広告募集
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死

この記事の所要時間: 224

龐統と的盧

 

214年、鳳雛(ほうすう)と称された龐統(ほうとう)

張任(ちょうじん)の伏兵作戦により亡くなります。

 

このとき張任は、本当は劉備を狙っていました。

劉備の乗る馬が的盧(てきろ)という白馬だと知っていたので、

それを目印に矢を射かけさせたのです。

 

しかし、的盧に乗馬していたのは、龐統でした。

進軍中に龐統の馬(胭脂馬)が暴れたため、

劉備から的盧を借りていたのです。

 

この的盧という馬、実は「凶馬」として知られていました。

 

関連記事:張任によって龐統討たれる 

 

 

劉備の愛馬、的盧(てきろ)ってどんな馬?

 

「かわいい的盧や、こっちにおいで♪」

↑このセリフは間違いです。

 

的盧というのは馬の名前ではなく、馬相、つまり馬の見た目について

あらわした言葉です。

 

額から口まで白い模様がある馬のことです。

……単なる白馬ではないのですね。

 

的盧は、「盧をあてる」という言葉です。

 

盧は、ばくちの最高の勝ち手のこと。

 

最高を極めてしまうと、さらに上を目指すことはできません。

つまり、これ以上よいことは起こらない=凶という意味になります。

 

 

的盧の評判

 

的盧は、趙雲(ちょううん)から劉備に献上された馬でした。

 

劉備が荊州にいたとき、

謀叛を起こした張武から手に入れました。

 

荊州の主、劉表がそれを「いいなー」と羨望の眼で見つめます。

劉備は、劉表に的盧を献上しました。

 

しかし、「この馬は凶馬ですぞ! 乗るのはおやめください!」

と声を上げるものがいたため、

劉表は劉備に的盧を返すことにしました。

 

またあるものは、劉備にこんなことを言いました。

「厄落としのために、気に喰わないやつを乗せたらどうです?」

劉備は即座に答えます。

「そんな卑怯なまねはしない!」

 

……数年後、図らずして劉備は龐統に的盧を貸し、

龐統は劉備の代わりに亡くなってしまいます。

 

関連記事:劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴

関連記事:龐統登場と同時に左遷(笑)

関連記事: 龐統、涪水関を計略で落とす

 

劉備の命を救う的盧

 

とはいっても、的盧を凶馬だと決めつけるのは短絡です。

的盧は、厄落とし以前に、劉備の命を救ったこともあったのです。

 

劉備はある日、曹操の命を受けた蔡瑁(さいぼう)に

命を狙われます。

 

そのとき、劉備を乗せた的盧は、檀渓の水中にはまってしまいますが、

「的盧、ガンバ!」

という劉備の励ましに、跳びあがり、

無事に劉備の危機を救いました。

 

関連記事:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備

 

 

こちらの記事もよく読まれています

赤兎馬 呂布

 

よく読まれている記事:赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬

 

赤兎馬

 

よく読まれている記事:呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない

 

龐統 ゆるキャラ 三国志

 

よく読まれている記事:龐統初登場、連環の計発動!

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できた…
  2. 1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何?
  3. もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの?
  4. もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察…
  5. 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲
  6. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている…
  7. 三国志に登場する兄弟最強は誰だ!?三国志最強兄弟賞(SSK)
  8. 病気の呂蒙を穴から見守る孫権

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは?
  2. 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?
  3. 曹操が絶望詩人と化した兗州争奪戦を地図で紹介
  4. 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!!
  5. 曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」
  6. 三国志の時代に象兵はいたの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

いつまでやるの?またまた『赤兎馬=カバ説』を検証してみる。第2弾【HMR】 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!前篇 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは! 呉と倭は外交交渉をしていたの?日本を目指した衛温と諸葛直 孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材 世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか 【キングダム予想】公孫龍将軍が最大の壁になる?実は防戦のスペシャリスト

おすすめ記事

  1. 三国志に学ぶ国家絶滅危機:もし日本(国家)がなくなったら、日本人はどうなるの?
  2. え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できたのは劉備のおかげ!?
  3. 【三国志の新事実】マジで!?蜀の天才丞相・諸葛孔明が沢山いた!
  4. 【三国時代】英雄の地位はどの位?
  5. 【キングダム】楊端和(ようたんわ)は実在した女将軍?史実を元に徹底解剖
  6. 夏侯玄(かこうげん)とはどんな人?夏候家の逸材として称えられた名士
  7. 45話:象対蟻か?袁紹vs曹操
  8. 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP