よかミカンの三国志入門
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

【if三国志】赤壁の戦い前に呉が魏に降伏していたらどうなったの?

この記事の所要時間: 219




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・もしもボックス」のコーナーです。

 

 

三国志史上、最も重要な戦いとなった「赤壁の戦い」。

映画化もされたほど有名な戦いです。

曹操孫権、そして劉備が登場して激戦を繰り広げます。

智謀の臣として周瑜諸葛亮孔明も大活躍しています。

 

 

曹操は慣れない水上戦と疫病に悩まされ、偽の投降に騙されて火計で甚大なダメージを被りました。

その結果、江東での孫権の自治支配は守られ、ついでに劉備も荊州南部に拠点を築きます。

こうして「魏、呉、蜀」の原型が出来上がるのです。

では、その戦い以前に孫権曹操に降伏していたらどうなっていたでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孫策が生きていたら三国志はどうなったの?




曹操の目標は荊州侵略

 

もともと曹操は河北の袁紹を倒した後、荊州の平定を目指していました。

荊州の牧である劉表袁紹と通じており、曹操とは長く対立しています。

曹操の次のターゲットというわけです。

しかし荊州は広く、全域を平定するには時間も兵力も必要になります。

そして水軍も必要になるのです。

曹操は鄴都において玄武池という人造湖を作り、水軍の鍛錬を繰り返します。

万全な状態で、曹操は荊州を攻めたのです。

このときちょうど荊州牧・劉表が病没します。

後継者には次子の劉琮がつき、戦わず曹操に降伏します。

うれしい誤算です。時も犠牲もかけずに荊州全域を曹操はあっさりと手に入れたのです。

兵力も増大し、経験豊かな荊州水軍を手に入れました。

残るは、東の揚州を支配する孫権、西の涼州を支配する馬超

南の益州を支配する劉璋ということになります。

これらを成敗すれば曹操は天下を統一したことになるのです。




ついでに孫権を攻める

 

もともと孫権まで攻める予定ではありませんでしたから、準備が万全というわけではありません。

しかし荊州を得たために曹操軍の戦力、兵糧、武器などは圧倒的です。

ここまで来たついでに揚州の孫権を倒すという選択を曹操は選びました。

参謀の賈詡(かく)程昱(ていいく)らは止めていますが、曹操は聞き入れません。

兵力差は、曹操軍が約40万に対して孫権軍が約10万です。

前線に出陣したのは曹操軍は20万、孫権軍の前線は周瑜が率いる3万といわれています。

ちなみに劉備軍も2千ほど強力したようです。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

降伏が主戦派を押し切る

 

百戦錬磨の曹操が大軍を有している時点で、こちらの勝ち目が薄いことは誰の目から見ても明らかです。

降伏、和議を求める者が孫権の臣下の大半を占めるようになります。

降伏派の第一人者は張昭でしょうか。

主戦派は魯粛、そして周瑜です。

これに同盟外交にために訪れていた諸葛亮孔明が加わり、

孫権を説得することになるのですが、史実では戦うことを決心します。

しかし降伏であってもおかしくない状況ではあるのです。

もしかしたら張昭が孫権を説得して降伏を決断させていた可能性があります。

 

孫権の降伏

 

荊州に続き、揚州まで戦わずに降伏したとなると、

今度は曹操は長江の上流を目指して進行したのではないでしょうか。

つまり益州攻めです。

軍を分けて長安方面から涼州の馬超も同時に攻めることができます。

いくら険阻な山岳地帯であっても劉璋には、荊州・揚州を吸収した曹操と対峙する力はないでしょう。

仮に益州に劉備たちが逃げ込んでいたとしても、

圧倒的な兵力の前に打開できなかったのではないでしょうか。

213年ごろに全土の平定は曹操により完成します。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

そうなのです。赤壁の戦いで曹操が負けたから、

まだ互角にちかい形で曹操VS孫権・劉備が成り立ったわけです。

そして三国志が誕生しました。

孫権が曹操に降っていたらもはや誰にも曹操は止められなかったことでしょう。

全土を平定したということになれば、曹操は皇帝の位の譲位を試みたかもしれません。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え?
  2. 【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ
  3. 兀突骨(ごつとつこつ)は実在したの?悲しみの巨人に迫る
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【8/8〜8/14…
  5. 大発明!耕しながら戦う曹操のフロンティアスピリット
  6. 袁術のもと、孫家を守り抜いた孫賁(そんふん)、孫輔(そんほ)兄弟…
  7. 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?
  8. 3月レキシズルバーSP「はじめての三国志」をやってきたよ

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/16】
  2. 超爽快シミュレーションRPG「三国志CROSS」の後半イベント『帝ちんの宝貝ザクザク祭』がスタート
  3. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?
  4. 宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説!
  5. 80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす
  6. 太史慈は群雄だった!孫策死後疎まれた男の生涯

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱!ジミーズ二人の共通点 【キングダム】楊端和(ようたんわ)は実在した女将軍?史実を元に徹底解剖 堀田正睦vs孝明天皇、地味な老中首座の実力とは? 五代友厚と大久保利通、互いを認め合った2人の逸話 趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る! 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ 孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの? 【はじめての孫子】第10回:九変の利に通ずる者は、兵を用うることを知る

おすすめ記事

  1. 【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】
  2. 徐宣(じょせん)とはどんな人?魏の三代に仕えて歴代の君主に褒められた忠義心の塊
  3. 三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です
  4. 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?
  5. 【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった!
  6. 佐久間象山、幕末の天才奇人はどうして暗殺された?
  7. 史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?
  8. 卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP