三国志平話
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての漢

司馬徽(しばき)はどんな人?なんでも善きかな、生涯誰にも仕えなかった偉人




※こちらの記事は「大戦乱!!三国志バトル」専用オリジナルコンテンツです。

 

司馬徽(しばき)は、水鏡(すいきょう)先生というあだ名で有名です。

三国志演義では、壇渓で的盧のお陰で難を逃れた頃の劉備(りゅうび)の前に出現、

「伏龍(ふくりゅう:孔明)と鳳雛(ほうすう:龐統

一人でも得られれば天下を取れる」と予言めいた事を言う隠者として登場します。

まぁ、劉備は両方とも手に入れたのに、天下を取れなかったので、

「あの野郎につかまされた!」と怒っているかも知れませんが(苦笑)

そんな司馬徽、実は、ちゃんと歴史に登場する破天荒な人でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:水鏡先生曰く、劉備に足りない人物って誰の事?




本当はお爺さんではなかった?意外に若い司馬徽(しばき)

 

司馬徽徳操(しばき・とくそう:173~208年)は、

豫州潁川郡陽翟(よしゅう・えいせんぐん・ようてき)の出身で、

ここは荀彧(じゅんいく)荀攸(じゅんゆう)郭嘉(かくか)も出ている

名立たる軍師の産地でした。

 

司馬徽は、荊州の名士である龐徳公(ほうとくこう)と非常に仲が良く、

後には司馬徽が引っ越してきて、襄陽の魚梁洲にあった龐徳公の住まいの

川の向かいに住んで、舟を浮かべて往来したり、水位が低い時には、

着物の裾を捲り歩いて訪ねてきたりしたそうです。

 

司馬徽は、貧しさを苦にせず、清廉で優雅な雰囲気があり、

また、物事の本質を即座に見抜く才能を持っていました。

龐統伝では、司馬徽は龐徳公より10歳年下であり、

龐徳公を敬って、龐公と呼んでいました。

 

龐徳公は、西暦163年の生まれなので、

それが正しいなら、司馬徽は173年の生まれという話になります。

そうなると、劉備より10歳若く、孔明より8歳年長なだけです。

劉備と会った207年には、34歳という事になり、

三国志演義のような、お爺さんでは無かったという事になるのです。




実はポンコツ?人物鑑定家なのに鑑定しない司馬徽

 

そんな司馬徽は、物事の本質を見抜くとされ、人物鑑定家として有名でした。

今風に言えば、インフルエンサーで司馬徽に評価されれば出世できると

色々な人が司馬徽を訪ねますが、司馬徽は、何の判断も下さず

なにを聞かれても「それは善きかな」と言うばかりでした。

それを見ていた妻が、

「あなたは誰が来ても、善きかなと言うばかり

皆さんは、あなたに人を見る目があると思って、訪ねてくるのに、

それではあんまりではないですか?」と苦情を言うと、

 

「あなたがおっしゃる事も、また善きかな」と答えました。

ここだけ聞くと、司馬徽はポンコツ疑惑が出てきますが、

本当は、判断を下す事で評判が増し、どこかの群雄が召集する事を

恐れて、保身の為にポンコツのフリをしていたようです。

 

その証拠として、207年に劉備が司馬徽を訪ねて、

これからの時代はどうなりましょうか?と尋ねると

「儒者や俗人どもに一時代の大仕事が理解できましょうか?

時代の仕事を理解しているのは俊傑です

この辺りには、伏龍と鳳雛がおりますぞ」と答えています。

 

つまり、劉備がタダモノではないと見抜いたから、

司馬徽は、このようなアドバイスをしたのです。

普段、善きかな、善きかな、と対応している人間は、

皆、取るに足りず、まともに相手にしていないのでした。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

16歳の龐統が司馬徽に問答を挑んだ

 

まだ司馬徽が故郷の豫州潁川郡陽翟にいた、西暦195年、

16歳の龐統(ほうとう)は、叔父の龐徳公に言われて二千里の遠路を

馬車で司馬徽に会いに行った事があります。

 

その時、司馬徽は、木の上に上り、桑の葉を摘んでいました。

当時、桑の葉を摘むのは、女、子供の仕事であり、士大夫の

やる仕事ではありませんでした。

 

生意気盛りの龐統は、司馬徽を大した事がないヤツと侮り

馬車からも下りずに、言いました。

 

「男子たるもの、この世に生まれたからには、

金印、紫綬(高級役人が持つアイテム)を帯びねばならぬと私は聞いています

あんたは、どうして立派な器量があるのに、それを隠して、

糸紡ぎなどという女の仕事をしているのか?」

 

すると司馬徽も、木から下りようともせず言いました

 

「君が、龐士元かね? まずは車から降りなさい

君は直進する速さだけは知っているが、その為に道に迷う危険を御存じない。

昔、伯成(はくせい)は田畑を耕して諸侯の栄誉を求めず、原憲(げんけん)は

桑や枢(やまにれ)を邸宅と交換しようとはしなかった。

どうして、豪勢な屋敷に住み、肥えた馬に跨り、数十人の婦女を侍らせねば

満足できぬという事があろう。

それこそが許父(きょふ)の慷慨し、白夷(はくい)・叔斉(しゅくせい)の

嘆息した理由なのだよ。

例え、秦の爵位と千乗の馬車を盗んだとしても尊ぶには当たらない!」

 

それを聞いた龐統は、誠に司馬徽が智者であると知り車を降りて

 

「私は、田舎の地から出てきて、ようやく大義を知りました

一度も大鐘、雷鼓を打ち鳴らさねば、その音響が分からないのと同じなのです」

 

そう言って、司馬徽は木の上、龐統は木の下で昼から夜になるまで語り合い

司馬徽は嘆息して、

「龐徳公は誠に人物を知っておられる、この若者は実に立派な仁徳者だ

南方の人士でも頂点に立つだろう」と言いました。

 

容姿が優れておらず、ぼんやりしていた龐統の名前が、

知られ始めたのは、この司馬徽の感想が元だそうです。

 

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

関連記事:龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師

 

荊州に居ついてからは、学問所を開いて人材を育てる

 

荊州の襄陽に引っ越してからの司馬徽は、学問所を開いて古文を教えました。

その門弟には、徐庶(じょしょ)韓嵩(かんすう)、龐統、向朗(しょうろう)

尹黙(いんもく)、李仁(りじん)がいます。

いずれも一角の人物となり、蜀や魏で活躍しました。

当時の荊州の支配者は、劉表(りゅうひょう)でしたが、司馬徽は、

劉表は愚かさゆえに善人を殺すであろうと見て、口を閉ざして

他人と議論をしませんでした。

 

ある人が劉表

「司馬徳操は奇才の士ですが、まだ誰からも、招かれておりません」と告げると

劉表は司馬徽を訪ねて会ってみますが、

やはり、「善きかな、善きかな」で、まるで受け答えになりませんでした。

劉表は失望し「世間の声は当てにはならぬ、あれはただの書生だ」と言い、

結局、採用しませんでした。

このように、司馬徽は巧みに、バカを装っていたのです。

 

荊州陥落後、曹操が召出そうとするが間も無く病死する

 

こうして、バカを装い、悠悠自適な生活を送っていた司馬徽の元に、

今度は、劉表の息子の劉琮(りゅうそう)が訪ねてきました。

その時、司馬徽は野良着を着て、土にまみれて畑を耕していましたが、

そこに劉琮の側近がやってきて、司馬徽に尋ねます。

 

「おい、農夫、司馬君は御在宅か?」

 

司馬徽「はい、私がそうで御座いますよ」

 

それを聞いた側近は、農夫にからかわれたと思い腹を立てました。

 

「このくたばり損ないめが!!

将軍とお歴々は司馬君に会いたいのだ、

どうして、お前如きが司馬君の名前を騙るのか?

司馬君のご尊名を汚すんじゃあない!!」

 

すると、司馬徽は野良仕事を中断して、自宅に入り髪を剃って

頭巾を被り、再び、側近の前に現れました。

 

あの農夫が本当に司馬徽だと知った側近はびっくり仰天、、

劉琮の所に飛んで行って、どうしましょう?と泣きつくと、劉琮は大慌てで

馬車から滑り降り、司馬徽の前で土下座して無礼を詫びました。

すると司馬徽は、

 

「あいや、そのような事はなさらないで下さい、私が申し訳なくなります。

私は自分で耕し食べている一農夫に過ぎません。

それが、なにか、エライように伝わり、将軍のお耳を汚しただけなのです」

 

司馬徽は、そう言うだけで、少しも怒りませんでした。

 

司馬徽の善きかなには、深い深い意味があった。

 

このように、司馬徽は罵倒されようが誤解されようが、

褒められようが、何でも、善きかなでした。

 

善きかな、善きかな、この司馬徽の言葉は、一見すると保身のための

事なかれ主義に見えますが、同時に、とても深い意味があります。

司馬徽がどれだけ優れた思想を持っていようと、

人間は自分の理解の範疇でしか、これを評価する事が出来ません。

 

だからこそ、司馬徽をタダモノではないと敬う人がいる一方で、

書生に過ぎないと評価しない人もいて、

中には農夫だと思って怒鳴りつける人もいます。

それを司馬徽が怒っても仕方が無いでしょう。

他人には、そのようにしか「見えない」のですから、、

 

司馬徽から見て、愚かな選択に見えても、その人が必死に考えて出した結論なら

それは善きかな、善きかな、、やがて、それを悔いて改めても、、

その分だけ成長したのだから、それもまた、善きかな、善きかな、、

 

司馬徽は、どこまでも人の意見を尊重し、口を挟まず、偉そうにせず、

その人がベストな選択をしたのだとニコニコしていたのです。

一体、私達は、他人に自分のイメージを押しつけて、それに反する行為をされると

勝手に怒ったり、憎んだりしますが、司馬徽は、それが傲慢である事を悟り

謙虚であり続け、心に波風を立てなかったのです。

 

曹操が荊州に侵攻、間も無く司馬徽も病死する

 

やがて、劉表が死去し、曹操(そうそう)の大軍が荊州に入ると司馬徽も捕まります。

曹操は司馬徽の価値を知っていて、大いに用いようとしますが、

その頃には、司馬徽は健康を害していました。

そして、ついに一度も出仕する事なく、35歳で生涯を閉じたのです。

 

 

司馬徽(しばき)はどんな人?なんでも善きかな、生涯誰にも仕えなかった偉人

の続きは、「大戦乱!!三国志バトル」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「大戦乱!!三国志バトル」を登録しよう!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:奇人・変人・露出狂?曹操をコケにして歴史に名を刻んだ禰衡(でいこう)

関連記事:【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 劉備軍 曹操軍 54話:劉備、再び曹操に敗れる
  2. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲
  3. 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)
  4. 現実主義曹操 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操
  5. 赤兎馬 赤兎馬はどうして名馬?呂布の相棒の嘘のようなホントの話
  6. 【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者…
  7. 政(始皇帝) 原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?
  8. 趙雲 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年

おすすめ記事

  1. 反董卓連合軍に参加したのは、誰と誰なの?【素朴な質問】 反董卓軍010
  2. 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?
  3. 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】
  4. 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将 馬騰
  5. 読者の声『右クリックができず困っている件』 読者の声バナー(はじめての三国志)
  6. 111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める

三國志雑学

  1. 空城も計 孔明
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代
  2. 豊臣秀吉 戦国時代2
  3. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ
  4. 呉の周瑜、孫策、程普

おすすめ記事

【新連載予告】『まだ漢王朝で消耗してるの?』はどんな内容なの? 曹操に仕えることを検討する荀彧 荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介! 蒙恬(もうてん)とはどんな人?秦・中華統一後に一族が滅びる悲しい将軍 曹操の文学サロンが武に代わるソフトパワーを生み出した 龐統と的盧 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死 羊コと信頼の関係を築く陸抗(りくこう) 羊祜 陸抗と羊祜は力が拮抗していたから○○しなかった 白狼山の戦いは曹操もちょっぴり後悔? 王烈(おうれつ)を知っていたら三国志マニア?名声をもっていながら民衆として生きた名士

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP