はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

秦王政の疑心を見抜いていた二人の人物:尉繚と王翦

この記事の所要時間: 354




 

キングダムでは爽やかな人物として描かれている秦王政。

しかし彼は後年天下統一した際、次第に人を疑い始めるようになるのです。

 

 

この秦王政の心の奥底に潜んでいた人を疑う思考を見抜いていた人物が秦に二人いました。

一人目は尉繚子(うつりょうし)と言う兵法書を書いた人物で尉繚(うつりょう)です。

もうひとりはキングダムでも登場しており、何を考えているかちょっとわからない不気味な将軍

王翦(おうせん)です。

このふたりは秦王政の心に巣食う疑心暗鬼を見抜いていた人です。

今回は二人がどのようにして秦王政の疑心から逃れたのか調べてみました。




魏の人・尉繚の進言

 

尉繚は滅亡寸前まで追い詰めれられていた魏から抜け出して秦へ入ります。

彼の評判を聞いていた秦王政は尉繚を招いて、

秦が今後他国を圧倒するべき方策を教えてもらえないかと辞儀を正して教えを請います。

すると尉繚は「そうですな。私が考えるに秦にとって一番恐ろしい事態とは。

それは諸国が連合して秦からの攻撃に備えることと秦が油断している隙を着いて攻撃を

行ってくることでしょう。

これを防ぐためには各国の臣下達に金を与えて秦に有利な進言を行うように

買収してしまえばいい。」と進言。

尉繚の進言を聞いた秦王政はすぐに尉繚の作戦を実行します。

この結果、趙からは名将・李牧が居なくなり、東方の大国・斉は秦に対して歯向かわなくなります。

尉繚の策が成功したことを知った秦王は大いに喜んで、彼をもてなします。




秦王の虎狼を見抜く

 

尉繚は秦王政から日に日に優遇されていくことに不信感を抱きます。

そして彼は魏から伴ってきた従者へ「秦王政は鷲鼻で目も細く声は狼のような声をしている。

このような顔と声をしている人物とは辛い時や苦しい時は一緒に頑張っていくことができるが、

それを乗り越えた後は必ず私や家臣の言葉を聞かなくなり、

人を疑ってかかる人物になるであろうよ。

このような人と一緒に時を過ごすことはできない。」と漏らします。

そしてこの言葉を従者に伝えてから数ヵ月後彼は荷物をまとめて秦から出ていこうとします。

秦王政は尉繚が秦から出ていこうとしていると知ると急いで彼の後を追って

「先生。どうか待って下さい。」と言って尉繚を引き止めます。

尉繚は秦王政があまりにも執拗に説得するので、致し方なく秦に留まる事に決めます。

彼は秦王政の顔から疑い深い性格であることを見抜いた人物です。

 

王翦、楚討伐へ赴く

 

王翦は秦王政に仕えた将軍で、いくつもの戦で勝利を上げた将軍です。

そんな戦上手の彼に秦王政から「楚を討伐してきてもらいたい」と依頼が来ます。

王翦は「60万の兵力を与えてくれれば楚討伐へ向かいます。」と進言。

秦王政は李信や蒙恬(もうてん)が楚討伐に失敗していることから王翦の言葉を受け入れて、

60万の軍勢を用意して彼に任せます。

王翦は60万の軍勢を与えてもらい楚へ赴くことになります。

 

秦王政から疑われないために・・・・。

 

王翦は秦軍60万を与えられると進軍を開始。

秦王政は王翦軍60万を函谷関(かんこくかん)まで見送りに行きます。

王翦は函谷関へ到着すると秦王政に「楚討伐が成功したならば、私に領土を与えてくれるのは

本当ですよね」と念を押します。

すると秦王政は「もちろんだ。頑張ってきてくれ」と彼の恩賞を請負います。

この答えを聞いた王翦は函谷関を出て楚の国へ向かって進撃。

しかし王翦は進軍中も秦王政へ「恩賞の件。必ず叶えてくださいね」と幾度も念を押していました。

これを見かねた王翦の側近が「大将。そこでまでやると王様の逆鱗に触れるのではないのですか。」と忠告します。

だが王翦は「私は今秦の全軍を率いているに等しい。

そのため秦王は表面にこそ出さないが、私が謀反を企んでいないか疑っているであろう。

だからこそ褒美が欲しいとねだっておけば、秦王も「王翦は謀反をする奴ではないな」と

安心するだろう。だって金さえ与えておけばいいのだから」と言って側近の忠告に対して

筋を通して反論を行います。

こうして王翦は楚を撃破することに成功。

王翦は恩賞の件を何度も秦王政に言うことで、

彼から疑われることを回避して莫大な恩賞を得ることに成功した人です。

 

関連記事:【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想

関連記事:キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

 

尉繚と王翦は秦王の疑心を早くから見抜いており、

楚で反乱を起こした昌平君も秦王政の疑心を見抜いて反乱を起こしたのかもしれませんね。

(レンの勝手な予想ですが・・・・)

しかしキングダムで描かれている秦王政があのように爽やかな人として描かれているため、

疑い深い性格をどのように今後キングダムで反映させるのか楽しみでなりません。

爽やかな秦王政がどのように変化していくのかを予想しながら楽しんで

読むのもいいのかもしれませんね。

 

参考文献 史記 司馬遷著 丸山松幸・守屋洋訳など

 

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見ど…
  2. 天才軍師・黒田官兵衛の最後の戦いまで神ってる
  3. 【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘っ…
  4. キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実…
  5. 【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出…
  6. 漢の名将韓信が敗北したことがあるってホント!?
  7. 【占いで見る三国志】曹魏が倒れることが曹叡の時代に予言されていた…
  8. 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 悲しみの巨人、兀突骨(ごつとつこつ)は実在してた?
  2. 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶力抜群の呉の指揮官
  3. 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家
  4. よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く
  5. 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【5/1〜5/8】

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【7/11〜7/17】 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男  衝撃の事実!卑弥呼はアイドル活動をしていた?通説・卑弥呼伝 【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこなった政策を覗いてみたよ 三国志演義に登場する兵器 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え! 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1 魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった?

おすすめ記事

  1. 飛信隊はどのような構成だったの?史実をもとに強さも考察
  2. 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】
  3. 72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る
  4. 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具
  5. 劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者
  6. 献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!
  7. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス
  8. 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけの男

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP