呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

徐晃の戦い方が素晴らしすぎる!前漢の周亜夫の武勇に匹敵するほどの名将

徐晃




徐晃

 

前漢の時代、皇族である劉氏が大反乱を起こします。

この反乱を呉楚七国の乱(ごそしちこくのらん)と呼ぶのですが、

この大反乱が勃発した際、前漢の功労者である周勃(しゅうぼつ)の息子・

周亜夫(しゅうあふ)が反乱を一年ほどかけて鎮圧。

そして三国志の時代になるとこの周亜夫の武勇に匹敵するほどの活躍をした人物として、

曹操(そうそう)から褒められた人物がおりました。

その名を徐晃(じょこう)と言います。

彼は関羽軍によって落城寸前にまで追い込まれていた樊城(はんじょう)を救援するために

援軍を率いて出陣し、関羽軍を打ち破ることに成功するのですが、

一体どのようにして関羽の軍勢を打ち破ったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る

関連記事:正史三国志魏書での最強武将TOP3は呂布・張遼・曹仁じゃない?

 

 

樊城救援に赴く

樊城救援に赴く、曹仁

 

関羽は荊州(けいしゅう)の軍勢を引き連れて、

曹仁(そうじん)が守備している樊城へ攻撃を行います。

曹操関羽(かんう)の大軍が樊城へ攻撃をしたことを知ると

すぐに于禁(うきん)龐徳(ほうとく)へ樊城救援を命令し援軍を差し向けます。

しかし于禁龐徳の軍勢は漢水(かんすい)が氾濫したせいで敗北してしまい、

于禁は降伏。龐徳は関羽に討ち取られてしまいます。

曹操于禁龐徳が敗北したことを知ると

徐晃に命じて樊城を救援するように命令を出します。

徐晃はまず樊城を救援する前に前線拠点である偃城(えんじょう)を奪い、

ここを拠点として樊城救援作戦を展開していくことにします。

 

 

偽情報を流して敵陣へ攻撃を開始

偽情報を流して敵陣へ攻撃を開始

 

徐晃は偃城を手に入れると曹操から送られてきた援軍を加えて、

関羽軍の包囲陣に接近していきます。

関羽の軍勢は囲頭(いとう)と四冢(しちょう)二つに軍勢を駐屯させておりました。

徐晃は関羽軍を惑わすために囲頭へ攻撃を仕掛けると関羽軍に情報をわざと流します。

関羽軍は徐晃の情報に踊らされて、

囲頭の守備を厚くし魏軍からいつ攻撃されてもいいようにします。

しかし徐晃は囲頭へ攻撃をするのでなく四冢へ向かって密かに軍勢を動かして、

攻撃を開始。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

関羽軍を打ち破って敵陣を陥落させる

関羽軍を打ち破って敵陣を陥落させる

 

徐晃が四冢へ攻撃を仕掛けたことを知った関羽は、

自ら軍勢を率いて徐晃軍へ攻撃を行います。

しかし徐晃率いる魏軍の猛攻にあい関羽軍は退却することになり四冢は陥落。

徐晃は四冢を陥落させると敵軍の奥地に軍勢を進ませて行きます。

関羽軍の陣営は魏軍が攻撃してきてもいいように、

何重にも逆茂木(さかもぎ=敵の侵入を防ぐために木を尖らせて防御装置)を植えておりましたが、

徐晃は逆茂木を歩兵の攻撃によって除かせて、

次々と関羽軍の陣営を陥落させていきます。

徐晃軍の猛攻によって関羽軍は樊城から撤退していくことになります。

 

めちゃくちゃ褒めまくる曹操

めちゃくちゃ褒めまくる曹操

 

曹操は樊城の包囲が解除され関羽軍が撤退したことを知ると徐晃を呼び寄せて

「俺も30年以上戦に明け暮れていたが、敵陣に長駆侵入して敵陣を陥落させたのは

君が初めてだろう。

古今の名将である孫武や司馬穰且(しばじょうしょ)を上回る戦功である」と

褒め称えたそうです。

 

三国志ライター黒田レン独り言

三国志ライター黒田レン独り言

 

樊城包囲戦の勝利した外的要因は蒋済(しょうせい)や司馬懿(しばい)らが曹操へ

「呉軍を動かして荊州へ攻撃をするのがいいでしょう」と

曹操に進言したことと言えるでしょう。

この結果、関羽の本拠地である荊州南部はすべて陥落し、

本拠地を失った関羽は撤退しなければならない状況に追い込まれてしまいます。

しかし内部的要因としては徐晃の奮戦がなければ、

関羽軍を撃退することはできなかったでしょう。

曹操が褒めたように「前漢の周亜夫に匹敵する名将である」と

言える働きをしたのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?

関連記事:武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹仁と曹操 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵…
  2. 孔明 初心者にも分かる!陸遜と諸葛亮孔明の関係性
  3. 典韋にボコボコにされる成廉 大食漢!曹操を命がけで守った魏の典韋のエピソード
  4. 織田信長 【織田信長が明智光秀に殺害される】謎に包まれた本能寺の変:黒幕は…
  5. 袁術と董卓 【三国志トランプ】なぜこの顔ぶれなのかちょっと謎!
  6. 蜀の魏延 魏延は名将・韓信と同じ天才的な戦術眼を持っていた??
  7. 出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る
  8. 司馬昭 司馬昭の死因と大きな決断とは一体何!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呉蜀赤壁の戦い
  2. 董卓
  3. 饅頭を作る孔明
  4. 司馬懿
  5. 黒田官兵衛
  6. 山頂に陣を敷いた馬謖
  7. 徐庶の初陣
  8. 太平道の祖・張角(黄巾賊)

おすすめ記事

  1. 劉琦の性格とは一体どんなだったの!? 蜀の劉琦
  2. 関羽の実績が少ない理由は美髯公の性格が最悪だったから? 羅貫中と関羽
  3. 曹髦(そうぼう)とはどんな人?曹植に匹敵する才能を持ち、曹操に見劣りしない武略を持っていた為に、殺害されてしまった皇帝 曹髦
  4. 面白いのに何故かアクセスが少ない記事まとめ【2016年総集編】
  5. 演義で諸葛亮が分身の術を使っている! 車に乗る諸葛亮
  6. まさかのまさか?いや、当然?漢王朝が2回も滅亡したワケ 城 銅雀台

三國志雑学

  1. 劉備主役
  2. 荀彧
  3. 成廉、魏越、呂布
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 宋銭 お金と紙幣
  2. 劉雄鳴は三国志の仙人
  3. コーノヒロ(はじめての三国志ライター)
  4. 黄忠の様子を見に行く趙雲
  5. 孫権 弔い出陣
  6. 諸葛一族

おすすめ記事

明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀の出世の糸口「本圀寺の変」って何? 兀突骨 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!? 趙達とはどんな人?数学知識を駆使して未来を予言した男 上杉謙信 信玄の敵は謙信ではなかった?武田家を揺るがす最強の敵出現 信濃守護職就任と武田晴信の出家 張飛 張飛にはどんな逸話があるの?イメージとは違う張飛の実像 戦え于禁 于禁はチキン?その評価の妥当性について考えてみた 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP