法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【信長の野望】織田信長は、天皇家を取り込もうとしていた!?

織田信長




 

織田信長(おだのぶなが)。

彼は画期的な政策を行って戦国時代の革命児として知られております。

そんな彼ですが、実は天皇家と婚姻関係にあった意外な事実を知っておりましたか。

彼は親王の子供を名目上自らの子供として貰い受け、

天皇家と関係を深めてどうするつもりだったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し




天正7年:各方面の司令官が戦果を挙げていく

 

天正7年(1579年)は信長にとって有利な状況へと戦況が動いていくことになった年です。

この前年に本願寺と手を組んで、

反乱を畿内(きない)で起こした荒木村重(あらきむらしげ)の討伐に成功。

さらに中国地方でも大きな進展がありました。

中国方面司令官である羽柴秀吉(はしばひでよし)が、

備前(びぜん)の大名で毛利に味方していた宇喜多家を織田へ味方させることに成功。

丹波(たんば)平定を命じられていた明智光秀は丹波の豪族・波多野家を討伐し、

丹波平定を完了させております。

北陸方面の司令官を任されていた柴田勝家(しばたかついえ)は、

上杉謙信亡き後の上杉家の領土を確実に削り取っており、

各地の方面司令官は織田家の天下平定戦を完了させるために奮戦しておりました。

そんな中、信長は天皇家の親王である誠仁親王(さねひとしんのう)の五男を名目上

自らの子供として貰い受けたいと要請。

朝廷は信長の提案に応じて邦慶親王を信長の猶子として差し出すことにします。

この猶子ですが、養子とは違います。

後継者としての相続権はありませんが、

名目上は息子として扱われることを猶子と呼ぶそうです。




猶子邦慶親王の家を建てる

 

信長は自らの息子となった邦慶親王のために二条に新しい館を建設。

邦慶親王は信長に立ててもらった二条の新館へ生活の場を移すことになります。

こうして信長は親王の息子を自らの子供として向かい入れ、

天皇家と縁戚関係を結ぶことになりますが、彼の狙いはなんなのでしょうか。

信長のことを記した「信長公記(しんちょうこうき)」には信長が天皇家と縁戚関係になって

どのようなことをするつもりであったのかを記しておりません。

しかし邦慶親王とパパである誠仁親王と信長の間に色々な事が起きており、

そこから彼の狙いがある程度推察することができるでしょう。

 

信長の狙いを知るその1:誠仁親王を天皇にしようとしていた

 

少し時代を巻き戻して天正元年(1573年)当時の天皇であった正親町(おおぎまち)天皇は

高齢でありました。

彼の息子である誠仁親王は22歳でいつ天皇になってもおかしくない年齢を迎えており、

朝廷内では正親町天皇に対して「譲位されては」と言う話が持ち上がっておりました。

信長も朝廷へ働きかけて誠仁親王へ「天皇の位を譲ってはいかがでしょうか」と提案しておりました。

朝廷は信長の提案をすごく喜んだそうですが、実現はしなかったそうです。

理由はよくわかっておりません。

しかし信長は誠仁親王が天皇に即位することに成功していれば、

縁戚関係として天皇家の一員となることができ、

誠仁親王が亡くなった後、猶子として貰い受けた邦慶親王が皇位を継ぐことになれば、

日本の天皇に信長の血が交じることになります。

彼がここまで考えていたかは不明ですが、誠仁親王が皇位をついで天皇に就けば、

信長は天皇の縁戚となっていたのは確実と言えるでしょう。

 

信長の狙いを知るその2:誠仁親王が天皇に即位したら官位をもらい受ける

 

その後も信長はいくども「誠仁親王を天皇につければ良くない」と提案してたそうですが、

朝廷内で信長の提案を取り上げることなく天皇の交代は延び延びになっておりました。

そんな中、信長は配下の諸将を集めて京都で閲兵式(馬揃え)を行います。

信長はこの一大このイベントに天皇を呼ぶことを思いつき早速連絡します。

すると天皇は信長の要請に応えて閲兵式に参加。

こうして閲兵式は大成功のうちに終了することになります。

その後朝廷は信長へ「左大臣になってくれないでおじゃるか」と要請。

しかし信長は「誠仁親王が天皇になってから受けますよ」と言って断ったそうです。

朝廷は信長の意見を受けて会議を開いて誠仁親王の即位について話し合いを行います。

だがこの話し合いによって出た結果は、誠仁親王を即位させない方向で結論が出ます。

信長はこのため左大臣の位に就くことなく本能寺で倒れることになり、

誠仁親王も天皇になることはありませんでした。

 

戦国史ライター黒田レンのひとりごと

 

もし朝廷が信長の意見を聞いて誠仁親王が天皇に即位していたら、

どうなっていたのでしょうか。

レンの予想ですが、

日本の天皇家に信長の血が入っていたことになったのではないのでしょう。

なぜならば誠仁親王の息子を信長は猶子として貰い受けており、

誠仁親王が亡くなったら(もしくは彼を強制的に天皇の位を譲位させて)、

信長の猶子となった邦慶親王が天皇に即位することになる可能性は、

かなり高いと思われます。

上記を証左として信長が天皇家を取り込んで自らの血を天皇家に入れようとしていたと

考えられるのではないのでしょうか。

 

参考文献 中公新書 織田信長 脇田修著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織田信孝

関連記事:曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこな…
  2. 燃える本能寺 本能寺の変で織田信長を討った黒幕はスペインだった
  3. 城の前を掃除する孔明 水攻め、地雷?三国志の中で最強の計略ランキングを三國志ライター黒…
  4. 中原での戦いは苦手だけど異民族討伐戦なら強い董卓
  5. 甘寧と凌統と呂蒙 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!
  6. 蜀の劉備 【魏の陣営・趙戩と傅幹の討論】劉備は益州を攻略できるの?
  7. 董襲(とうしゅう)とはどんな人?孫家の仇敵・黄祖討伐戦で活躍した…
  8. 孟嘗君 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 韓非子を読む劉禅
  2. 前原一誠
  3. 郭嘉 vs 法正
  4. キングダムの政
  5. キングダムの王騎
  6. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  7. 曹操 孔明をチェック
  8. 関帝廟 関羽

おすすめ記事

  1. 陶謙はどうして劉備を後継者にしたの?三国志の素朴な疑問に答える
  2. 秦檜とはどんな人?実はスパイだったの? 秦檜(しんかい)
  3. 本多忠勝はどんな性格をしていたの?戦国時代最強の武将の性格を分かりやすく解説 本多忠勝
  4. 呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない 赤兎馬
  5. 子産(しさん)とはどんな人?超弱国を強国にした春秋時代の名宰相
  6. 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった! キングダムの王騎

三國志雑学

  1. 王昭儀
  2. 蜀の姜維
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 文帝(前漢)
  2. 夏侯惇
  3. 廃仏毀釈
  4. 的蘆に乗って逃げる劉備
  5. 孫権に初代丞相として任命される孫卲(そんしょう)
  6. 尹夫人 曹操

おすすめ記事

袁紹が得意とした坑道戦とは? 曹操は褒め上手 郭嘉と陳羣を見習えばいじめが無くなるってホント? 関羽 3つの条件 40話:義将関羽が曹操に出した降伏の3つの条件 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第8部 白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀が初陣?で籠城した田中城とは?米田文書は信用できる? 陳羣と曹丕 実は曹丕が友達いっぱいだったってホント!? 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP