架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

執筆者:ろひもと理穂

卑弥呼の謎!曹爽と卑弥呼には関係があった!?

この記事の所要時間: 249




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・古の日本」のコーナーです。

 

 

鬼道をもって邪馬台国を治めた女王・卑弥呼は、魏国に使者を送り朝貢します。

そして「親魏倭王」の称号を得ました。

後世では、ここで一つの議論が生まれます。

卑弥呼が朝貢したのは西暦238年なのか239年なのかという問題です。

非情に微妙な境目で、仮に西暦239年であれば明帝(曹叡)は病死しており、

 

 

少帝(曹芳)が即位しています。つまり政治の実権は曹爽(そうそう)が握っていました。

卑弥呼に親魏倭王の称号を与えたのは、この曹爽ということになるのです。

はたして二人には繋がりがあったのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの?




曹爽が倭に何を期待したのか

 

仮に邪馬台国の冊封を決定したのが曹爽だとすると、

そこには何らかの意図があったはずです。

なぜ島国の小国である倭に利用価値を見出したのでしょうか。

一つに朝鮮半島問題があります。

高句麗、そして韓への圧力をかけるために東の倭と結んだというものです。

もう一つは呉への牽制です。これは高句麗や韓に対するものと同義です。

さらにもう一つ、政敵である司馬懿への牽制です。

別に倭の軍事力など司馬懿への圧力にはならないでしょう。

では、倭に何か司馬懿を怯えさせる脅威があったのでしょうか。

それはもはや卑弥呼の超能力しかありません。

曹爽が期待したのは卑弥呼の鬼道なのではないでしょうか。




曹爽が動く

 

卑弥呼が再び使者を魏に送ったのが、西暦243年のことになります。

伊声耆、掖邪狗ら八人を使者に立てました。

このときは前回以上の価値のある献上品をしています。

倭錦、綿衣、帛布、丹木、短弓などです。

この年の12月に使者は洛陽に到着しました。

すると翌年の3月に曹爽は蜀への侵攻を始めます。

かなり前から準備はしていたようですが、なかなか決断はできなかったようです。

実績充分の司馬懿が曹爽を諫めていたこともありました。

しかし曹爽は司馬懿の実績に対してコンプレックスを抱いていたようで、

司馬懿に負けない武功をあげたかったのです。

 

 

そこで思いついたのが蜀の漢中への攻略でした。

曹爽は、卑弥呼の使者を率善中郎将に任じます。

司馬懿も恐れる鬼道の使い手・卑弥呼の家臣を引き連れて曹爽は漢中攻略に乗り出したわけです。

曹爽は十万の軍勢を率いて蜀を攻めました。異民族の協力も得ています。

 

 

しかし、険しい道のりと蜀軍の徹底的な守りに遮られ前に進めません。

 

 

わずか二ヶ月ほどで曹爽は撤退を決めたようです。

卑弥呼の援軍の力は効果を発揮しなかったというわけです。

 

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

関連記事:邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国

 

卑弥呼死す

 

卑弥呼は西暦249年以前に亡くなっているとされています。

理由はその後継者の使者が西暦249年に魏を訪れているからです。

鬼道を司る女王が死んだことを確認して司馬懿は行動に動きます。

西暦249年1月に起こしたクーデターです。

 

 

これによって曹爽は捕らえられ、処刑されてしまいました。

政権は司馬懿に移ります。

その後、卑弥呼の跡を継いだ壱与の使者が朝貢に訪れるわけです。

献上品は生口男女三十人、白珠五千、孔青大勾珠二枚、

異文雑錦二十匹というかつてないほど豪華なものでした。

しかし魏に倭の理解者たる曹爽は亡く、

壱与の使者は魏の外交官にしか会うことはできなかったといいます。

もはや倭に対する期待感は司馬懿を筆頭にした魏になかったのです。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

フィクション要素も強くなってしまいましたが、数値などは記録の通りです。

倭に注目が集まったのは卑弥呼が生きていた時期だけであり、

かつそれは曹爽が権力を握っていた時期でもあります。

何かしらの関係があったのではないかと考えると、何かドキドキしてきますね。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る!…
  2. 夏候惇の父親としての評価はどうだったの?
  3. 三國無双では女性が戦闘しているが本当に史実でも戦っていたの?
  4. 楊彪(ようひょう)は袁術の義弟なのになぜ董卓に殺されなかったのか…
  5. 益州の牧・劉璋の配下で最強の武将は誰か?魏延や黄忠を打ち破ったあ…
  6. 孫策が生きていたら三国志はどうなったの?
  7. 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説
  8. 黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード
  2. 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!!
  3. 曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?
  4. 【食客には無駄な人材はいない!!】孟嘗君の脱出劇が名言として登場
  5. 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたってホント?
  6. 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世した男 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3 ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか? 蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介 桃園の誓いがなかったら劉備はどうなっていたの? 賈詡はどうして李傕・郭汜に長安を襲わせたの? 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介 劉備の養子・劉封(りゅうほう)はなぜ殺されねばならなかったの?

おすすめ記事

  1. 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【前半】
  2. 孔明の罠初登場(笑)新野で曹操軍を翻弄
  3. 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?
  4. 【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考えていた
  5. キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密
  6. 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将
  7. はじ三の生き字引!kawausoが読者の疑問に答えます
  8. 孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP