朝まで三国志悪
キングダム




はじめての三国志

menu

はじめての漢

趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親(ほうがしん)

この記事の所要時間: 248




 

中国の歴史には必ず暗殺者が出現しております。

始皇帝を殺害しようとした荊軻(けいか)張良(ちょうりょう)

孔明の跡を継いで蜀を引っ張っていた費禕(ひい)の暗殺に成功した

郭循(かくじゅん)など数えればキリがないほどいるでしょう。

今回は三国志に登場した復讐者兼暗殺者である烈女・龐蛾親(ほうがしん)

という女性をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:うち結婚しないから!自ら両耳と鼻を切り落とした夏侯令女が烈女すぎる




父を殺され、弟達も疫病で亡くなる

 

龐蛾親は涼州出身の女性で父は趙安(ちょうあん)という人でした。

父親とは良好な関係で仲のいい親子であったそうですが突然の別れがやってきます。

龐蛾親の父は病に倒れてなくなったのではなく殺害されてしまうのです。

彼を殺害した人物は李寿(りじゅ)という人物で、

龐蛾親の父である趙安とは同じ出身の人物でした。

李寿は趙安を殺害すると復讐されることを恐れて護衛を何人も雇って自らの身を守り、

家の周りもしっかりと防御を固めて復讐されないように備えておりました。

趙安には三人の息子がおり 龐蛾親は彼らと共に李寿へ復讐するために、

計画を立てておりました。

しかしこの趙安の息子達は疫病にやられて亡くなってしまい、

彼女は大いに悲しんだそうです。




李寿殺害を誓う

 

龐蛾親は息子である龐淯(ほういく)からとんでもないことを聞いて激怒。

それは龐淯が外で遊んで家に帰る途中たまたま李寿の家の前を通ります。

すると中から大声で「趙安の息子たちがくたばったと聞いた。

趙家には女しかおらずこれで俺は復讐に怯えることはなく、生活できるぞ」と

高笑いをしながら話している声を聞きます。

この事を母親に告げると龐蛾親は泣きながら「おのれ李寿!!

貴様を殺すことが出来るのは兄だけでなく私がいることを忘れるな。

必ず貴様を血祭りにあげてやる」と息子に向かって述べたそうです。

龐淯は小さいながらこのような物騒な事を行った母に

どのような気持ちを持ったのでしょうか。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

忠告を受けようとも

 

龐蛾親は李寿を殺害するために毎夜刀を研ぎ澄まして機会を狙っていたましたが、

中々隙を見せることをしませんでした。

近所の人たちは龐蛾親の気持ちを分かっていたので彼女へ

「李寿には護衛も多くおり、彼は男の人です。

もう復讐なんてやめてしっかりと子供を育てるべきです」と忠告。

しかし龐蛾親は「父を殺害されたことは時間によって風化するわけではありません。

もし李寿を殺害しなければ私が生きている意味がありません。」と

言って忠告を聞ききませんでした。

さらに彼女は育児のために続けていた仕事をやめ、

李寿の暗殺のみに注力していくことになります。

そしてついに龐蛾親は李寿を暗殺するチャンスがやってくるのです。

 

李寿殺害を決行・・・・結末は・・・・

 

龐蛾親は車に乗っている時にもいつ李寿と出会うかわからないので、

刀を持って街へ出ておりました。

そんなある日仇である李寿の車を街中で発見。

彼女は車を飛び降りて李寿の車の前に飛び出ると大声で

「出てこい李寿!!」と叫びます。

李寿は車の中から顔を出すと殺害した趙安の娘が鬼の形相で睨みつけていました。

彼は龐蛾親にビビってしまいすぐに車を発進。

龐蛾親は李寿の車が発進すると刀を奮って馬へ傷をつけたため、

馬は暴れまわってしまいます。

李寿はそのせいで外に放り出されてしまいます。

龐蛾親は彼が車の外に放り出される姿を確認するとすぐに彼の元へ行き、

彼の首めがけて幾度も刀を奮って殺害すると首を斬り落として雄叫びをあげ、

ついに父の仇を打ち取ることに成功するのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

龐蛾親は李寿を殺害した後どうしたのでしょうか。

彼女は彼の首を持って役所へ行きしっかりと復讐を行った動機を述べて自首します。

三国時代の警察の長の役職である守尉(しゅい)は彼女へ「身をかくしていなさい」と

言って逃亡するように勧めますが、

彼女は彼の言葉を聞かずに死刑にしてほしいと述べます。

守尉はその後何度も彼女を説得しますが彼女は一切聞き入れなかったため、

彼女を強制的に車へ乗せて家に帰します。

その後守尉は役所のお偉方へ彼女の行いを進言しますが、

役所ではどうしていいかわからなかったため太守へ相談。

太守と涼州の刺史は朝廷に彼女の義によって動いた行動を褒め称えるべきであると

上奏します。

この結果、彼女の行動が朝廷に認められて

彼女が住んでいた村には彼女を称える石碑が建てられたそうです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

関連記事:王元姫(おうげんき)とはどんな人?司馬昭の妻となる道理を重んじる女性

関連記事:三国志の時代にも可愛い巫女が存在した!?李傕や劉禅もハマった巫女事情

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 程普(ていふ)ってどんな人?孫家三代に仕え、数々の戦を戦った孫呉…
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第32話「復活の火」の見ど…
  3. 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかし…
  4. 孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名を…
  5. 「刀狩り」とは何?豊臣秀吉が行った有名な政策とその目的とは?
  6. 蔣欽(しょうきん)とはどんな人?孫権に『国士』と激賞された呉の十…
  7. 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】
  8. 【食客には無駄な人材はいない!!】孟嘗君の脱出劇が名言として登場…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【6/12〜6/19】
  3. 【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい)
  4. 中国で最初に車椅子を使ったのは諸葛孔明だった? 車椅子を発明した人から歴史まで徹底解説!
  5. ケチで有名だった曹洪の子孫はどうなったの?ケチが災いし処刑されかけた曹洪
  6. 小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材 【2016年】年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】 孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介! 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの? 法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2 就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧

おすすめ記事

  1. 【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想!
  2. 【英雄亡き三国志の見どころ】司馬師vs王基の壮絶な舌戦:勝利の軍配はどちらに!?
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/5〜12/11】
  4. 大久保利通は明治維新・幕末時代にどんな業績を残したの?
  5. 【センゴク】信長の仇討ちで秀吉についたのは、神戸、丹羽、掘、蒲生 いずれも名将で明智オワコンに・・
  6. 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ!
  7. 陸遜と竹中半兵衛の両軍師が一緒に共闘したらどうなる?【if三国志】
  8. 「キングダム」に学ぶ成功哲学!先んずれば人を制すって何?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP