編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された

この記事の所要時間: 412




 

私達が読む事が出来る兵法書、孫子(そんし)は実は曹操(そうそう)

編集したものが最古という事実は、はじさんをいつも読んで下さる読者の皆様には

周知の事だと思われます。

では、曹操はどうして、孫子に注釈を加えて編纂したのでしょうか?

「元の孫子兵法書が色々な人の手を経て、分りづらくなっていたから」

もちろん、それもありますが、曹操が孫子を編集したのは、もっと切実な理由でした。

実は、孫子の兵法は、曹操が軍の将校を養成する為の教科書だったのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察




曹操は歴史の先生が出来る程に学問に通じていた

 

曹操は、若い頃の一時期、古学に通じているという理由で、議郎として

霊帝の側近くに仕えていました。

古学は今でいう歴史の事で、曹操は若くして歴史の先生だったのです。

そんな曹操が歴史と同じく研究したのが軍隊の動かし方を教える兵法でした。

 

 

やがて、董卓(とうたく)が洛陽に入り、政治を意のままに操りはじめると、

曹操は反董卓連合軍に参加、歴史の先生から歴史を造る側に転身します。

ところが、中央の一役人だった曹操には自前の家臣団も軍隊もなく、

一生懸命に献策しても、諸侯に鼻で笑われる有様でした。

 

関連記事:ええっ?曹操は歴史の先生として宮廷で採用されていた!?

関連記事:曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?




兗州牧になり、青州黄巾賊を手に入れたが・・

 

地盤の無い曹操は、やむなく袁紹(えんしょう)の配下として東郡の大守となりますが、

やがて、西暦192年、兗州刺史の劉岱(りゅうたい)が黄巾賊に敗れて戦死した

空白を受けて、事実上の兗州牧に推戴され、さらに青州黄巾賊と密約を結んで

30万という軍勢と100万の避難民を取りこむ事に成功します。

 

そこまでは良かったのですが、青州黄巾賊は、太平道の教義しか知らず、

団体生活を送り世間一般の常識など何もない狼のような集団でした。

しばしば、暴走して無用な虐殺や掠奪を繰り返し、曹操の評判を貶めます。

 

事実、曹操は魏武註孫子の謀攻編で以下のような注釈を残しています。

 

 

「ヤマネコの集まりのような無秩序な黄巾賊など

戦っても戦ってもキリがない

むしろ、荊州の劉表のように安定した組織を持っていて、

下手クソな謀略を仕掛けてくる位が料理しやすい」

 

裏を読めば、これは青州黄巾賊も、こんなものだったとも読めます。

強いがケダモノ同然の黄巾賊を、何とか秩序のある軍団に編成し直すのは、

その青州兵に武力を依存する曹操にとっても死活問題でした。

 

曹操先生閃く、黄巾賊を教育すればいいじゃん!

 

ここで、曹操が考えた打開策は、いかにも歴史の先生らしいアイデアでした。

伝わっている兵法書の孫子を分りやすいように編集してシンプルにし、

黄巾賊から選抜した将校クラスの人間に与えて教育するという事です。

 

魏武註孫子は、曹操の一人称が操であり、孤(君主の自称)を使っていない事から

大体、官渡の戦いに勝利した頃、西暦201年から203年頃までに編まれた

と考えられていますが、曹操はそれ以前から、孫子を研究していて袁紹を撃破して、

一応、政権が安定した、この時期に研究をまとめたと考えられています。

 

しかし、政治、戦争、詩文にプラスして教科書まで執筆しているうえに、

妻も13名いるのですから、曹操は一体、いつ寝ているのだろうと感心します。

 

孫子ばかりではなく、他の兵法書も勧める心憎いサービス

 

曹操は、孫子の本文の中で、生徒が誤解しやすい部分、複雑で分りにくい部分には、

必ず注釈を入れて、具体例を示して理解しやすくしています。

さらに、歴史の知識を活かして、孫子ばかりでなく、司馬法、仁本編などの

別の文献も理解の一助として示し、注釈でも使い、さらに生徒の知識熱を

ステップアップさせるように心憎い工夫が凝らされています。

 

「俺が書いた、魏武註孫子だけを読めばいい」ではなく、沢山の兵書から、

比較検討して兵法の要諦を掴めという姿勢は、教育者としても傑出していて、

いかにも合理主義者で実利を重んじた曹操らしいです。

 

こうして、曹操の軍団は、魏武註孫子を教科書に学んでいき、

ただ、荒々しいだけの軍団から、鉄の規律を持つ、統制が取れた中華最強の

軍団へと変化して行ったのです。

 

呂蒙も魏武註孫子を読んでいた?曹操自慢の一冊

 

さて、そんな曹操ですが、自分が編纂した魏武註孫子が余程の会心の作だったようで

呉の孫権(そんけん)にも、本をプレゼントしていたようです。

 

なんだか、大会社の社長が自叙伝をパーティーなどを利用して関係者に配りまくり

有り難迷惑がられるのに似た感じですね。

 

その様子が窺えるのが、孫権が呂蒙(りょもう)に学問をやるように諭した時の言葉

 

「孟徳は、老いてますます学問が好きになったという、

これからは学問なしではやっていく事は出来ないぞ」で、

 

或いは、この時孫権は、言葉と共に、呂蒙に魏武註孫子を

手渡したのかも知れないのです。

 

その証拠として、同じ頃、呉の沈友(しんゆう)が沈友註孫子を出している事が

挙げられます。

 

 

この沈友は、神童と呼ばれた才人ですが、いわゆる禰衡(でいこう)タイプで、

貴人に嫉妬しその業績をボロクソに批判して才能をひけらかす自己顕示欲の塊で、

その悪癖で孫権まで攻撃してしまい、204年に殺されています。

 

沈友註孫子は、残っていないのですが、沈友の性格から考えて、曹操の孫子に

対抗意識を燃やし書いたという可能性が高いと言えます。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

孫権は、呂蒙に「孫子」「六韜」「左伝」「国語」及び、歴史書の「史記」

「漢書」、「後漢書」を読むように勧めています。

その中で、手持ちの魏武註孫子を、「差し当たって、わしからプレゼント」

とか言って渡したという可能性も無いとは言えません。

 

呂蒙としても、孫権に手ずから本を賜れば、読まないわけにはいかず、

渋々読んだのが、魏武註孫子で、それが分り易かったので、

さらに、次々と書を読破したのかも知れません。

曹操が名将、呂蒙を造るのに、一役買ったとしたら、歴史としては、

かなり面白い偶然と言えるでしょうね。

 

※参考文献 曹操注解 孫子の兵法  中島悟史 訳・解説

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことあるの?

関連記事:【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能!
  2. 【キングダム】始皇帝に皇后がいない?その理由について考えてみた
  3. キングダム 523話 ネタバレ予想:左翼戦の鍵を握る楽華隊!
  4. これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集!
  5. 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだっ…
  6. キングダム 524話 ネタバレ予想:秦右翼軍動き岳嬰が討死?王翦…
  7. 116話:劉備、失意の中白帝城に没す!
  8. 曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓歌

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 思わずホロリ!曹丕の妻・甄氏(しんし)の人情に訴え掛ける名エピソード
  2. 炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事
  3. 蕭何はなんで仲が悪かった曹参を後継者に任命したの?
  4. よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く
  5. 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチコピー
  6. 韓浩(かんこう)とはどんな人?曹操が常に手元に置きたがった男

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な決着 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何? 【センゴク】何で信長は比叡山焼き討ちをしたのか? 30話:曹操軍を支えた最強の青州兵 豊臣秀吉の天下統一に向けて「四国征伐」が開戦!どんな戦いになったの? 118話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐前哨戦 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ランキング 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編

おすすめ記事

  1. キングダムに登場する司馬尚はどんな性格なの?【キングダムネタバレ予想】
  2. 劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?
  3. 秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かったの?
  4. 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか?
  5. 霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実
  6. 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】
  7. 趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  8. 新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR)

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP