? 「ざっくりとわかる三国志」をはじめました。 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【7/11〜7/17】 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7 28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備 趙襄子(ちょうじょうし)とはどんな人?趙を建国し、春秋時代の幕を下ろした人物 65話:絶望する劉備に孔明が授けた天下三分の計

おすすめ記事

  1. 38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期
  2. 謎の人物・婁子伯とは何者?その策「氷城の計」は可能なの!?
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3】
  4. 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ
  5. 知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント
  6. 【センゴク】信長の仇討ちで秀吉についたのは、神戸、丹羽、掘、蒲生 いずれも名将で明智オワコンに・・
  7. 諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?
  8. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP