孫権は孫尚香と劉備の結婚にあまり関心がなかったってホント?

2022年6月12日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孫尚香

 

孫尚香(そんしょうこう)と言えば、言わずとしれた有能で酒色に溺れることなく規律正しく沈着冷静な呉皇帝、孫権(そんけん)の妹。と言っても孫尚香という名前は京劇から付けられた名前で、実際には孫夫人と呼ばれます。

 

三国志演義_書類

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)では三国志版ロミオとジュリエット、悲恋の果ての二人ですが、実際にはそんな関係ではなかったと言われる劉備(りゅうび)と孫夫人。しかしそれもこれも孫権の想定内の話だった……!?

 

今回はそんな全ては呉王様の掌の上のお話です。

 

 

 

 

 

三国志演義で呉国太に気に入られた劉備

周瑜

 

さてここからはまず三国志演義のお話が続きます。発案は周瑜(しゅうゆ)。劉備を危険視した彼は孫権の妹、孫夫人と劉備を政略結婚させ、もてなしにもてなしで堕落させようぜ!と孫権に持ちかけるのですが、二人は親子ほど年が離れており、孫夫人の母親の呉国太は大反対。

 

呉夫人

 

しかし劉備と会うとその溢れる仁徳に感じ入った呉国太は、劉備を見込んで娘を嫁がせることになり、豪華な酒宴が何日も開かれます。

 

劉備大喜び。周瑜してやったり。

劉備を徹底サポートする趙雲

 

護衛の趙雲(ちょううん)大慌て。

 

関連記事:本当に破天荒?正史三国志から読み取る孫尚香(孫夫人)の人物像

関連記事:正史の孫夫人こと孫尚香は三国志演義では性格がまるで違う?

 

はじ三Youtubeメンバーシップ

 

 

 

劉備を呉に軟禁する周瑜の策を見抜き蜀にトンズラ

劉備とイチャイチャする孫尚香

 

ここで趙雲、諸葛亮(しょかつりょう)に授けられていた策で強制的に劉備を帰国させることに。しかし予想外、ここで孫夫人は劉備に同行することに。逃亡した一行を大慌てで追いかける呉の武将たち。

 

兵士 朝まで三国志

 

しかし彼らに対峙するのはなんと孫夫人その人。「私の夫に何をしようと言うのか!」孫夫人は彼らを一喝しては追い返し、劉備たちは無事に国へと帰れることになりました。

 

関連記事:劉備の若妻孫尚香はとんでもない爆弾娘だった理由とは?

関連記事:孫尚香はどちらがかわいい?アニメそれとも三国志?

 

WEB版 はじめての三国志

 

 

母危篤の知らせに劉禅を連れ呉に帰る孫尚香

司馬昭の質問に回答する劉禅

 

二人の間に子供こそできなかったけれど、夫婦は仲睦まじく過ごしました。そんなある日、孫夫人の元に母親危篤の知らせが。「母君は最期に孫の顔をご覧になりたいと……」驚いた孫夫人は太子、劉禅(りゅうぜん)を連れて宮殿を抜け出し、呉へと帰国しようとしました。

 

阿斗を劉備まで届ける趙雲

 

しかしこれを察知したのが我らが趙子龍(ちょうしりゅう)。単騎駆けに定評がある彼が速攻で追いかけ、更に張飛(ちょうひ)も合流して戻るように、と警告します。

 

関連記事:孫尚香ってどんな人?孔明に曹操、孫権と並び評された人物

関連記事:劉備は孫夫人との結婚を喜んでいなかった!その理由とは?

 

一億二千万人の三国志

 

 

劉禅を趙雲に帰し呉で生涯を閉じる孫尚香

遣唐船(奈良時代)

 

しかし母親が危篤であるというのに帰らないという選択肢はない孫夫人。どうにか劉禅だけは返すことを了承させ、彼らは夫人を見送りました。しかし帰国して見ると元気な母親。

 

馬謖に重要な仕事を任せるなと孔明に伝えて臨終を迎える劉備

 

騙されたと知るも既に遅く、劉備の元に帰れないまま実家で過ごした彼女は、後に夷陵(いりょう)の戦いで劉備が戦死したという誤報を受け、長江に身を投げてしまったと言います。

 

関連記事:歴史の影に女あり!絶世の美女たち

関連記事:【三国志平話】劉備を殺す気満々!でも皇帝ブランドに騙された孫夫人

 

はじめての三国志LINE公式アカウント

 

 

正史ではとんだ乱暴者な孫尚香

自分の側近に武装させる孫尚香

 

さて涙で長江も氾濫するのではないかという三国志演義のストーリー。しかし正史ではほぼ違う人物となっています。そもそも記録が少ないのですが

 

じゃじゃ馬な孫尚香

 

・気が強くて傲慢不遜(ごうまんふそん)

・周囲とトラブルばかり

・身の回りの人物たちも素行が悪い

・犯罪までやった

・普段から威嚇行為を繰り返す

・正史での母親は不明(身分が良く分からない)

 

と、政略結婚で良くもまあこんな妹を嫁がせたな呉王様……と思うような女性です。

 

関連記事:【第1回 幻想少女】衝撃の三国志が誕生!これぞ三国志革命だ!!

関連記事:横山三国志で陳式と夏侯尚が人質交換された時、黄忠が夏侯尚を射ったのは史実?

 

ながら三国志

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-孫権
-,