広告募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた!

この記事の所要時間: 313




 

孟嘗君(もうしょうくん)は天下の諸侯から人望を得ておりましたが、

実力は一体どの程度だったかは分かりませんでした。

しかし彼の実力が垂沙(すいさ)の戦いで勝利したことによって実力・名実共に天下の諸侯から

認められることになるのです。

キングダムでも登場した戦国四君・春申君を超える人望を身につけていた

孟嘗君・田文の実力が天下に認められた垂沙の戦いについてご紹介します。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父が信じた迷信が原因で悲劇が訪れる




落ち目であった楚に救いの手が

 

楚(そ)は秦の宰相となっていた政治家である張儀(ちょうぎ)によってボロボロにされておりました。

張儀は一時期楚の国にいたのですが、この国でコテンパンにいじめられたことが有り、

彼は楚へ復讐するために秦へ行って宰相として国政を握ることになります。

彼は秦の宰相になると楚王を時に騙し、時におだてたりしながら楚の国の領土を削っていき、

楚の国力が年数を重ねる事によって弱っていきます。

こうした中、張儀は秦王の世代交代によって秦から居なくなり、

秦の外交方針も変化していったことで、楚の国に対して秦からの圧力が弱まっていきます。

またキングダムに登場している秦王政の三代前の昭襄王(しょうじょうおう)の時代になると

楚は秦と婚姻関係を持つことになり、少しづつ国力が回復していきます。




楚の太子が事件を起こしたことがきっかけで・・・・

 

秦と婚姻関係を持つことになった楚ですが、

ある事件がきっかけで秦と楚の婚姻関係が切れてしまいます。

その原因を作ったのは楚王の太子です。

彼は秦に人質として滞在していたのですがある日秦王の家臣と口喧嘩。

楚王の太子はだんだん興奮してきて、秦王の家臣を殺害してしまいます。

このことを知った秦王は激怒して楚との婚姻関係を破棄。

そして秦は斉・韓・魏の三国と連合して楚へ攻撃を行います。

 

バラバラな連合軍

 

秦に誘われて楚へ攻め込むことになった三国の軍勢ですが、

連合軍は統率が取れていないため攻撃を行うにもバラバラに攻撃を行っており、

成果が中々上がりませんでした。

また秦はこの当時から評判があまりよくないため、

連合軍の将軍達は秦が裏切って攻めて来るのではないかと不安を抱えている状態でした。

この連合軍の状況を知った斉の宣王(せんおう)は諸侯に人望を持っている田文を連合軍の

大将にするのはどうかと韓と魏に通達します。

二つの国は斉王の提案を受け入れます。

こうして田文は連合軍の大将として戦場へ送り込まれることになります。

 

垂沙で楚軍を撃破し、大勝利を飾る

 

田文が連合軍の総大将として就任した後、三国の軍勢は統制の取れた動きをして楚国へ

侵攻していくことになります。

楚軍は沘水(ひすい)と言われるところに兵を固めて連合軍を待ち受けます。

連合軍は沘水の対岸で楚軍と対峙することになるのですが、

沘水はかなり大きな河であったため、対岸へ渡ることが難しい状態になっておりました。

そのため両軍はお互いに攻めることをしないで数ヶ月が経過。

 

沘水を渡って夜襲をかけろ!

 

沘水には渡りきることの浅瀬があるのですが、

楚軍の防御が固いデメリットがあることを知った田文。

彼は斉軍を率いている将軍に「楚軍の陣地へ河を渡ることが出来る場所があるのですが、

この地は楚軍がしっかりと防御を固めているそうです。

しかし夜になれば楚軍は防御がしっかりと行っていることによる

安心感から油断が生まれていると思いますので、将軍は夜中に楚軍へ攻撃を行っていただきたのですが、

よろしいでしょうか。」と相談を持ちかけます。

斉軍の将軍は田文の進言を受け入れて、夜中に沘水を渡って楚軍の陣地へ攻撃を仕掛けます。

この結果、楚軍は斉軍に打ち破られることになり、他の二国も斉軍に従って楚軍の陣地を

攻撃したことによって楚軍は撤退。

連合軍は大勝利を収めることになるのです。

斉軍が楚軍に勝利した場所が垂沙だったことからこの戦いを垂沙の戦いと呼ばれるようになり、

田文の実力が天下に知れ渡ることになるのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

田文はこの戦いによって天下の諸侯から実力と人望の高さが認められることになり、

田文がこの乱世を動かしていくことになると諸侯は感じることになるのです。

田文が天下を動かしていく人物であることに目をつけたふたりの人がいました。

一人は田文を利用していこうと考えた秦の宰相である魏冄(ぎぜん)。

そしてもうひとりは田文が天下を動かす人物であることに反発したのが、

「胡服騎射」を制定した人物として名高い趙の武霊王(ぶれいおう)です。

この二人の考えの中心にいた田文。

だが彼は二人の考えに利用されず、自らの道を進んでいくことになります。

 

参考文献 中公新書 孟嘗君と戦国時代 宮城谷昌光著など

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【時代の先導者】父に嫌われていた孟嘗君・田文は○○がきっかけで父の跡を継ぐことになった

関連記事:【食客には無駄な人材はいない!!】孟嘗君の脱出劇が名言として登場

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ち…
  2. 【センゴク】織田信長が上洛するための大義名分って何?尾張・美濃を…
  3. 【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは…
  4. 荀況(じゅんきょう)とはどんな人?始皇帝の法治国家の形成や李斯・…
  5. キングダムの秦王・政がドハマリした韓非子(かんぴし)ってなに?
  6. 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構…
  7. 【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほん…
  8. 【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見?
  2. 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!
  3. 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】
  4. 島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島津四兄弟の闘将
  5. 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの?
  6. 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じる

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/10〜4/17】 誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の●●●』 周瑜(しゅうゆ)ってどんな人?赤壁の戦いで曹操軍を破った智将軍 おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見事に統治した名政治家 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語 三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る! 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国

おすすめ記事

  1. 領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見?
  2. みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!
  3. 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超
  4. 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】
  5. 【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長
  6. 【孫武の名言】「将、軍に在りては君命をも受けざるところにあり」っていつ言ったの?
  7. 【涼州の錦vs魏の文官】果たして勝ったのはどっち?
  8. 金ケ崎の退却戦ってなに?秀吉の名前が一躍知れ渡ることになる退却戦

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP