よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

蜀の武将・張達(ちょうたつ)と范彊(はんきょう)に同情の余地はあるの?

この記事の所要時間: 246




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・事件の真相を追え」のコーナーです。

 

 

皆さんは蜀の武将で張達(ちょうたつ)と范彊(はんきょう)をご存知でしょうか?

耳にしたことのある方はなかなかの三国志マニアですね。普通は知らないと思います。

 

 

誰と戦った武将だろう?誰に討ちとられた武将だろう?

記憶をたどっている皆さんも多いことだと思いますが、

特に戦場で武功をあげた武将ではありません。

彼らの名前が登場するのは、西暦221年のことになります。

そうです。劉備(りゅうび)が皇帝に即位し、蜀を建国した年ですね。

劉備が呉に攻めこんだ年にもあたります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:張飛の娘はサラブレッド?夏侯月姫と張飛の恋愛事情




西暦219年、関羽(かんう)斬られる

 

それ以前の話になりますが、西暦219年に劉備の義兄弟で荊州の総司令官だった関羽が殺されます。

魏の領土に攻め込んでいる最中に背後を同盟国の呉に襲われたのです。

捕まった関羽は首を斬られました。

怒り狂ったのは義兄の劉備です。

 

 

呉の背信にも腹はたったでしょうが、

旗上げ当時から共に戦ってきた義弟・関羽を殺されたことが何よりも許しがたいことでした。

諸葛亮孔明や趙雲らの静止を振り切って劉備は弔い合戦のために出兵します。

このとき、劉備同様に怒髪天をついていたのが末弟の張飛でした。

 

 

劉備・関羽・張飛は旗上げに際し、

「氏素性や生年こそ違うが、これからは苦難を共にし、願わくば同じ時に死にたいものだ」と誓った仲です。

桃園の誓いとも呼ばれています。

その関羽を殺されたことは、自分が殺されたも同然のことだったのです。




張飛(ちょうひ)の性質

 

張飛(ちょうひ)といえば、魏の軍師である程昱(ていいく)から

「張飛ひとりで一万の兵に匹敵する」と賞賛され、

また同じく魏の劉曄からは「全軍の中で群を抜く存在だ」とも言われています。

呉の周瑜(しゅうゆ)には「関羽と張飛がいれば大事業も成せる」とまでいわしめました。

そんな天下無双の張飛ですが、部下の扱いは惨かったそうです。

 

 

正史において陳寿は、「乱暴で部下に恩愛をかける配慮が無い」と張飛の短所をズバリ指摘しています。

北方謙三先生の三国志では、張飛が部下に乱暴なのは、

戦場で生き残るために過酷な訓練をしていたと描かれています。

私はこちらの張飛が大好きです。

ただし一般的には張飛は「パワハラ」キングだったと描かれています。

しかも現代のように改善のために訴える手段もなく、部下は泣き寝入りするしかありません。

この話が本当であれば、部下がとても気の毒です。

 

非常手段に訴えた張達と范彊

 

話は戻りますが、この張達(ちょうたつ)と范彊(はんきょう)。

実は張飛の部下なのです。

日頃から受けていた虐待の復讐をするため、上司である張飛の寝込みを襲います。

そしてその首を討つのです。二人はそのまま呉に逃亡しました。

張飛は関羽の仇討ちに参加できずにこの世を去ることになります。

きっと張飛がいればこの後の夷陵の戦いで劉備が大敗することもなかったでしょう。

北方三国志では、そのために呉が暗殺者を蜀に差し向けて張飛を殺した設定になっています。

正史ではその後の二人の消息は不明です。

三国志演義では張飛の首と共に二人は蜀に送り返されて処刑されています。

なんとも悲惨な最期です。

ちなみにこの三国志演義では、関羽の仇討ちの出兵に際し、

兵士全員分の白装束の準備を張飛から二人は命じられたそうです。

 

 

あまりに準備期間が少なく、無理であることを言うと、張飛に棒で殴られ、

できなければ殺すと脅されたといわれています。

皆さんがこの張達と范彊の立場だったらどうしますか?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

あの偉大なる将軍・張飛を暗殺したことの罪は言い訳無用ですが、どうにも二人が哀れです。

はたして真相はどうなのでしょうか。

今の時代であれば、張飛もまたパワハラという罪を犯していたことにはなりますが・・・。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!

関連記事:張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた一族たち

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 





ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【3/20〜3/2…
  2. 三国志に出てくる羌族ってどんな民族?
  3. 歴史の影に女あり!絶世の美女たち
  4. 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変え…
  5. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧し…
  6. これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレード…
  7. 世説新語の「荀巨伯のお見舞い」の友情話が熱い!
  8. 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. まだ漢王朝で消耗してるの?第1話:改革なき破壊者 董卓
  2. 三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった
  3. 張遼の一騎打ちは本当なの?史実の一騎打ちを紹介
  4. 秦の宰相として歴史に名を刻んだ名宰相・范雎(はんしょ)【丞相編】
  5. 三国志に学ぶ国家絶滅危機:もし日本(国家)がなくなったら、日本人はどうなるの?
  6. 第1話:三国志夢幻演義 龍の少年「命の山」配信中

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(3/3) 【3分で分かる】王充(おうじゅう)とはどんな人?曹操にも影響を与えた合理的な人物 113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍 【経営者必見】三国志と戦国に学ぶ人を活かす経営術 始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由は始皇帝がブサメンだったから? はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 自己紹介編 【001】 【三国志ライフハック】司馬懿に見習い 勝ちパターンを生み出せ! 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦った魏の猛将

おすすめ記事

  1. 長宗我部元親「四国の蝙蝠(こうもり)」の四国統一戦を分かりやすく紹介!
  2. 出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る
  3. 65話:絶望する劉備に孔明が授けた天下三分の計
  4. 3話:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?
  5. 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!
  6. 関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの?
  7. 楽毅の猛攻に神対応!籠城の天才、斉の田単(でんたん)
  8. 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略1】ついに超名作ゲームがみんなの手に蘇る!!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP