編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの?

この記事の所要時間: 250




 

孔明は第一次北伐戦である街亭の戦い(がいていのたたかい)で敗北。

彼は自らの作戦能力に不備があったと責任を感じて爵位を降格させました。

その後、魏の武都(ぶと)・陰平(いんぺい)の両都市を制圧することに成功した功績によって、

再び丞相のくらいに返り咲くことになります。

しかしこの時呉の孫権が突然帝の位を称することになります。

 

 

蜀の群臣達は呉の孫権が帝の位を称したことに激怒し同盟を破棄せよとの言論が、

盛んに行われておりました。

なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が盛んに行われることになったのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?



孫権が帝になる

 

蜀の諸葛孔明が丞相の位に返り咲いた時、呉の孫権はある重大な決断を行います。

それは帝の位を称したことです。

孫権はなぜ皇帝の位に就任することになったのでしょうか。

彼は以前蜀・呉同盟が復活した時、帝になればいいじゃないですかと

配下達から推挙されたことがありましたが「まだ早いから無理」と言って断っております。

この時断った原因は蜀との同盟が安定していなかったからです。

今回皇帝になった最大の理由は蜀との同盟が安定していると判断したことが

最大のきっかけです。

彼は自らも帝号を称して王朝を開くことによって魏・蜀と張り合うことのできる国であることを

国内外へ証明するために帝の位を名乗ることにしたと考えられるでしょう。

しかし蜀では孫権が皇帝となったことに群臣達が激怒してしまいます。




孫権が帝になることに蜀の群臣達は激怒して・・・・

 

孫権が帝の位に就任したことを知ると蜀の群臣達は激怒します。

その原因は一体なぜなのでしょうか。

蜀の群臣達が激怒した理由は蜀の王朝が後漢王朝の継承者であることに関係があります。

蜀は劉備が建国した国ですが、彼は中山靖王(ちゅうざんせいおう)である

劉勝(りゅうしょう)の末裔であるとされております。

そのため後漢王朝の最後の皇帝である劉協(りゅうきょう)が、

曹丕に殺害されて皇帝の位を剥奪されたと知ると(蜀でばらまかれた噂であり、

本当は曹丕が劉協から皇帝の位を譲られた)劉備は

後漢王朝を継承して皇帝の位を称することになります。

魏は後漢王朝から皇帝の位を奪ったため討伐対象としているのですが、

呉が皇帝の位を称したとなれば呉も敵であり魏と同様に討伐するべきであると群臣達が、

考えたため孫呉との同盟を破棄して攻撃を仕掛けるべしと唱え始めます。

 

孔明の対応

 

孔明は孫権が皇帝の位を称したことを聞くと共に蜀の群臣達が呉と同盟を破棄して

戦うべしと息巻いていることを知ります。

彼は会議の席で群臣と劉禅(りゅうぜん)

「孫呉は従来から反逆する心を持っていたのにも関わらず我が国が長年同盟を結んでいるのは、

孫呉と同盟することによって受ける利益が多大だからです。

孫呉と同盟をすることによって我が国が受ける利益を考えてみてください。

まず孫呉と連動して魏へ攻撃を仕掛けることができます。

また孫呉と同盟していることによって孫呉からの攻撃を受けることなく、

魏討伐に専念することができます。

いま孫呉と同盟を破棄してしまえば孫呉と魏両方を相手にしなくてはならなくなり、

蜀の国力では両方を相手にすることは不可能で、

両国から攻撃を受けることになれば蜀の国の存続すら危うくなるでしょう。

これらの利益と不利益を考えればどちらが得策であるのかすぐにわかると思います。」と

説得します。

この説得を受けた群臣達は渋々納得することになり、

孫呉へ祝いの使者を派遣することになるのです。

 

関連記事:【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの?

関連記事:幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

さすがスーパー丞相・諸葛孔明です。

彼の説得のおかげで、孫呉と魏両国と敵対することにならずに済みます。

もし群臣達の言論に合わせて孫呉との同盟を破棄すれば、

蜀の国はかなり危険な状態になったのは間違えありません。

孫権は蜀が孫呉との同盟を破棄することは絶対にないと考えたからこそ、

皇帝の位に就任したのであり、、

彼の状況判断力は並大抵のものではないことが証明されたのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操の誕生日に孫権から贈られてきたとっても嬉しくない贈り物って何?

関連記事:孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  2. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?
  3. 袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめ…
  4. 徐晃の戦い方が素晴らしすぎる!前漢の周亜夫の武勇に匹敵するほどの…
  5. 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソード…
  6. 戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/21〜11…
  8. 曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 王元姫(おうげんき)とはどんな人?司馬昭の妻となる道理を重んじる女性
  2. 【書評】キングダム 最強のチームと自分をつくる【伊藤羊一】
  3. 封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説
  4. 小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか?
  5. 【月間まとめ】2016年5月の注目ニュース21選!
  6. 【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.1 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙 三国志ファンの後漢(五感)をふるわさす三国志フェス2015に参戦しよう! 【意外】古代中国では犬やタヌキが鼠を捕っていた? 【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上

おすすめ記事

  1. 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について
  2. 三国天武とはどんなアプリゲーム?
  3. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  4. 張飛の娘はサラブレッド?夏侯月姫と張飛の恋愛事情
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第13部(完)
  6. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1
  7. 11話:パンドラの箱を開けた漢王朝
  8. 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP