呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密

函谷関




キングダム 15 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

キングダムにおいて、趙の李牧(りぼく)が集めた五カ国連合軍が攻めよせた

秦の国門、函谷関、その圧倒的な威圧感は漫画においても見所の一つですが、

ぶっちゃけた話、函谷関って、そんなに凄かったんでしょうか?



函谷関は、2つ実在している

項羽 はじめての三国志002

 

函谷関は、しっかり存在しています、それは今でもあるという意味です。

実は、函谷関は、春秋戦国時代のものと、前漢時代のものがあって、

キングダムで登場した、旧函谷関は、楚の項羽(こうう)によって破懐された後、

実に2000年以上経過した1992年に復元されました。

 

一方の新函谷関は、紀元前144年に建設され、20世紀に入るまで

残っていましたが、1926年に中国の内戦で崩壊し、特別に、

建て直されますが、1958年に毛沢東の大躍進政策により、

溶鉱炉の煉瓦に使う為に城壁が解体されました。




函谷関は、誰によって、どこに建てられたか?

旧函谷関は、紀元前361年、秦の孝(こう)公の時代、

王都、櫟陽(がくよう)から東、渭水と合流する黄河の最期の大カーブ潼関から

下流70キロメートルの地点、南北から山脈が走る地点を選んで建造されました。

キングダムの時代の100年程前の時代の事です。

 

函谷関は、どんな建物だったのか?

函谷関

 

函谷関は、三層の高楼を二つ持つ建築物だったようです。

その城壁の高さは66メートル、長さについては分かりませんが、

紀元前248年、魏の信陵(しんりょう)君は斉以外の五カ国の連合軍をまとめて

函谷関に押し寄せていますから、数十万の兵力が張りつける程の

長さはあったという事でしょう。

 

赤坂ツインタワー 引用

(写真出典元:BLUE STYLE COM

 

この66メートルという高さの建物には、赤坂ツインタワー本館が

匹敵していますから、相当にデカイでしょう。

漫画、キングダムの描き方は、決して誇張ではありません。

 

 

関連記事:戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君

 

函谷関は、本当に難攻不落だったのか?

キングダムと三国志

 

漫画の中では、難攻不落と言われつつも、魏の呉鳳明(ごほうめい)の

井蘭(せいらん)車によって、上られ放題だった函谷関ですが、あれはフィクションです。

この函谷関を破懐した人物には、楚の項羽(こうう)がいますが、

その時には、咸陽は劉邦(りゅうほう)によって陥落させられ、函谷関の守りは、

必要最低限の人数しかありませんでした。

 

もう一人は戦国四君で知られる孟嘗(もうしょう)君ですが、

彼は力づくではなく、鶏の鳴き真似が上手い食客を利用して、

一番鶏の鳴き真似をさせ、周囲の鶏が朝と勘違いして鳴きはじめ、

函谷関の関守は朝だと思って、門を開く事になりました。

 

一人も殺す事なく、函谷関を開いているので、ある意味、

孟嘗君が、もっとも優れた用兵家であるかも知れません(笑)

 

関連記事:孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【成人編】

関連記事:夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇の先祖

関連記事:曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政治にも優れた功労者

関連記事:中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話

 

李牧の真似をして、間道から函谷関を迂回した劉邦(りゅうほう)

劉邦 ヤンキー

 

さて、キングダムの李牧と同様に、険しい山間部を通り、

咸陽まで到達した男もいます、それが、漢の高祖劉邦です。

 

どうして、それで函谷関の見張りに分からなかったかというと

劉邦軍は1万人足らずと軍勢が少なかったからでした。

 

キングダムでは、この劉邦の行軍をアイデアに、

李牧に隠密行動をさせて、咸陽を突かせたのでしょう。

 

関連記事:劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

関連記事:劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

関連記事:劉備と劉邦

 

日本でも名が轟いた函谷関


この堅牢な函谷関の名前は、日本まで故事成語と共に伝わり、

非常に険しい場所の代名詞になっていきます。

こうして、明治時代の作曲家、滝廉太郎が着想を得て

書いたのが名曲、「箱根八里」です。

 

♪箱根の山は、天下の嶮(けん)函谷関も ものならず
万丈(ばんじょう)の山、千仞(せんじん)の谷
前にそびえ、後方(しりへ)にささふ
雲は山を巡り、霧は谷を閉ざす
昼なお暗き、杉の並木
以下略――――――――――――――――――――――

 

このように、函谷関は、21世紀の日本人の私達の耳にまで、

その雄姿を伝えているのです。

 

春秋戦国ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

ちなみに箱根八里の二番には、同じく、険しい場所だった、

蜀の桟道が紹介されています。

 

♪箱根の山は天下の岨(そ)
蜀の桟道(さんどう)數(かず)ならず

 

箱根の険しい山道を例えるのに、当時広く日本人に知れ渡っていた

漢籍を用いて、滝廉太郎は、イメージを湧きやすくしたのですね。

 

本日も悠久の春秋戦国時代に乾杯!!

 

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

関連記事:【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐

関連記事:騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍

 

春秋戦国時代バナー




よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

キングダム 政

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

兵馬俑

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

始皇帝

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 卞夫人 曹操 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1
  2. 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!?
  3. 徐庶と出会う劉備 59話:文武両道、義侠心に厚い漢 徐庶(じょ しょ)は劉備と出逢…
  4. キングダム 戦国七雄地図 戦国策【燕策】人の弱みに付け込み交渉を有利に進めるの巻
  5. 周瑜はナルシスト 戦国時代の詩人屈原に学ぶ自分大好きメンタル開発法
  6. はじめての三国志 画像準備中 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家
  7. 始皇帝 始皇帝死後、秦は滅亡せず三代目まで続いてたってホント?
  8. 許攸 兵糧のありか教えますひひひ 49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 諸葛恪の栄光と破滅
  2. 曹休
  3. 羌瘣
  4. 劉備の黒歴史
  5. 司馬昭
  6. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  7. 魔王曹操

おすすめ記事

  1. 三国志平話が面白いのにすたれた理由 曹操の使者を斬り捨てる武闘派の孔明
  2. 劉伶(りゅうれい)とはどんな人?奇行が目立つ竹林の七賢の一人
  3. キングダム593話ネタバレ予想「松左の死について原泰久は何を考えている?」
  4. 五人で国を創るとしたら誰を選ぶ?三国志この五人でしょコーナー 陸遜
  5. 徐晃は名将と呼べる将軍だったの?? 徐晃と夏侯淵
  6. 魏軍を何度も危機から救った最高のフォロワー李典 李典

三國志雑学

  1. 不満が溜まる魏延
  2. 馬謖の陣形に笑う張コウ
  3. 李姫
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 竹林の七賢
  2. 城 銅雀台
  3. 野望が膨らむ鍾会
  4. 荀彧に手紙を送る衛覬(えいき)

おすすめ記事

張飛 四川の名物料理「張飛牛肉(チャンフェイニウロウ)」の謎に迫る 大久保利通の妻はどんな人だったの?大久保満寿子に迫る キングダム 3巻 【キングダム553話】休載スペシャル「山の民どうなる?」予想レビュー 許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー 特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250 コミュニティ機能アップデートのお知らせ(10月22日実施) 大久保利通や西郷どんもビールを飲んだ!明治4年山口での文明開化 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう) 【列子】どうしてオバチャンはいつも幸せそうなのか?恥も自意識もない生き方とは? 管仲 子産(しさん)とはどんな人?超弱国を強国にした春秋時代の名宰相

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP