広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密

この記事の所要時間: 340




キングダム 15 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

キングダムにおいて、趙の李牧(りぼく)が集めた五カ国連合軍が攻めよせた

秦の国門、函谷関、その圧倒的な威圧感は漫画においても見所の一つですが、

ぶっちゃけた話、函谷関って、そんなに凄かったんでしょうか?



函谷関は、2つ実在している

項羽 はじめての三国志002

 

函谷関は、しっかり存在しています、それは今でもあるという意味です。

実は、函谷関は、春秋戦国時代のものと、前漢時代のものがあって、

キングダムで登場した、旧函谷関は、楚の項羽(こうう)によって破懐された後、

実に2000年以上経過した1992年に復元されました。

 

一方の新函谷関は、紀元前144年に建設され、20世紀に入るまで

残っていましたが、1926年に中国の内戦で崩壊し、特別に、

建て直されますが、1958年に毛沢東の大躍進政策により、

溶鉱炉の煉瓦に使う為に城壁が解体されました。




函谷関は、誰によって、どこに建てられたか?

旧函谷関は、紀元前361年、秦の孝(こう)公の時代、

王都、櫟陽(がくよう)から東、渭水と合流する黄河の最期の大カーブ潼関から

下流70キロメートルの地点、南北から山脈が走る地点を選んで建造されました。

キングダムの時代の100年程前の時代の事です。

 

函谷関は、どんな建物だったのか?

函谷関

 

函谷関は、三層の高楼を二つ持つ建築物だったようです。

その城壁の高さは66メートル、長さについては分かりませんが、

紀元前248年、魏の信陵(しんりょう)君は斉以外の五カ国の連合軍をまとめて

函谷関に押し寄せていますから、数十万の兵力が張りつける程の

長さはあったという事でしょう。

 

赤坂ツインタワー 引用

(写真出典元:BLUE STYLE COM

 

この66メートルという高さの建物には、赤坂ツインタワー本館が

匹敵していますから、相当にデカイでしょう。

漫画、キングダムの描き方は、決して誇張ではありません。

 

 

関連記事:戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君

 

函谷関は、本当に難攻不落だったのか?

キングダムと三国志

 

漫画の中では、難攻不落と言われつつも、魏の呉鳳明(ごほうめい)の

井蘭(せいらん)車によって、上られ放題だった函谷関ですが、あれはフィクションです。

この函谷関を破懐した人物には、楚の項羽(こうう)がいますが、

その時には、咸陽は劉邦(りゅうほう)によって陥落させられ、函谷関の守りは、

必要最低限の人数しかありませんでした。

 

もう一人は戦国四君で知られる孟嘗(もうしょう)君ですが、

彼は力づくではなく、鶏の鳴き真似が上手い食客を利用して、

一番鶏の鳴き真似をさせ、周囲の鶏が朝と勘違いして鳴きはじめ、

函谷関の関守は朝だと思って、門を開く事になりました。

 

一人も殺す事なく、函谷関を開いているので、ある意味、

孟嘗君が、もっとも優れた用兵家であるかも知れません(笑)

 

関連記事:孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【成人編】

関連記事:夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇の先祖

関連記事:曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政治にも優れた功労者

関連記事:中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話

 

李牧の真似をして、間道から函谷関を迂回した劉邦(りゅうほう)

劉邦 ヤンキー

 

さて、キングダムの李牧と同様に、険しい山間部を通り、

咸陽まで到達した男もいます、それが、漢の高祖劉邦です。

 

どうして、それで函谷関の見張りに分からなかったかというと

劉邦軍は1万人足らずと軍勢が少なかったからでした。

 

キングダムでは、この劉邦の行軍をアイデアに、

李牧に隠密行動をさせて、咸陽を突かせたのでしょう。

 

関連記事:劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

関連記事:劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

関連記事:劉備と劉邦

 

日本でも名が轟いた函谷関


この堅牢な函谷関の名前は、日本まで故事成語と共に伝わり、

非常に険しい場所の代名詞になっていきます。

こうして、明治時代の作曲家、滝廉太郎が着想を得て

書いたのが名曲、「箱根八里」です。

 

♪箱根の山は、天下の嶮(けん)函谷関も ものならず
万丈(ばんじょう)の山、千仞(せんじん)の谷
前にそびえ、後方(しりへ)にささふ
雲は山を巡り、霧は谷を閉ざす
昼なお暗き、杉の並木
以下略――――――――――――――――――――――

 

このように、函谷関は、21世紀の日本人の私達の耳にまで、

その雄姿を伝えているのです。

 

春秋戦国ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

ちなみに箱根八里の二番には、同じく、険しい場所だった、

蜀の桟道が紹介されています。

 

♪箱根の山は天下の岨(そ)
蜀の桟道(さんどう)數(かず)ならず

 

箱根の険しい山道を例えるのに、当時広く日本人に知れ渡っていた

漢籍を用いて、滝廉太郎は、イメージを湧きやすくしたのですね。

 

本日も悠久の春秋戦国時代に乾杯!!

 

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

関連記事:【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐

関連記事:騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍

 

春秋戦国時代バナー




よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

キングダム 政

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

兵馬俑

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

始皇帝

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した!
  2. 馬良(ばりょう)って何した人だっけ?意外な馬良の役割と任務に迫る…
  3. 始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣…
  4. 【シミルボン】拝啓 我が息子瞻へ・・諸葛亮息子への手紙
  5. キングダムの秦王・政がドハマリした韓非子(かんぴし)ってなに?
  6. 【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長
  7. 成蟜(せいきょう)ってどんな人?史実の通り策士な政(始皇帝)の弟…
  8. 【キングダム】始皇帝に皇后がいない?その理由について考えてみた

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後に蒙恬(もうてん)一族が滅びる理由とは?
  2. 舜水樹(しゅんすいじゅ)は実在したの?李牧の右腕は史実通りなのか?
  3. 【キングダム】李牧が言った「桓騎の弱点」って何なの?
  4. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 劉備玄徳 【完005】
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース36記事【4/2〜4/9】
  6. 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

1話:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの? 王粲(おうさん)とはどんな人?建安の七子であるが容貌の貧弱さでは龐統や張松より上 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯 70話:孫権、父(孫堅)の弔い合戦を始めるよ。黄祖討伐編 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かりやすく解説 【第9回 幻想少女】曹操に会うためには宿敵・賈詡を倒すしかない!! 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介 【センゴク】戦国時代を揺るがす本能寺の変。秀吉はこの事件のせいでショックを受けて腑抜けになった!?

おすすめ記事

  1. 賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する?
  2. 漢中征伐は一人の漆黒の天才軍師・法正の進言によって行われた
  3. 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの?
  4. 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり
  5. 【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想
  6. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  7. 龐統の死後、その一族はどうなったの?魏に降った一族たちの数奇な運命
  8. 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP