ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての変

龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師

龐統




 

諸葛孔明と並び称されるほどの才能を持っていた龐統(ほうとう)

彼は益州攻略戦において劉備軍の軍師として活躍しておりましたが、

雒城(らくじょう)攻防戦の時に流矢に当たって亡くなってしまいます。

彼は軍略が得意なイメージを持っている方が多くいらっしゃると思いますが、

実は人を育てることに能力を発揮し、

人物評価をするのが得意であったことをご存知でしたか。

今回は意外な才能を持っていた龐統についてご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐統の容貌




襄陽郡の役人になる

 

龐統は荊州(けいしゅう)の襄陽郡(じょうようぐん)出身の人物です。

彼は才能に秀でていたのですが、

顔がカッコよくなかっため用いられることがありませんでした。

しかし荊州の名士であった司馬徽(しばき)と会って朝から晩まで昨今の情勢や

色々な人物の評価など多岐に渡って語り合うことを

行ったことにより彼の運命が変化することになります。

司馬徽は兄として敬っていた龐徳公の元へ行き

「あなたの従子はとんでもなく優秀な人物ですな。」と言って褒めたそうです。

この言葉が襄陽中の名士達に広がっていくことになり、

襄陽郡の役人たちの元にもこの話が広まることになります。

そして司馬徽龐統を褒めてから数日後、襄陽郡の役人に任命されることになります。

当時の名士達の力がどれほど強かったのか分かるエピソードですね。

 

部下を育てることに熱心な龐統

 

龐統は襄陽郡の役人になると部下を育てるために一生懸命努力します。

彼は部下を育てるためのコツとしてその人が持っている能力以上に褒めることで、

いいところを伸ばそうとします。

そんな龐統の人材育成法に不信感を持った同僚は彼に

「どうしてそんなに褒めるんだい」と尋ねます。

すると彼は「部下を褒めまくってやればその人の名誉を満たすことができる。

名誉を満たせばその人にやる気が起きて、

能力以上の力を発揮するかもしれないではないか。

もし例え、今私が10人抜擢して5人が脱落してしまったとしてもだよ、

仕事熱心な人物が5人も育てばそれでいいのではないのかな」と答えたそうです。

こうして龐統に抜擢された人物は彼に褒められてやる気を出したことで、

能力以上の力を示すことになるのです。




人物評価が得意な龐統

 

龐統は江陵を制圧した周瑜(しゅうゆ)が亡くなったと聞くと彼の葬式に参加し、

江東まで彼の遺骸を見送ったそうです。

その後彼は孫呉に仕えていた友人である陸績(りくせき)や全琮(ぜんそう)、

顧邵(こしょう)達から見送られることになりますが、

彼らと別れる前に少し語り合うことにしたそうです。

龐統は得意の人物評価を彼らに行います。

まず彼は陸績に「駑馬だけど早く歩くことのできる能力を持っているといえるでしょう」と述べ、

全琮には「あなたは施しを行い名声を得ることになりますが、

少し知略が足りないのが残念です。」と評価。

最後に顧邵へ「歩く速度はゆっくりですが、遠くまで荷物を運ぶことができるでしょう」と述べます。

彼らは龐統の言葉を胸に刻んで別れ際に彼へ

「天下が平和になったら皆で四海に散らばる人材を評価したりしたいですね」と

言って別れたそうです。

 

関連記事:許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー

関連記事:蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従の真実

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

龐統の軍略面以外の才能を今回はご紹介しました。

彼が行った人材育成法は、

現在の組織でも応用して使うことができるのではないのでしょうか。

怒られてばかりでは人間はやる気を削がれてしまう人が多いのではないのでしょうか。

そこで龐統のようにいっぱい部下を褒めてやる気を出させれば、

もしかしたら能力以上の力を発揮して、

仕事の能率アップを測ることができるかもしれませんね。

また彼が行った人材評価の点ですが、ちょっと分かりにくいのが残念です。

レンも他の資料等を見てみたのですが、どうしてもイマイチピンとしませんでした。

もし彼が行った顧邵と陸績の人材評価の意味がわかる方がいらっしゃれば、

教えていただければ幸いと思います。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

 

関連記事:的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死

関連記事:劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 楊儀 魏延を倒した楊儀は孔明が亡くなった後どうなったの?
  2. 宦官 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして…
  3. 黄権 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物
  4. 漫画「センゴク」と「史実」から見る姉川の合戦
  5. 劉表に反旗を翻する張羨 韓嵩(かんすう)が気の毒すぎる!劉表に命じられて曹操の元へ偵察に…
  6. 関羽の一騎当千 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧
  7. 董卓 董卓が漢王朝を支配しなかったら三国志はどうなっていたの?
  8. 亡くなる張飛将軍 もし劉備が夷陵の戦いに勝っていたら歴史はどうなった?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 関羽
  2. 反対する賈充
  3. 平清盛 鎌倉幕府
  4. 司馬懿と諸葛亮孔明がライトアップされて驚く
  5. 楊鋒(南蛮討伐)
  6. 武田二十四将(馬場信春)をメイン
  7. 戦死 霊柩車 槥
  8. 梅干しと酒を楽しむ上杉謙信
  9. 孔子に一番叱られたペラペラが仇になった宰我 宰我、孔子

おすすめ記事

  1. 島津豊久と島津斉彬はどんな関係?豊久と斉彬の共通点も紹介
  2. 三国時代のブラックジャック?華佗とはどんな人物? 華佗
  3. キングダム599話雑学「趙が滅んだ原因は悼襄王ではなく父の孝成王のせい?」 キングダム54巻amazon
  4. 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱!ジミーズ二人の共通点
  5. 天璋院篤姫とはどんな女性?西郷どんの憧れの女性? 篤姫
  6. 【第一次濡須口の戦い】赤壁より人数が多い三国志史上屈指の会戦 三国志に出てくる海賊達と甘寧

三國志雑学

  1. 孔子と儒教
  2. 剣を持って戦う徐庶
  3. 夏侯惇
  4. 劉備の臨終に立ち会う孔明
  5. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. ヘソにろうそくを刺される董卓
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 兵士を率いる事を妄想する婁圭
  4. 陳勝・呉広
  5. 呉の孫堅
  6. 士匡
  7. 荒れる黄河

おすすめ記事

劉備と孫権 【仰天事実】劉備の蜀攻めは孫権との共同作戦だった! 楽天koboにて『#君主論』の販売を開始しました。 耶律阿保機 耶律阿保機とはどんな人物?実は本名ではない遼の建国者の秘密 愛馬に乗る張遼 夏侯惇の部下だった張遼ってどんな性格だったの? 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱 諸葛亮死後に相次いで起きた魏延と楊儀の死とは? 袁紹と曹操 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将 【キングダムをより楽しむ】河了貂と蒙毅が解説「軍師はどうやって誕生したの?」 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP