架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

キングダム 519話 ネタバレ予想:強力な山の民の戦闘力

この記事の所要時間: 319




キングダム 46 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

二週間ぶりのご無沙汰で、ヤングジャンプにキングダムが帰ってきました。

しかし、帰ってきたかと思えばいきなりの急展開です。

なんと、李牧(りぼく)の命令で、遼陽で楊端和(ようたんわ)と対峙していた

万能の将軍、公孫龍(こうそんりゅう)が総大将の地位を李牧の副官、

舜水樹(しゅんすいじゅ)と交替するというのです。

一体、李牧は何を恐れて、そんな事をするのでしょうか?

 

前回記事:キングダム 519話 ネタバレ予想:閼与に飛信隊が投入される!

関連記事:楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?




李牧の懸念は、山の民の戦闘力

 

李牧は王翦(おうせん)の計略によって、鉄壁の守りを誇る鄴(ぎょう)に

九の小城の難民を押しこまれました。

この難民が鄴城内の食糧を食いつぶす事により、列尾を潰されて補給を絶たれた

秦軍の食料面の不安は逆転、秦より先に鄴が兵糧不足で落城する恐れが出てきたのです。

 

ここに来て、李牧は方針転換し、遼陽の公孫龍、或いは閼与(あつよ)の趙軍を呼び戻し

趙軍の全力を持って秦軍を押しつぶす路線を取ります。

ですが懸念は、山の民です、合従軍編で蕞(さい)に群がる合従軍の兵を、

またたく間に蹴散らした、山の民、その総大将の楊端和の能力を探るまで

軽率に動くなと命じたのです。

 

公孫龍は、後任の総大将、舜水樹が到着するまで、睨みあいを続け、

山の民の様子を見る事にします。




楊端和、援軍を待たずに公孫龍の軍勢に突撃

 

一方で、楊端和にも、公孫龍を足止めさせるように伝令が出ていました。

王翦の本隊から、壁が率いる一万人を増員して、公孫龍の軍勢の増強に備える

という構えです。

 

しかし、楊端和は、伝令を幕舎に下げた後で、傘下の兵に攻撃を命じます。

現状でも五万対九万と四万の劣勢にも関わらず、総攻撃を仕掛けたのです。

 

関連記事:舜水樹(しゅんすいじゅ)は実在したの?李牧の右腕は史実通りなのか?

関連記事:楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を大胆予想

 

李牧の予想を上回る 山の民の戦闘力に公孫龍苦戦

 

この時点で、趙軍は二つの誤算を犯していました。

一つは、自軍より劣勢な秦軍が、こちらに攻撃してくる事はないだろうと

油断してしまっていた事、、、

そして、もう一つは、趙軍の予想を超えて山の民の戦闘力が高かった

という事でした。

 

想像を超えて、山の民は強く、先鋒のイン族は、趙軍の盾兵を

軽々と吹き飛ばして趙軍の奥深くに侵入してきます。

これには、余裕を見せていた公孫龍も焦ります。

 

イン族の攻撃は、ただの助攻に過ぎなかった、

 

激しく動揺する趙軍ですが、このイン族の攻撃は

ただのダナイ(助攻)に過ぎませんでした。

陣形が乱れた趙軍に対して、楊端和は、さらにマナイ(本攻)を命じます。

これに呼応して、バジオウ、そしてフィゴ族の騎兵が突撃、

趙軍は、ひとたまりもなく、砂の壁が崩れるように崩れていきます。

 

公孫龍「おのれ、秦軍、こんな規格外を隠してもっていたのか・・」

 

公孫龍はやむなく、援軍を前線に出すように命じます。

 

同じ頃、鄴へ向かう信(しん)は敏感に風の変化を感じ取っていました。

秦と趙に役者が揃い、いよいよ最終決戦へと事態が向かいます。

 

キングダム 予想、舜水樹、そして遼陽城に巣くう味方とは?

 

ここからは、ネタバレ予想です、いやー、楊端和、伝令を無視して、

公孫龍の九万の大軍に突撃をかましました。

恐らく、これまでの小競り合いで、趙軍の大体の戦力を測ったのでしょう。

そうでないなら、伝令を無視して敢えて攻撃を仕掛けるわけはありません。

 

ただ、趙軍は公孫龍ばかりではなく、遼陽城にいる巣くっている連中や、

西の閼与からだって援軍があるわけです。

そこまで相手できると見切った上での総攻撃か、或いは、援軍と合流する前に

公孫龍の9万だけでも全滅させておこうという狙いでしょうか?

 

このまま、総力戦でケリがつくのか?

 

ナレーションの煽りでは、李牧と王翦の直接対決が近いかのような事を

言っていますが、果たしてそうなるのでしょうか?

未知数なのは、公孫龍が「北の遺児」と呼んだ、舜水樹の能力です。

昌平君の食料偽装工作を見破った舜水樹ですが、作戦面の指揮は未知数、

果たして、公孫龍と総大将を変わって、この劣勢を覆せるのか?

 

そして、北の遺児とは、何を意味する言葉なのでしょう

さらに公孫龍も知らないようだった、遼陽城に巣くう連中とは、

この舜水樹に関係している軍勢なのでしょうか?

 

分かるのは、ここで楊端和の軍が大ダメージを受けると、

閼与や遼陽からの軍勢の到着が容易になり、秦軍が不利になる事です。

まさに楊端和は戦勝の鍵なのですが、かなり無茶に攻めていますね。

 

関連記事:【歴史嫌いな中高生必見】春秋戦国時代はいつ始まってどこで終えたの?

関連記事:【キングダム】李牧が言った「桓騎の弱点」って何なの?

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

 

kawausoの私見では、龐煖が影も形も見せない間に、李牧と王翦の激突は、

無いような気がしたのですが、漫画はいきなりの急展開です。

舜水樹の能力は?閼与の兵力には、紀彗達や龐煖が含まれるのか?

またまた、次号では大どんでん返しがありそうですよ。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操
  2. 【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司…
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第11部
  4. 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷ん…
  5. 【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどん…
  6. 【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将…
  7. 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?
  8. 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 馮煕(ふうき)とはどんな人?曹丕の脅迫に屈しなかった呉の外交官でもあり光武帝配下・馮異の子孫
  2. 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介
  3. 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】
  4. 三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!
  5. 【取り扱い注意!!】はじさんの中の人、kawausoがリアルに登場
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【1/23〜1/29】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

6話:三国志は黄巾の乱から始まった 曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政治にも優れた功労者 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう) 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いられていた 狐偃(こえん)とはどんな人?晋の文公を覇者の地位までのし上げた宿臣 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1 諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!

おすすめ記事

  1. 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ランキング
  2. 史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人?
  3. 曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚くべき理由が隠されていた!
  4. これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだった!
  5. 【センゴク】丹波の反乱と松永久秀の反乱
  6. 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?
  7. 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将
  8. 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソードがあった!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP