はじめての三国志

menu

はじめての変

孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの?

この記事の所要時間: 250




 

孔明は第一次北伐戦である街亭の戦い(がいていのたたかい)で敗北。

彼は自らの作戦能力に不備があったと責任を感じて爵位を降格させました。

その後、魏の武都(ぶと)・陰平(いんぺい)の両都市を制圧することに成功した功績によって、

再び丞相のくらいに返り咲くことになります。

しかしこの時呉の孫権が突然帝の位を称することになります。

 

 

蜀の群臣達は呉の孫権が帝の位を称したことに激怒し同盟を破棄せよとの言論が、

盛んに行われておりました。

なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が盛んに行われることになったのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?



孫権が帝になる

 

蜀の諸葛孔明が丞相の位に返り咲いた時、呉の孫権はある重大な決断を行います。

それは帝の位を称したことです。

孫権はなぜ皇帝の位に就任することになったのでしょうか。

彼は以前蜀・呉同盟が復活した時、帝になればいいじゃないですかと

配下達から推挙されたことがありましたが「まだ早いから無理」と言って断っております。

この時断った原因は蜀との同盟が安定していなかったからです。

今回皇帝になった最大の理由は蜀との同盟が安定していると判断したことが

最大のきっかけです。

彼は自らも帝号を称して王朝を開くことによって魏・蜀と張り合うことのできる国であることを

国内外へ証明するために帝の位を名乗ることにしたと考えられるでしょう。

しかし蜀では孫権が皇帝となったことに群臣達が激怒してしまいます。




孫権が帝になることに蜀の群臣達は激怒して・・・・

 

孫権が帝の位に就任したことを知ると蜀の群臣達は激怒します。

その原因は一体なぜなのでしょうか。

蜀の群臣達が激怒した理由は蜀の王朝が後漢王朝の継承者であることに関係があります。

蜀は劉備が建国した国ですが、彼は中山靖王(ちゅうざんせいおう)である

劉勝(りゅうしょう)の末裔であるとされております。

そのため後漢王朝の最後の皇帝である劉協(りゅうきょう)が、

曹丕に殺害されて皇帝の位を剥奪されたと知ると(蜀でばらまかれた噂であり、

本当は曹丕が劉協から皇帝の位を譲られた)劉備は

後漢王朝を継承して皇帝の位を称することになります。

魏は後漢王朝から皇帝の位を奪ったため討伐対象としているのですが、

呉が皇帝の位を称したとなれば呉も敵であり魏と同様に討伐するべきであると群臣達が、

考えたため孫呉との同盟を破棄して攻撃を仕掛けるべしと唱え始めます。

 

孔明の対応

 

孔明は孫権が皇帝の位を称したことを聞くと共に蜀の群臣達が呉と同盟を破棄して

戦うべしと息巻いていることを知ります。

彼は会議の席で群臣と劉禅(りゅうぜん)

「孫呉は従来から反逆する心を持っていたのにも関わらず我が国が長年同盟を結んでいるのは、

孫呉と同盟することによって受ける利益が多大だからです。

孫呉と同盟をすることによって我が国が受ける利益を考えてみてください。

まず孫呉と連動して魏へ攻撃を仕掛けることができます。

また孫呉と同盟していることによって孫呉からの攻撃を受けることなく、

魏討伐に専念することができます。

いま孫呉と同盟を破棄してしまえば孫呉と魏両方を相手にしなくてはならなくなり、

蜀の国力では両方を相手にすることは不可能で、

両国から攻撃を受けることになれば蜀の国の存続すら危うくなるでしょう。

これらの利益と不利益を考えればどちらが得策であるのかすぐにわかると思います。」と

説得します。

この説得を受けた群臣達は渋々納得することになり、

孫呉へ祝いの使者を派遣することになるのです。

 

関連記事:【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの?

関連記事:幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

さすがスーパー丞相・諸葛孔明です。

彼の説得のおかげで、孫呉と魏両国と敵対することにならずに済みます。

もし群臣達の言論に合わせて孫呉との同盟を破棄すれば、

蜀の国はかなり危険な状態になったのは間違えありません。

孫権は蜀が孫呉との同盟を破棄することは絶対にないと考えたからこそ、

皇帝の位に就任したのであり、、

彼の状況判断力は並大抵のものではないことが証明されたのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操の誕生日に孫権から贈られてきたとっても嬉しくない贈り物って何?

関連記事:孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せない…
  2. なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの?
  3. 周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣
  4. 規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争
  5. 平原君(へいげんくん)ってどんな人?欠点多いけど結果オーライ!人…
  6. 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景
  7. 後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決ま…
  8. 秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる
  2. 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将
  3. キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人?
  4. 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言
  5. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編
  6. 蜀を制圧したばかりの劉備軍をまとめるために孔明が打ち出した二つの方針とは?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダム】昌平君と媧燐は生き別れの姉弟?そこから導かれる悲しい最後 え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!? 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴 黄月英(黄夫人)ってどんな女性だったの?孔明の妻を紹介 呉と倭は外交交渉をしていたの?日本を目指した衛温と諸葛直 関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人 夏侯 惇(かこうとん)ってどんな人?| 曹操に最も近い男 呉をもっと知りたい貴方へ!これで呉の性格が分かる!呉のトリセツ紹介

おすすめ記事

  1. 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?
  2. 6/14 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定
  3. 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上
  4. 【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊の編成や武器なども徹底解説
  5. 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった
  6. 【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの?
  7. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画
  8. 【シミルボン】自分を褒めまくり、曹丕の自叙伝が意識高い系でウザい

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP