三国志平話
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・諸葛瑾の苦労

この記事の所要時間: 452




 

諸葛孔明(しょかつこうめい)のお兄さんとして知られ孫権に仕えた諸葛瑾(しょかつきん)

孫権関羽(かんう)が荊州(けいしゅう)を北上して魏へ攻撃をかけたと知ります。

すると孫権劉備との同盟を破棄して、

魏と手を結んで長年の宿願であった荊州を手に入れます。

このことを知った劉備は激怒して孫呉を討伐するべく軍勢を整えます。

孫権は劉備が孫呉へ攻撃を仕掛けてくる準備をしていると知ると

諸葛瑾(しょかつきん)に蜀と和平できるように何とかしてくれないかと要請。

諸葛瑾は孫権の命令を受けることにしますが、

孫呉に恨みを晴らそうと息巻いている劉備に対してどのような事をしたのでしょうか。

そして諸葛瑾の苦労とは一体何なのでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛孔明のお兄ちゃん「諸葛瑾」は政治家ではなく軍の仕事をメインとしていた!




諸葛瑾の外交実績とは・・・・

 

諸葛瑾は劉備が孫呉を討伐するのを思いとどまらせる為にどのような事をしたのか

ご紹介する前に諸葛瑾の外交における実績をご紹介したいと思います。

孫呉は赤壁の戦いで劉備と同盟して曹操軍の大軍を撃退。

その後劉備は南荊州を孫権から借りて益州(えきしゅう)を攻略することに成功します。

孫権は劉備が益州を手に入れたことを知ると諸葛瑾を劉備の元へ派遣して、

荊州を返還するように要請。

劉備は諸葛瑾がやってくると

「荊州を返還するのは涼州(りょうしゅう)をとってからじゃないとできない」と

荊州の返還を拒否します。

諸葛瑾は劉備と荊州返還の交渉を重ねますが、

劉備が荊州を返すことを承諾しなかった為交渉は失敗に終わってしまうのでした。

なんだ諸葛瑾って外交官としての能力なくないと思う方もいるかもしれません。

しかしここからが諸葛瑾の外交官としての力を見せつけるのです。




荊州問題で孫権と劉備の関係が悪くなるが・・・・

 

孫権は諸葛瑾から劉備が荊州を返還する意思が無いことを知ると激怒し、

兵を派遣して実力で荊州を奪おうとします。

劉備は孫権が荊州を奪おうとしている事を知ると

駐屯していた関羽に荊州を守るように命令し自ら兵を率いて荊州へ向かいます。

こうして孫呉と劉備は荊州の帰属問題を巡って一触即発の事態に突入。

しかしある人物のねばりつよい交渉と国外の状況によって問題が解決されることになります。

まず粘り強い交渉を行った人物をご紹介しましょう。

その名を魯粛といいます。

魯粛は荊州を支配していた関羽と粘り強く交渉した事で、

荊州問題解決の糸口を見出されていきます。

そして国外における状況変化が発生。

国外における状況を変化させた要因は曹操がきっかけでした。

曹操は劉備が益州を領有したことに危機感を感じ、

益州の要衝となっている漢中へ攻撃を仕掛けようと出陣します。

劉備は魯粛の粘り強い交渉と曹操軍の出陣による状況変化によって、

孫権へ荊州の一部を返還する事を約束。

孫権は劉備から荊州の一部の都市を返してもらったことで満足し、

荊州帰属問題が一時的に解決することになります。

あれ!?諸葛瑾ほとんど名前すら出てこないじゃん。と思っている方もいるでしょう。

しかし諸葛瑾はここから活躍するのです。

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

 

アフターケアーで大活躍

 

孫権は劉備と本格的に仲直りするため、諸葛瑾を再度益州へ派遣します。

諸葛瑾は劉備の元へやってくるとしっかりと同盟の再確認をすると共に、

孫呉と益州両国の友好関係を結ぶことに成功します。

孫呉と劉備は荊州帰属問題で外交関係がこじれてしまいますが、

魯粛のおかげで劉備との問題を決着をつけることができ、

諸葛瑾のアフターケアーによって元の同盟関係を保持することができたのです。

諸葛瑾はこのように地味ですがしっかりと堅実な外交を行って実績を挙げてきましたが、

関羽を殺されて孫呉に復讐を行うと決意している劉備に対して、

一体どのような外交をしたのでしょうか。

 

関連記事:桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

 

諸葛瑾が夷陵の戦いを回避するために行った外交とは・・・・

 

諸葛瑾は孫権から「なんとか劉備が孫呉へ攻め込んでこないようにしてくれないか」と

要請されます。

諸葛瑾は孫権の要請を受け入れて劉備の陣営に言って説得しようと考えますが、

もし劉備軍が攻めてきた場合、

自らが守っている城の防備を整えることができない事を考慮してある外交作戦を行います。

それは・・・・。

手紙を劉備に直接送ることでした。

諸葛瑾は劉備へ「最近聞いたのですが陛下が孫呉との国境近くにある永安へ

大軍を率いて入城したと聞きました。

また私は陛下が永安に大軍を率いて入城した理由も聞き及んでおります。

陛下の家臣達は陛下へ「孫呉が荊州を奪って関羽を殺害したから孫呉討伐をするべきだ」

と家臣達が騒いでいるのが原因だそうですね。

しかしよく考えてください。

昨年魏の曹丕(そうひ)は後漢王朝の皇帝・劉協(りゅうきょう)陛下を殺害しましたが

関羽の命どちらが重いでしょうか。

また天下と荊州どちらが大きいでしょうか。

陛下にはこれらをしっかりと考えていただき

孫呉と戦うよりも優先してやるべき事を思い出して頂きたいと思います。」と手紙を書きます。

劉備は諸葛瑾から届いた手紙を一読した後破り捨ててしまうのでした。

諸葛瑾が一生懸命作った劉備への手紙は実を結ぶことなくゴミ箱へ行ってしまうのでした。

そしてここから諸葛瑾の苦労が始めるのです。

 

「周りから裏切ってんじゃね」と疑われる

 

諸葛瑾は孫権に劉備へ孫呉に攻撃している場合じゃない事を手紙で伝えたと報告。

孫権は諸葛瑾の報告を聞いて「ご苦労」と労うのでした。

こうして任務を達成した諸葛瑾ですがここから苦労が始まります。

孫権の部下の将軍達は諸葛瑾の弟・諸葛孔明が蜀の丞相であることから、

「蜀が攻め込んできたら諸葛瑾裏切るんじゃね」と噂が立ちます。

この噂は孫権の耳にも入ってくるのでした。

孫権はこの噂の元凶となった武将を呼び出して「子瑜(しゆ=諸葛瑾の字)は、

俺と深い絆で結ばれているのだ。

だから子瑜が俺を裏切らないように、俺も子瑜を裏切らないんだ。

だからくだらない事を言うな」と激怒するのでした。

こうして諸葛瑾が蜀に裏切るかもと言われていた噂は、

断ち切られたかのように思えましたが・・・・。

噂はこれだけで終わりませんでした。

 

陸遜の元にも疑心暗鬼の声が届く

 

陸遜は諸葛瑾が蜀へ裏切るのではないのかと将軍達が騒いでいるとの噂を聞きます。

この噂を聞いた陸遜はすぐに孫権へ「孫権様。諸葛瑾が裏切るという噂を聞きました。

諸葛瑾は孫呉に忠誠を尽くしており、裏切る事などありません。

このことは私が保証します。

どうか孫権様からも諸葛瑾へ安心できるような言葉をかけてもらえませんか。」と進言。

孫権は陸遜からの手紙を呼んで諸葛瑾へ渡してしまうのでした。

そして孫権は陸遜へ「子瑜は長年俺に仕えてくれており、

俺と子瑜の信頼関係は深いものになっている。

昔子瑜の弟である孔明が孫呉にやってきた時に俺が『どうして孔明をここに引き止めないのだ。

兄である君が孫呉に仕えているのだから弟が孫呉に仕えるのは当然じゃないか。

もし孔明が君のところにとどまるのであれば、俺が劉備へ一筆書いてやる』と。

そしたら子瑜は「孔明と劉備は礼式に法った君臣関係を築いており、

孔明が私の元にとどまって孫呉に仕えるようなことはしないでしょう。

それは私が劉備の元へ使者に行って、

孫呉に帰ってこないことと同じですから」と言ってきたのだ。

この事があってから私は子瑜を信頼し子瑜も私を信頼してくれている。

だから子瑜が私を裏切る事など絶対にありえないのだ。

君が送ってくれた手紙もすぐに子瑜に渡しており、

君の気持ちを理解してくれているはずだ」と返信を送るのでした。

諸葛瑾は劉備に手紙を送っただけでこれだけ周りから疑われることになるなんて、

非常に苦労したと思いませんか。

 

関連記事:陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力

関連記事:図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

諸葛瑾は劉備の元に使者として趣いた時には、

公式の場で孔明と語り合うことをしないばかりか、

外交の用事を済ました後も弟・諸葛孔明と語り合うことをしなかったそうです。

なぜこのような事をしたのか。

それは諸葛瑾がもし弟と非公式の場でも仲良くしていれば、

孫呉の人々に疑われてしまう可能性があったからでしょう。

このように諸葛瑾は万全の配慮をしていたにも関わらず、

劉備に手紙を送っただけで味方から疑われてしまうなんて非常に可哀想であり、

苦労をしたのではないのかなと思います。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志・呉書 陳寿著・小南一郎訳など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察

関連記事:もし劉備が夷陵の戦いに勝っていたら歴史はどうなった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国志演義が詳細に描く諸葛孔明の病状とはどんなモノ?
  2. 【第五回 放置少女】ケチ武将・曹洪倒すためガチャをぶん回してみた…
  3. 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)につい…
  4. 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯
  5. 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?…
  6. 隠れた劉備盛り満載!巧妙な正史三国志
  7. 華夷秩序に砕けた山越はむしろ漢族の被害者?
  8. あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 夏侯覇は郭淮とチョー仲が悪かったから蜀へ逃げたってホント!?
  2. kawauso編集長のぼやきVol.27「真似は大事」
  3. 孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?
  4. 張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた一族たち
  5. 頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/30〜6/5】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

kawauso編集長のぼやきVol.14「三国志冬の時代」 皇甫嵩(こうほすう)とはどんな人?後漢最後の名将と言われた将軍 関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇 諸葛亮が魏延に言った「反骨の相」ってどんな頭の形なの? 公孫瓚の武力の強さは独自の戦闘組織にあった 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る kawauso編集長のぼやきVol.24「楽天」 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

おすすめ記事

  1. 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女
  2. 潘濬(はんしゅん)とはどんな人?劉備から孫権に主を代えるも孫権に忠義を尽くした硬骨漢
  3. 【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘ってどんな人?
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見どころ紹介
  5. 龐統(ほうとう)ってどんな人?孔明とは頭脳以外全て正反対
  6. 孫軟児とはどんな人?趙雲の妻、名将を支えた奥さん
  7. 【徹底調査】諸葛恪の欠点とは一体何!?
  8. 李広(りこう)とはどんな人?「飛将軍」と呼ばれた男は李信の子孫であった!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP