呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

はじめての漢

伍孚(ごふ)とはどんな人?ゴフッ・・董卓を殺せなかった無念のアサシン




 

董卓(とうたく)は洛陽に入城した後暴虐の限りを尽くします。

彼が行った暴虐の一例として、祭りを行っている農民達をすべて殺害したり、

恨みを持っている人には残虐な刑罰を与えて報復したりしております。

 

 

こんな董卓のやり方に不満を持った王允(おういん)

呂布(りょふ)を誘って董卓を暗殺してしまうのですが、

王允董卓暗殺が行われる前に董卓をたった一人で暗殺しようと試みた勇士がいた事を

皆さんは知っていますか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解説




節操ある人物・伍孚(ごふ)

 

伍孚(ごふ)は若い頃から自らが信じる主義や意見をしっかりと持っている人物で周りからは、

節操のある人物であるとの評価をもらっておりました。

そんな彼ですが彼の出身地である村の村長が罪を犯してしまいます。

この事を知った太守は部下である督郵(とくゆう)に村長を捕まえさせようと考えます。

そして太守は伍孚を呼んで「君の村の村長が罪を犯したそうだ。

ここに村長逮捕を命じる命令書を作ったからこれを部下の督郵に渡してきてもらいたい」と

お願いします。

伍孚は命令書を受けてしまえば自分が信じていた主義に反してしまうため、

命令書を受け取ることをしませんでした。




命令書受け取りを断った時の言葉がすごい!!

 

伍孚は太守から命令書を受け取ることをしないできっぱりと断ります。

彼は太守へ「主君が主君足りえない人物であるとしても、臣下は臣下でなければなりません。

私は村の村長の部下だったこともあるのでこの命令書を受け取るわけにはいきません。」と

明言します。

この言葉聞いた太守は「お前の言うとおりである。この役目は違う者にやらせよう」と

彼の言葉を聞き入れることにします。

それにしても上下関係が今よりもずっと厳しい時代にこれだけの事をしっかりと言える人物は、

中々いないのではないのでしょうか。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

董卓の横暴に激怒そして・・・・

 

伍孚はその後中央政府に召されて色々な職を歴任することになりますが、

董卓が宦官一層作戦終了後で混乱している洛陽(らくよう)へ入城してきて、

権力をその手に収めると横暴を極めていきます。

この董卓にビビって何も言えなくなってしまった文武百官のだらし無さと董卓の横暴に激怒した

伍孚は董卓を暗殺するために動き出します。

 

関連記事:楊彪(ようひょう)は袁術の義弟なのになぜ董卓に殺されなかったのか?

関連記事:蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢

 

董卓と会見終了後に・・・・

 

伍孚は董卓から呼ばれると服の中に刀を隠して董卓と会見します。

色々な政策についての相談を受け的確に応答していきます。

こうして会見が終わって董卓に門まで見送られたその時、

彼は服の中から刀を取り出して董卓へ思いっきり突き刺します。

しかし董卓は若い頃から武術で鍛えていたので、

伍孚の刀は董卓に致命傷を与えるまでには行きませんでした。

 

怒りをぶつける伍孚

 

董卓は伍孚が刺してきた事に激怒し「貴様謀反をするつもりか」と激怒。

しかし伍孚は「俺は貴様の家臣となった覚えはない。

だから謀反することにはならん。

乱暴なことばかりをしている貴様を殺して市場に晒す事が目的であったが失敗してしまった。

天下の民衆達に申し訳ないことをした。」と董卓に怒りをぶちまけます。

董卓は伍孚の言葉を聞いてさらに激怒し彼を殺害してしまうのです。

 

関連記事:暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた!

関連記事:極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

袁紹や各地の名士達が反董卓連合軍を結成したのは、

一人では董卓を殺害できないことを知っていたからです。

各地の名士達と協力して董卓討伐を行おうと考えておりましたが、

大した成果を上げることができませんでした。

また王允も一人では董卓を殺せないことを知っていたので、

呂布を使って董卓を殺害を目論みます。

しかしたった一人で董卓を暗殺を行った(失敗してしまいましたが)伍孚は、

勇気と度胸を兼ね備えた人物と言えるのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書1 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?

関連記事:日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. はじめての三国志 画像準備中 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…
  2. 生姜を買ってくる左慈と曹操 左慈(さじ)の秒速デリバリー!三国志も鮮度が命
  3. 法正と劉備 法正が「隗より始めよ」のことわざを引用して劉備に進言したけど、ど…
  4. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!07 蔡瑁、劉備 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは?
  5. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲 劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった?
  6. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) 呉王殺害に成功した暗殺者・専諸ってどんな方法で暗殺に成功したの?…
  7. 郭嘉 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった…
  8. 陳平 【危険】謀略の天才だった陳平の批判がエグすぎる

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 馬謖の失敗に嘆く孔明
  2. 関羽と関索
  3. 劉備を警戒する王粲
  4. 夏侯和(かこうか・かこうわ)
  5. 空箱を受け取る荀彧

おすすめ記事

  1. 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた! 朝まで三国志 袁紹
  2. 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  3. 【はじ三お悩み相談回答編】隠れ三国志ファンのお悩み 考える諸葛亮孔明
  4. 【魯粛・朱桓・周魴の息子達】三国志後半を彩った呉の二代目武将はかなりの名将ぞろいだったことが発覚!! 魯粛
  5. 呉が好きな皆さんへ!五分でわかる孫呉の逸話を紹介【三国志逸話列伝】 呉の孫権は皇帝
  6. 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言 孟嘗君

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 蜀の劉琦
  3. 関羽の呪いで殺される呂蒙
  4. 曹操女性の敵2 ゆるキャラ
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 于禁
  2. 今川義元
  3. 信(キングダム風)
  4. 孔明
  5. 劉禅と孔明

おすすめ記事

日本に目指さした孫権 文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こういう所が大違い? おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十三話「城主はつらいよ」の見どころ紹介 張郃は司馬懿のせいで殺されてしまった? 車に乗る諸葛亮 天才軍師の条件ってなに?諸葛亮孔明・司馬懿仲達・黒田官兵衛・大村益次郎に共通している条件とは? キングダム52巻 キングダム582話ネタバレ予想vol2玉鳳隊と飛信隊の関係は史実? 曹休と曹丕を可愛がる曹操 曹休と曹丕の関係性は?本当に仲がよかったの? 関羽 関羽の名言にはどんなモノがあるの? 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP