広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

左慈(さじ)の秒速デリバリー!三国志も鮮度が命

この記事の所要時間: 254




 

三国志の中で一番エピソードに富んでいる人物・曹操(そうそう)

謀略面や軍事面、政治面、文学面など多彩な顔を持っており、

色々なエピソードを後世に伝えている彼ですが、

今回は曹操のエピソードの中でミステリーとされる

宴会に関するエピソードをご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由




許都で大宴会じゃ!!

 

曹操は後漢王朝の皇帝である献帝(けんてい)を許都に迎えることに成功し、

勢力を四方へ拡大していきます。

曹操はまだまだ勢力として二流でしたが、ある日諸将を集めて大宴会を開くことにします。

私財を使ってあらゆるご馳走をかき集めて、長年苦労を共にした諸将を慰労するべく、

張り切って宴会の準備をします。




鱸魚だけがない・・・・

 

曹操は宴会の準備を終えると諸将を呼びに使者を走らせることにします。

こうして諸将が許都へ集合し終えると、曹操は「松江(しょうこう)にある鱸魚以外はこの宴会の

テーブルの上に準備してある。皆長年の疲れをこの宴会で癒してもらいたいと思う」と

開会の言葉を述べます。

さて松江とは現在の上海地方で、そこで取れる鱸魚以外の酒のおつまみは全部揃ってるぞと

諸将を前に自慢する言葉を開会の言葉としている曹操らしい逸話です。

だがこの開会の言葉を述べた後に一人の人物が「殿。松江の鱸魚を私が釣ってきましょう」と

名乗りをあげます。

この人物こそ遁甲天書(とんこうてんしょ)を手に入れて方術を自在に操ることになった左慈(さじ)です。

彼は釣竿を一本もって許都近辺に流れている河へ行き、釣竿を垂らすこと数十分。

なんと鱸魚をバシっと釣ってしまいます。

すると曹操は「左慈。一匹では皆に行き渡らないため、もう一匹とってくれないか」とお願いします。

左慈は「お安い御用です」と述べて釣竿を垂らすとすぐにもう一匹ゲットしてしまいます。

こうして曹操が開いた宴会に鱸魚が備わることになります。

 

関連記事:炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事

関連記事:中国人が冷たいビールを飲まないのは三国志の曹操のせいだった!

 

蜀の生姜も欲しいな~

 

曹操は鱸魚を釣り上げた左慈を褒めたたえます。

だが彼は左慈へ「鱸魚が手に入ると思っていなかったから蜀の生姜を買っておらなんだ。

左慈よ。取ってくることはできるか」と聞いてみます。

すると左慈は「任せてください。しかし少し時間を貰うことになりますが、よろしいですか。」と

質問します。

曹操は「応。それまで宴会は開催しないでおく。

ところで蜀へ行くのであれば彼の地に役人を一人派遣しているから、

そやつへ蜀の反物を余分に買ってくるように伝えてくれ」と伝えてから

左慈を出発させます。

上記の曹操の言葉は左慈がズルして近辺で蜀の生姜を買ってくることをしないようにするための

策略でした。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

本当に蜀で買ってきた??

 

左慈は数時間後に帰ってきて曹操へ蜀の生姜を献上。

曹操は大喜びで左慈を褒めたたえてから皆に鱸魚と蜀の生姜を分け与えて、

宴会を開始します。

諸将は珍しい珍味を食べて酒を飲みながら思い出話に華を咲かせて、

大いに宴会は盛り上がっていったそうです。

曹操は数ヵ月後、蜀へ派遣していた使者が帰還すると

「殿に言われて蜀の反物を多めに購入してきました。」と報告を受けます。

曹操は使者に「そう言えばお前に会いに来た者がいたと思うが、どのような風体であった」と

尋ねると、宴会に参加していた左慈の風体そのままを伝えてくることになります。

曹操は驚きますが、表情に表すことなく使者を労って帰します。

 

三国志ライター黒田レンのひとりごと

 

さてこの話は正史である後漢書に記載されている話なのですが、

果たして本当なのでしょうか。

三国志時代に生きていた人物がいれば、その人に聞くのが早いのですが、

そんな人物は現代に生き残っているわけがないので、真相は全て闇の中です。

まさに三国志ミステリーの一つとしてあげられる逸話ではないのでしょうか。

 

参考文献 講談社 乱世の英雄 尾崎秀樹著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた!【古代中国の仙人事情】

関連記事:漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れていた!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?
  2. 三国志 Three Kingdomsのここがすごい!スリーキング…
  3. 関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!
  4. 馬場信春(ばばのぶはる)とはどんな人?鬼と呼ばれた武田四名臣の一…
  5. 被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?
  6. 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだ…
  7. 【第四回 放置少女】伏龍参戦の新イベントと公孫瓚に挑んでくるぜ!…
  8. 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人?
  2. 【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?
  3. 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/21〜11/27】
  5. 【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出来たの?
  6. 【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅力に迫る!

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/14〜11/20】 三国志平話って何?三国志演義の元ネタ 諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの? 【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画! 関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介! 三国志好きでも楽しめる新撰組マンガ3選!「燃えよ剣」「北走新選組」「だんだらごはん」 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操

おすすめ記事

  1. 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」
  2. 驚愕!実は名築城家でもあった魏延の意外な才能!
  3. 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家
  4. 14話:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー
  5. 三国志時代も男同士はチューしてたの?当時の恋愛事情を紹介
  6. 鄒忌(すうき)とはどんな人?ある楽器の腕前で宰相まで成り上がった斉のナルシスト宰相
  7. 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!?
  8. 93話:名将 張任、遂に堕ちる

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP