架空戦記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

はじめての変

刑顒(けいぎょう)とはどんな人?三国志時代の曹植家に仕えていた執事

この記事の所要時間: 254




 

「おかえりなさいませ~ご主人様」メイドカフェではよく使われる言葉ですが、

今回はメイドカフェをご紹介するわけではありません。

今回ご紹介するのは三国志の皇族などの家を取り仕切ったメイド(男性なので家宰)です。

曹魏の皇族・曹植(そうしょく)の家を取り仕切った執事をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛された才能の持ち主




田疇の客になる

 

後年曹植の家の執事となる人物・刑顒(けいぎょう)。

彼は幽州(ゆうしゅう)にいる田疇(でんちゅう)の客となって過ごしておりました。

田疇の客となって5年が過ぎた頃、曹操が袁家を滅ぼして河北を統一。

刑顒は田疇に向かって「黄巾の乱をきっかけとして中華は戦乱となり、

天下は大いに乱れてきました。曹操殿は法を持って民衆達を取り締まり、

しっかりとした秩序を作り上げたそうです。

私も民衆達が戦乱に喘ぐことのない平和な世界を作りたいと思います。」と自分の志を語り、

田疇の元を去っていきます。

田疇は後に刑顒の事を「あいつは自分の身を持って民に尽くそうとしておる。偉い奴じゃ」

と褒めたそうです。




曹操に仕える

 

刑顒は曹操(そうそう)の元へ行き仕官することにします。

曹操は刑顒の仕官を認め彼に行唐(こうとう)県の県長を命じます。

彼はこの地に赴任すると民衆達へ農業と養蚕(ようさん)を奨励し、

民衆達をしっかりと良い方向へと導いていくことにします。

この結果、賊徒や盗みなどは一切無くなり非常に住みやすく平和な県となります。

この統治が実績として認められ彼は、

中央へ招聘されて丞相門下督となり左馮翊(さひょうよく)の長官へ昇進します。

しかし刑顒は病にかかってしまい仕事ができなくなってしまったことから自らこの職を辞職。

故郷に帰って養生することになります。

 

曹植家の執事に任命される

 

刑顒は病が治った後、再び官吏に登用されることになるのですが、

彼が任命された役職はちょっと特殊でした。

それは曹家の御曹司である曹植(そうしょく)の家の家宰となることでした。

刑顒が選ばれた理由は法律に明るい人物だったからだそうです。

刑顒は曹植の家の家宰になると曹植家独自の法を作って、

曹植家の家の中をビシッと取り仕切っていくことになります。

彼は曹植家の執事でありながら主人である曹植に対して「おかえりなさいませ。ご主人様」

と畏まることをせず曹植の言いなりになりませんでした。

曹植は自らの執事が自分をかしこまらないに事にイラついており、

刑顒との関係はあまりいい関係を築いていけませんでした。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

後継者の相談を受ける執事

 

刑顒はその後曹植の家の執事から曹操の属官として、

人事の任命を仕事とする東曹掾(とうそうえん=役人を担当部署へ任命する責任者)の

役職へ異動する事になります。

彼はこの仕事に就任した時ちょうど曹家の後継者問題が勃発した時期でした。

曹操は曹丕と曹植どちらに家を継がせようか迷っていたため、

参考意見として曹植の家の執事をしていた刑顒へ

「曹植を後継者にした方がいいかな」と相談。

すると彼は「嫡男を後継者とするのが世の決まりとなっております。

この決まりを崩さない方がいいのではないのでしょうか」とアドバイスをします。

このアドバイスを聞いた曹操は自らの後継者を決める上で彼の意見を参考にしたそうです。

 

関連記事:【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇

関連記事:曹髦(そうぼう)とはどんな人?曹植に匹敵する才能を持ち、曹操に見劣りしない武略を持っていた為に、殺害されてしまった皇帝

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹植の家をしっかりと取り締まったことが原因で、曹植との仲が悪くなった刑顒。

しかし刑顒の言い分としては「御曹司だからといって甘やかしてはその人のためにならない」

と考えたからこそ、

曹植に嫌われようが家宰として曹植の家をしっかりと治めたのではないのでしょうか。

まさに三国時代の厳しいメイドさんと言える人物ではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

関連記事:ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 鮑信(ほうしん)とはどんな人?自らの命を犠牲にして曹操を助けた曹…
  2. 袁渙(えんかん)とはどんな人?正史「三国志」に登場し曹操が涙を見…
  3. キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?
  4. 光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だった…
  5. 黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの?
  6. 秦の『人材』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?
  7. 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選
  8. 劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情
  2. 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操
  3. 賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋の謀臣列伝】
  4. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.2
  5. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる
  6. 桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐や蜀の情勢が見えてくる! 秦の宰相として歴史に名を刻んだ名宰相・范雎(はんしょ)【丞相編】 蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!? 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?地味だけど的確な献策を行った軍師 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者 三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント? 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう! 世説新語の「荀巨伯のお見舞い」の友情話が熱い!

おすすめ記事

  1. 何で姜維の北伐は反発されてたのに孔明の北伐は反対されなかったの?
  2. 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後に蒙恬(もうてん)一族が滅びる理由とは?
  3. 袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!!
  4. なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?
  5. 平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!?
  6. 28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備
  7. 【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの?
  8. 三国志好きでも楽しめる新撰組マンガ3選!「燃えよ剣」「北走新選組」「だんだらごはん」

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP