的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死

龐統と的盧

 

214年、鳳雛(ほうすう)と称された龐統(ほうとう)

張任(ちょうじん)の伏兵作戦により亡くなります。

 

このとき張任は、本当は劉備を狙っていました。

劉備の乗る馬が的盧(てきろ)という白馬だと知っていたので、

それを目印に矢を射かけさせたのです。

 

しかし、的盧に乗馬していたのは、龐統でした。

進軍中に龐統の馬(胭脂馬)が暴れたため、

劉備から的盧を借りていたのです。

 

この的盧という馬、実は「凶馬」として知られていました。

 

関連記事:張任によって龐統討たれる 

 

[adsense]
 

劉備の愛馬、的盧(てきろ)ってどんな馬?

 

「かわいい的盧や、こっちにおいで♪」

↑このセリフは間違いです。

 

的盧というのは馬の名前ではなく、馬相、つまり馬の見た目について

あらわした言葉です。

 

額から口まで白い模様がある馬のことです。

……単なる白馬ではないのですね。

 

的盧は、「盧をあてる」という言葉です。

 

盧は、ばくちの最高の勝ち手のこと。

 

最高を極めてしまうと、さらに上を目指すことはできません。

つまり、これ以上よいことは起こらない=凶という意味になります。

 

 

的盧の評判

 

的盧は、趙雲(ちょううん)から劉備に献上された馬でした。

 

劉備が荊州にいたとき、

謀叛を起こした張武から手に入れました。

 

荊州の主、劉表がそれを「いいなー」と羨望の眼で見つめます。

劉備は、劉表に的盧を献上しました。

 

しかし、「この馬は凶馬ですぞ! 乗るのはおやめください!」

と声を上げるものがいたため、

劉表は劉備に的盧を返すことにしました。

 

またあるものは、劉備にこんなことを言いました。

「厄落としのために、気に喰わないやつを乗せたらどうです?」

劉備は即座に答えます。

「そんな卑怯なまねはしない!」

 

……数年後、図らずして劉備は龐統に的盧を貸し、

龐統は劉備の代わりに亡くなってしまいます。

 

関連記事:劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴

関連記事:龐統登場と同時に左遷(笑)

関連記事: 龐統、涪水関を計略で落とす

 

劉備の命を救う的盧

 

とはいっても、的盧を凶馬だと決めつけるのは短絡です。

的盧は、厄落とし以前に、劉備の命を救ったこともあったのです。

 

劉備はある日、曹操の命を受けた蔡瑁(さいぼう)に

命を狙われます。

 

そのとき、劉備を乗せた的盧は、檀渓の水中にはまってしまいますが、

「的盧、ガンバ!」

という劉備の励ましに、跳びあがり、

無事に劉備の危機を救いました。

 

関連記事:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備

 

[adsense]
 

こちらの記事もよく読まれています

赤兎馬 呂布

 

よく読まれている記事:赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬

 

赤兎馬

 

よく読まれている記事:呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない

 

龐統 ゆるキャラ 三国志

 

よく読まれている記事:龐統初登場、連環の計発動!

 

[adsense]
 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. 曹操 健康
  2. 山頂に陣を敷いた馬謖
  3. 玉璽
  4. キレる孫策
  5. 魏を破る朱然
  6. 唐周(とうしゅう)黄巾賊

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP