架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死

この記事の所要時間: 224

龐統と的盧

 

214年、鳳雛(ほうすう)と称された龐統(ほうとう)

張任(ちょうじん)の伏兵作戦により亡くなります。

 

このとき張任は、本当は劉備を狙っていました。

劉備の乗る馬が的盧(てきろ)という白馬だと知っていたので、

それを目印に矢を射かけさせたのです。

 

しかし、的盧に乗馬していたのは、龐統でした。

進軍中に龐統の馬(胭脂馬)が暴れたため、

劉備から的盧を借りていたのです。

 

この的盧という馬、実は「凶馬」として知られていました。

 

関連記事:張任によって龐統討たれる 

 

 

劉備の愛馬、的盧(てきろ)ってどんな馬?

 

「かわいい的盧や、こっちにおいで♪」

↑このセリフは間違いです。

 

的盧というのは馬の名前ではなく、馬相、つまり馬の見た目について

あらわした言葉です。

 

額から口まで白い模様がある馬のことです。

……単なる白馬ではないのですね。

 

的盧は、「盧をあてる」という言葉です。

 

盧は、ばくちの最高の勝ち手のこと。

 

最高を極めてしまうと、さらに上を目指すことはできません。

つまり、これ以上よいことは起こらない=凶という意味になります。

 

 

的盧の評判

 

的盧は、趙雲(ちょううん)から劉備に献上された馬でした。

 

劉備が荊州にいたとき、

謀叛を起こした張武から手に入れました。

 

荊州の主、劉表がそれを「いいなー」と羨望の眼で見つめます。

劉備は、劉表に的盧を献上しました。

 

しかし、「この馬は凶馬ですぞ! 乗るのはおやめください!」

と声を上げるものがいたため、

劉表は劉備に的盧を返すことにしました。

 

またあるものは、劉備にこんなことを言いました。

「厄落としのために、気に喰わないやつを乗せたらどうです?」

劉備は即座に答えます。

「そんな卑怯なまねはしない!」

 

……数年後、図らずして劉備は龐統に的盧を貸し、

龐統は劉備の代わりに亡くなってしまいます。

 

関連記事:劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴

関連記事:龐統登場と同時に左遷(笑)

関連記事: 龐統、涪水関を計略で落とす

 

劉備の命を救う的盧

 

とはいっても、的盧を凶馬だと決めつけるのは短絡です。

的盧は、厄落とし以前に、劉備の命を救ったこともあったのです。

 

劉備はある日、曹操の命を受けた蔡瑁(さいぼう)に

命を狙われます。

 

そのとき、劉備を乗せた的盧は、檀渓の水中にはまってしまいますが、

「的盧、ガンバ!」

という劉備の励ましに、跳びあがり、

無事に劉備の危機を救いました。

 

関連記事:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備

 

 

こちらの記事もよく読まれています

赤兎馬 呂布

 

よく読まれている記事:赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬

 

赤兎馬

 

よく読まれている記事:呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない

 

龐統 ゆるキャラ 三国志

 

よく読まれている記事:龐統初登場、連環の計発動!

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. 三国志一の策謀家、袁術の伝説
  2. 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソード…
  3. 真田丸の関ヶ原の戦いはすぐに終わったが、どうして西軍は負けたの?…
  4. 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人?
  5. これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?
  6. これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレード…
  7. いまさら聞けない真田丸って一体何なの?
  8. 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かな…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 王異(おうい)ってどんな人?戦乱の中で数々の逸話を残してきた女性武将
  2. 漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!!
  3. 正当防衛なのに・・孫家に恨まれ続けて殺された黄祖(こうそ)
  4. 【はじ三の企画ができるまで〜制作の裏側少しだけ公開】
  5. 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争
  6. 孔明の罠初登場(笑)新野で曹操軍を翻弄

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり 実は笑い上戸のちっこいオッサン? 『曹瞞伝』に見る曹操像 111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの? マンガ『キングダム』に学ぶ、本心を隠し部下の本音を探れ 項燕(こうえん)とはどんな人?信と蒙恬を撃破する王騎レベルの名将! 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説!

おすすめ記事

  1. 司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?
  2. こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯
  3. 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?
  4. 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【後半】
  5. 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術
  6. 何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか?
  7. 大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの?
  8. 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.2

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP